このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

三国の渡邊邸

2009年06月29日 07:00

時間が止まった場所、三国の渡邊邸

DSC08329.jpg
阪急三国駅から少し北東に行った所に高須温泉があります。

DSC08330.jpg
ええ感じのタイル文字♪
でもなぜ高須だかわかりますか?
そう、それはこの地域が元々
高須という地名だったからなのです。

mikuni_04.jpg
明治18年測量の地図です。字高須の文字が見えます。
黄色の道は能勢街道、橋は三国橋です。緑色は渡邊邸…。

mikuni_01.jpg
これは昭和4年頃の地図です。阪急三国駅が出来て、
駅を中心に町が発展していく様子がわかります。

mikuni_05.jpg
そして現在。三国駅は高架になり、駅前はロータリーとして整備中です。
今日は駅から約5分くらいの旧高須地域を歩いてみようと思います。

DSC08321.jpg
ここは旧高須地区の真ん中あたり、ええ感じの門構えです。

DSC08323.jpg
家の角にはお地蔵さんが祀られていました。
さっきまでこの石におばあちゃんが座って休んでました^^

DSC08338.jpg
この辺りには古い旧家がいくつか残っています。

DSC08334.jpg
おおっ、屋根の上にはこんな物が…
魔除けなのかな、にらまれちゃいました…^^

DSC08365.jpg
大阪市内とは思えない風景でしょ。

DSC08367.jpg
タイムスリップしてしまいそうです…。

DSC08391.jpg
ただ、ところどころで緑のフェンスを見かけます。
この地域は現在区画整理事業が進んでおり、この旧道も
近い将来なくなる予定です。

DSC08392.jpg
向こうになにやら茅葺っぽい屋根が見えてきました。

DSC08400.jpg
ここが渡邊邸です。中は公開されていませんので、外からだけのご紹介です。

DSC08403.jpg
この焼き板もええ感じでしょ。

DSC08433.jpg
この渡邊邸は築400年以上といわれていて、
大阪市内ではおそらく最も古い民家だと思います。

watanabe_01.jpg
「わがまち淀川区の史跡・旧跡」より
渡邊家は鬼退治で有名な源頼光(みなもとのよりみつ)の四天王の一人、
渡邊綱(わたなべのつな)の子孫、渡邊久良左衛門源忠綱(天正10年、1582年没)が
構えた屋敷跡と伝えられています。

watanabe_02.jpg
この写真は貴重な室内の写真です。建物は母屋と長屋門、土蔵等で、
母屋の大黒柱には直径1m、長さ7mという松の梁があり、
スノコの天井は創建当時のままと伝えられています。
大阪府の重要建造物に指定されています。

DSC08411.jpg
歩いていると、ここだけ時間が止まっているような錯覚に陥ってしまいます。

DSC08417.jpg
これは桃かな?

DSC08420.jpg
敷地内には大きなクスノキがあります。
風が吹くとザワザワと葉が音を立てます。

DSC08410.jpg
気候のいい日に歩いたのですが、
とても気持ちのいい風が吹いていました。


(おまけ)
DSC08441.jpg
『三国東地区土地区画整理事業』が進んでいますが、
計画を見ると三国温泉の場所は道路になる予定です。
ただ進捗率を見るとかなり遅れているようです。
今後の行方を見ていこうと思います。

DSC08383.jpg
別のお宅でこんな方もおられました…。

(関連記事)
さよなら渡邊邸(渡辺邸)2012.11.10
渡邊邸(渡辺邸)母屋解体2012.10.11
渡邊邸(渡辺邸)母屋解体へ2012.10.10
渡邊邸(渡辺邸)解体中2012.10.06
渡辺邸が泣いている2012.10.03
渡邊邸(渡辺邸)解体へ2012.09.29
渡邉邸(渡辺邸)のいま2012.08.22
大阪府文化財指定の「渡辺邸」解体へ2012.04.26
三国の渡邊邸2009.06.29
facebook・渡辺邸(2009年6月撮影)

(関連サイト)
大阪市渡邊邸保存会
未来へつなごう、渡辺邸


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れられた梅田地下案内

2009年06月26日 07:00

忘れられた梅田地下案内

chikamap_07.jpg
梅田の地下街を歩いていて、
ふと、薄汚れた地図に目が止まりました。
古そうな地図やなぁと覗き込むと面白いものが…♪

chikamap_05.jpg
毎日大阪会館北館、南館?
「大毎地下劇場」と「毎日文化ホールの名画館」があったとこや。
この2つの名画座は1993年に閉館しています。
高校時代はここで年間100本近くの映画を観てました。思い出の場所です。
大毎地下劇場は主にメジャー系の二本立て。
毎日文化ホールはマイナーな映画が多かったように思います。
こっちはパイプ椅子でしたね^^

