このエントリーをはてなブックマークに追加

洲到止を歩く

2010年03月30日 08:00

旧洲到止村の町並み

豊中市大島町。
十三からも比較的近い場所なんですが、まったく知らない地域です。
まさかこんな場所にこんな町並みが残っていたなんて
とても新鮮な驚きでした。

sudoushi_03.jpg
現在の地図に昭和4年頃の地図を重ねています。

sudoshi_02.jpg
昭和4年の地図です。元々この地域は洲到止(すどうし)村と呼ばれていました。
町を歩いて気になった所に記号を打ってみた。

IMG_2249_2.jpg
A の場所は洲到止八幡宮です。

sudoshi_jin.jpg
豊中市史に古い写真が載っていました。明治40年頃です。
別の場所みたいで面白いですよね。写真右手は神崎川の堤防になります。

IMG_2251_2.jpg
ちゃんとその場所に「神崎川旧堤防の跡」の碑がありました。

IMG_2254_2.jpg
鳥居の横に「八幡宮址」の碑があって、「址」が潰されてますね。

IMG_2258_2_20100329221719.jpg
この神社は明治39年の神社合祀(ごうし)令で庄内神社に合祀されてしまった歴史があります。昭和42年に再建されて現在に至っています。

IMG_2247_2.jpg
ちょうどこの日はお祭りの後だったのかな。布団太鼓をばらしていました。

IMG_2342_2.jpg
B の場所に「下の町洗場跡」の碑がありました。
これが調べてもよくわからなかった。昭和4年の地図を見るとたまり場みたいになってるんだけど、ここで何か洗ってたのかな?

IMG_2343_2.jpg
C ここに面白い物が残ってました。

IMG_2351_2.jpg
民家の塀なんだけど、昔の旧堤防跡がそのまま残ってる。
勝手に判断したけど、たぶんそうでしょ。

さて、
IMG_2267_2.jpg
旧村の中に入っていくと、立派な旧家が目に入ります。

IMG_2340_2.jpg
こちらも立派な門構え。

IMG_2270_2_20100329221716.jpg
その横に祠を見つけました。
中をのぞくと、紀州熊野大権現と南無地蔵大菩薩の文字が確認できました。
その横にある高い塔は、

IMG_2266_2_20100329221718.jpg
D 火の見櫓かな?鐘がないけど…

IMG_2300_2.jpg
ぐる~っと町の中を回ってみましたが

IMG_2304_2.jpg
ところどころに懐かしい町並みが残ってる。

DSC06392_2.jpg
いつも思うのだが、「洲到止」がなぜ「大島」になったのでしょう?
この先の新福寺で大島雲八光義の文字を見つけたけど、それと関係があるのかな?

IMG_2346_2.jpg
豊中市史をぱらぱら見てたんだけど、旧村についての歴史が見つけれなかった。

IMG_2313_2.jpg
大阪市史や区史だとぱらぱら見るだけで、たいがい目的のページにたどり着けるんだけど…

IMG_2328_2.jpg
で結局、「洲到止」についてよくわからないままです。すんません^^;

IMG_2320_2.jpg
G このブロック塀に囲まれた所は墓地なのですが、なぜこんな旧村の中にあるのか不思議だったのですが、昭和4年の地図を見てわかりました。元々ここには寺があったようですね。今は無くなって、墓地だけが残ったようです。

IMG_2365_2.jpg
E ここは洲到止墓地。

IMG_2373_2.jpg
お彼岸の後なのでお墓中にきれいな花が咲いていました。
結構好きな光景です…^^;

IMG_2361_2.jpg
その横に外島樋門(ひもん)跡の碑がありました。
庄内最古の排水樋門だそうです。

IMG_2354_2.jpg
F 向かいにもうひとつ墓地があるのですが、こちらは庄本の墓地のようです。なぜこんな離れた所に墓地をつくったんだろう。


より大きな地図で 旧洲到止村 を表示


大島町はもう一回続きます…


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif


(追記)
明治40年に撮影された写真の灯籠と今の灯籠が違う物なのか同じ物なのか検証してみました。

tourou_02.jpg
灯籠の裏には「文政元戊寅年九月吉日」と刻まれています。
文政元年は1818年ですので約190年前の物です。

tourou_01.jpg
確かに火袋の部分が違うのですが、その他の部分はとてもよく似ている。
常夜灯の文字もほぼピッタリ重なりました。
当時の火袋は木枠と紙でふっくらとした囲いが
つくられていたのではないでしょうか。


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

洲到止~庄本へ

2010年03月28日 07:00

洲到止~庄本へ
イントロ

リクエストにあった豊中の庄本地域をちょこっと歩いてきました。
空港線はたまに通るので、庄本の地名は知っていたし、
前からちょっと気になっていた地域。
ただ電車で行くにはかなり中途半端な場所で、
阪急神崎川駅から大島町を通り、庄本まで歩きました。
大島町は旧洲到止(すどうし)村といって立派な旧家が残っています。


より大きな地図で 洲到止~庄本 を表示

shonai_02.jpg
明治18年測量の地図です。
猪名川は旧流路です。神崎川もくねくねしてますね。

shonai_01.jpg
昭和4年頃です。
右上に庄内神社が確認できますね。
これは明治39年の神社合祀令によって周辺地域の7神社が
集められて出来た神社です。比較的歴史の新しい神社なのです。

余談だけど、この神社合祀令ってバカげてると個人的に思ってる。
一度取り上げたいと思っているんだけど…まだ勉強不足なもんで…^^;


で、旧洲到止村の地図です。
sudoshi_01.jpg
洲到止を「すどうし」と読める人はどれくらいいるでしょう。
当然僕も読めず調べてもなかなかたどり着けなかった…。

sudoshi_02.jpg
洲到止村を歩いてるといくつか気になったものを見つけました。
しかしこの時代の地図を見てると面白い。
洲到止村って水路が無数にある村だったんですね。
こうやって、地図を改めてみてると、見逃してる個所が気になってくる。
もう一度行く必要があるかも…


より大きな地図で 旧洲到止村 を表示

DSC06432_2.jpg
洲到止村って結構豊かな村だったのかもしれないな。
とても立派なお屋敷がいくつも残っています。
次回は写真でご紹介します。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

さよならハンブルグ

2010年03月26日 08:00

さよならハンブルグ
こんにちはHAMBURG♪


十三で洋菓子といえは、ハンブルグが有名です。
今年で30年になるんですね。
そのハンブルグの駅前店と本店が3月23日で店を閉めました。

で、3月27日(土)午前10時に新店舗オープンします。

P1220676_2.jpg
ここは十三の駅前店。本店よりこの店の方が便利なのでご存知の方も多いのでは。

P1220680_2.jpg
こちらが本店。商店街を抜けた所にありました。
僕らはこっちの店の方がなじみがあります。最後の日は雨でしたね。

ハブブルグ
先日、こんなチラシが入ってました。
27日(土)と28日(日)の午前10時から
オープニングキャンペーンをするそうです。
詳しくはこちら↓
お菓子のアトリエ・ハンブルグ
オープニングキャンペーン


より大きな地図で ハンブルグ を表示

新しいお店は喫茶もあるようなので楽しみです。
お近くの方はぜひ!



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif