このエントリーをはてなブックマークに追加

宮原操車場に萌え~

2009年05月28日 08:30

今日も鉄ちゃん♪
宮原操車場の回転台に萌え~

DSC07802.jpg
今日は宮原操車場にやってきました。
「宮原総合運転所」が現在の名称のようですが、
宮原操車場の方がしっくりくるのでタイトルはそっちを使いました。

miyahara_01.jpg
新大阪駅の歩道橋から。

DSC07673.jpg
ここは全体を見渡せる撮影ポイントです。
ただ、この歩道橋には高い柵があるので立って撮影はできません。
なんと足元にレンズが入るスペースがあるのです。
きっと鉄ちゃん用に空けてくれてるんだと思いました^^

DSC07674.jpg
左端からトワイライトエクスプレス、あすか、サロンカーなにわ…。

miyahara_06.jpg
ディーゼル機関車 DE10型  

知ったかぶりです…^^;

DSC07706.jpg
敷地内になんか不思議なものが。
信楽のたぬきです。
しかもコンクリートで固定されてました。
なんで?

DSC07711.jpg
こっちには見慣れた新快速がいっぱい。
(丹波路快速だそうです)

DSC07723.jpg
手動のポイント切り替え♪
動かしてみたい^^

DSC07716.jpg
線路の車止め。こんなカタチもあるんですね。

DSC07732.jpg
突然巨大な建造物が現れました。なにこれ?

DSC07727_20090527221831.jpg
高架貯水槽だそうです。昭和47年しゅん功とプレートに書かれていました。

DSC07740.jpg
その下になにやら緑色のものが…

DSC07746.jpg
これって回転台?


大きな地図で見る
実は今回の目的はこれ。
Google Mapを見ていて、この丸いものが気になったので行ってみたのです。
蒸気機関車の頃の名残でしょうか。
(転車台が正確な名称みたい)

miyahara_04.jpg
今は使っていないようですが、
萌え~でしょ^^;
このボックスで操作するんでしょうね。

DSC07788.jpg
で、ここは一番西の端っこ。

DSC07792.jpg
エエ感じの木造の小屋がありました。

DSC07795.jpg
車庫です。塀の上に手を伸ばして撮りました。
これって盗み撮り?^^;

DSC07801.jpg
能勢街道沿いの出入り口です。
ここに祠があるのですが、中に入れないんですよね。

何なんでしょう?


(おまけ)
miyahara_07.jpg
緑の十時がチャーミングだ!


■人気ブログランキング■に参加しています。
皆様方からいただくお力が励みです。
クリックお願いしま~す♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif


スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

大和田と心斎橋の深い関係

2009年05月26日 07:30

阪神なんば線を歩く(7)
出来島駅篇

owadamap_01.jpg
出来島駅が開業したのは昭和5年。
この地図は昭和4年測量の地図なのでまだ駅がありませんが、
左端の○の場所が現在の出来島駅の場所です。


より大きな地図で 大和田 を表示
上の地図と比べると、川(大和田川)が埋め立てられたのがよくわかります。
埋め立てた場所には府営住宅が建てられました。

P1170273_2.jpg
ここが府営出来島住宅。昭和37年頃に建てられたようです。

P1170308_2.jpg
しかし、この団地も柵で囲われていました。
ここも近々取り壊しのようです。

P1170283.jpg
その前にあったタバコやさん。エエ感じのお店です。
昔はパン屋さんだったのかな。

P1170277.jpg
こちらはお米屋さん。お店は閉めちゃっているのかな?

P1160897.jpg
大和田にあった畳屋さん。ここもエエなあ。

さて、
owadamap_04.jpg
明治18年測量の地図です。
大和田は古来「大和田の浦」「大和田の浜」として和歌にも詠まれた地、
中世には石山本願寺の出城、大和田城があった所です。

P1170350.jpg
大和田小学校の敷地に大和田城跡碑があります。
大和田城がここにあったわけでなく、
少し西の市営住宅の場所にあった碑をここに移したのだそうです。

P1170205.jpg
大和田はたいへん栄えた町ですが、大阪大空襲で大きな被害にあいました。
古い街並みはあまり残っていませんが、大きい敷地の家が点在しているので
昔の繁栄を垣間みる事が出来ます。

(参考写真)
昭和23年空撮 「国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システム」
↑上の写真を見ると、戦後の大和田地区は小学校の校舎以外、
何も残っていない事がよくわかります。

P1170250.jpg
ここは大和田港。高い防波壁の上に上がると港が見えます。
阪神高速神戸線がその上を通っています。

橋脚の所に祠が見えます。
何でしょう?

P1170227.jpg
白天宮。

P1170237.jpg
玉垣などかなり古そうなので、
昔から港にあるお宮さんなんでしょうか。

(追記)
明治18年測量の地図をみると、この場所は蒲嶋新田の島の先端部分だったようです。地図に神社の記号が確認できるのですが、もしかするとそれなのかな?白天宮に関する資料がでてきません…

P1160881.jpg
ここは大和田の住吉神社です。
勧請(かんじょう)されたのが正和9年(1320)というから、かなり由緒ある神社です。

P1160882.jpg
この地は万葉集にも詠まれた土地なのだそうです。

濱きよく うらなつかしき 神代よ里 
千舟乃とまる 大和田乃浦
   (達筆なので間違ってたらゴメンナサイ。)

ただ、境内にあった由来を読むとこのように書かれていました。

濱清み 浦うるはしみ 神代より
千船のとまる 大和田の濱


微妙に違うのはなぜだろう?