(関連サイト)
●『まぼろし映画館』  「大毎地下劇場」「毎日文化ホール
●『アトリエのむこうがわ

chikamap_03.jpg
おっ、こっちには新阪神ビルが載ってますよ。
現在のハービスENTがある場所ですね。

(関連サイト)
●『まにあっく阪神』  「新阪神ビルの解体」「ハービスENT開業

chikamap_01.jpg
大阪中央病院にダンスホールワールド

chikamap_02.jpg
ナビオ阪急の北野劇場、梅田劇場、梅田スカラ座。

chikamap_04.jpg
そして、東映会館
その上にめくれかけの文字に1998年春オープン予定と書かれています。
ダイヤモンド地下街の部分オープンかな?

chikamap_08.jpg
ちなみに地図のある場所はここから降りた

chikamap_06.jpg
ここ。


実は同じ地図がもうひとつありました。
P1190099.jpg
ヨドバシカメラの地下入口横です。

P1190094.jpg
こちらはめくれていませんでした。


でもこの地図って、僕らは懐かしく見れますが、
旅行者の方が迷わないか
ちょっと心配になっちゃいました…^^


■人気ブログランキング■に参加しています。
皆様方からいただくお力が励みです。
クリックお願いしま~す♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif

このエントリーをはてなブックマークに追加

宮本輝の「骸骨ビルの庭」

2009年06月24日 07:00

宮本 輝の『骸骨ビルの庭』

村上春樹さんの『1Q84』が発売されて約1ヶ月、
やっぱり読んでおかなあかんかなぁと思っていたのですが、
昨日本屋で買ったのは宮本輝さんの『骸骨ビルの庭(上)』。
理由は単純です。舞台が「十三」なのですよ。

DSC08993.jpg

すべての日本人が忘れられない記憶。

荒廃したビルに青年と子供たちが起した奇跡。
そこには、生き抜こうとする命が美しく輝いている。
 
現代人が失った純粋な生き方が、今、鮮やかに甦る。

住人たちを立ち退かせるため、
八木沢省三郎は管理人として骸骨ビルに着任する。
そこは、戦後、2人の青年が子供たちを育てた場所だった。
食料にも事欠き、庭で野菜を作りながら、
彼らは命を賭して子供たちと生きた。
成人してもなおビルに住み続けるかつての
子供たちと、老いた育ての親。
それぞれの人生の軌跡と断ち切れぬ絆が、
八木沢の心を動かす。

『骸骨ビルの庭(上) 』の帯より ←amazonにリンクしてます。

十三が舞台の小説は秋間平安さんの『漫才師殺人事件』などがありましたが、
上下刊の長編小説は初めてではないでしょうか。
それも宮本輝さんの小説です。
宮本輝さんの小説はひさしぶり。
学生時代に読んだ「青が散る」以来かな。
20数年ぶり…^^;
「蛍川」も読みましたが、「泥の河」は映画だけ…

今回は十三が舞台なのでとてもうれしいです。
今から読むのが楽しみ。
6月23日に発売されたばかりです。
関心のある方はいかがでしょうか。

(追記)
下も買いました♪
DSC08999.jpg

自分は何のために、
そして、誰のために、
生きているのか?
心の奥底から溢れ出す
人間への讃歌!



すべての生きとし生けるものへ
贈る感動の長篇小説。


育ての親、阿部轍正は、
子供たちの一人、桐田夏美への性的暴行の汚名を着たまま、
苦悩のうちに死んだ。真相を求めて、八木沢は夏美の行方を追う。
過去の謎が謎を呼び、秘密は深まる。
一方、八木沢はビルにもう一度畑を甦らせようと一人耕し始める。
そして、小さな命が蕾をつけるとき、
骸骨ビルの本当の意味が明らかになる。

『骸骨ビルの庭(下)』の帯より ←amazonにリンクしてます。


■人気ブログランキング■に参加しています。
皆様方からいただくお力が励みです。
クリックお願いしま~す♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif



読み終えて、思った事をつらつらと…

とてもいい小説でした。
やはり泣いてしまった。

宮本輝さんはこの小説の舞台をなぜ十三にしたのだろう?

何の縁もゆかりもない戦争孤児達を育てた
阿部轍正と茂木泰造という人物が、
日本の福祉施設の草分け的存在である
博愛社の創設者、小橋勝之助氏と
その弟、小橋実之助氏に
重なって見えたのは私だけでしょうか。

小橋勝之助氏が私財を投げ打って
博愛社を創設したのが26歳の頃です。
しかし、志半ばで病いに倒れ短い生涯を終えますが、
その兄の意思を受け継いだのが弟の小橋実之助氏でした。

その兄弟愛のようなものが
阿部轍正と茂木泰造の関係に
なんとなく似ているものを感じました。

そのあたり、宮本輝さんに聞いてみたいです ^^


(宮本輝さんのインタビュー記事)
『語る:宮本輝さん 長編「骸骨ビルの庭」を刊行』 毎日jp


banner_22.gif





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。