ここにもうひとつ興味深いものがあります。

P1170332.jpg
これは大和田川に架かっていた新千船橋の親柱です。

shinchibune.jpg
「西淀川区史」より
新千船橋に架かっていた鉄橋は、なんと初代心斎橋の鉄橋だったのです。
昭和3年に新千船橋として転用され、
昭和46年の撤去まで40年以上も大和田の地にあったそうです。

shinsaibashi_01.jpg
「ふるさとの想い出 明治大正昭和 大阪」より
初代心斎橋は明治6年に長堀川に架けられた日本で5番目の鉄橋です。
ドイツ製で、巨大な弓形の桁が特徴でした。

shinsaibashi_02.jpg
「ふるさとの想い出 明治大正昭和 大阪」より
橋長37.1メートル、幅員5.2メートル、橋脚を設けず川をひとまたぎする形式は
当時としては珍しく評判になったそうです。



その初代心斎橋って
今も残っているのでしょうか?






P1180119.jpg
これ、ちょっと似てないですか?

P1180139.jpg
似てるでしょ。


P1180095.jpg
実は、鶴見緑地公園に残っていたのです♪


■人気ブログランキング■に参加しています。
皆様方からいただくお力が励みです。
クリックお願いしま~す♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif




(関連記事)
『阪神なんば線を歩く』 桜川~ドーム前駅篇
『阪神なんば線を歩く2』 九条駅篇
『阪神なんば線を歩く3』 西九条駅篇
『阪神なんば線を歩く4』 千鳥橋駅篇
『阪神なんば線を歩く5』 伝法駅篇
『阪神なんば線を歩く6』 福駅篇


このエントリーをはてなブックマークに追加

福町と百島と大野と

2009年05月24日 07:30

阪神なんば線を歩く(6)
福駅篇

P1160602_2.jpg
福駅?
私の周りでこの駅の事を知っている人はかなり少ない。
ましてや、この駅周辺を歩いた事がある人はどれくらいいるだろう?
実は私もそのひとり(ユニクロがあるのでギリギリ生活圏なんだけど…)。
ほとんど探検気分で歩いてきました。

fuku_map01.jpg
明治18年測量の地図を見ると、昔のこの辺りは田園地帯。
福村や大野村は漁業も盛んでした。
明治末期には福村だけでも、漁民は約200軒を数えるほどあったとか。
ちなみに○印は住吉神社です。

fuku_map02.jpg
これは昭和4年測量の地図です。
新淀川の開削によって、地形がまったく変わってしまいました。


より大きな地図で を表示
福村と大野村の間を流れていた大野川は昭和40年代に埋め立てられ、
現在は大野川遊歩道になっています。
(ちなみにこの遊歩道、私が住んでいる塚本地区まで繋がっています)

P1170446_2.jpg
ここが旧福村の入り口付近。右に行くと住吉神社があります。

P1160615_2.jpg
西淀川区の特徴でもあるんですがが、漁業が盛んだったためか航海安全の守護神を祀る福住吉神社が置かれていることが多いです。福町(ふくまち)も大野も「すみよっさん」です。

P1160610_2.jpg
この神社には大きなご神木があったみたい。

P1160975_2.jpg
通りを歩いていると商店が結構残っています。ここはたばこ&お米屋さん。

P1170010_2.jpg
鰻屋さんもありました。店内で焼いているみたい。

P1170626_2.jpg
昭和な雰囲気の西福温泉。

P1160983_2.jpg
この家はかなり古そう。漁師町だった頃の名残かな。

P1160954_2.jpg
福町には立派な家もいくつか残っています。立派な門構え。

P1170460_2.jpg
こちらも、昔の繁栄ぶりがうかがえる佇まいです。

P1160972_2.jpg
漁師町だった頃の昔の町並みが想像できる家ですね。

P1170477_2.jpg
ここは大福漁港。大野と福町との共同漁港です。
昔の大野の漁業はイナ、ボラ、スズキやシラウオ漁が盛んで、
福町では貝類の採捕が中心、「福村の道路は貝でできている」といわれるほど、
貝の福としても知られていたようです。
うなぎも福の専門だったとか。
大正初期から昭和10年頃にかけて漁業は最盛期を迎えました。

P1170485_2.jpg
向こう見えるのが伝法水門です。あそこまで昔は歩いて行けたんですよね。

さて、
ここからは百島(ひゃくしま)~大野です。
P1160946_2.jpg
通りの入り口に地蔵尊がありました。
福町もそうでしたが、お地蔵さんが多く残っている地域です。

P1160943_2.jpg
ここは何屋さんだったんだろう?立派な建物。

P1170621_2.jpg
お米屋さんの雨戸?がいいですね。

P1160940_2.jpg
手前のお店は理髪店。この日はお休みでした。

P1160624_2.jpg
酒屋さんに

P1160618_2.jpg
お米屋さん。お米屋さんは数件見かけましたが、ほとんど店を閉めていました。

P1160936_2.jpg
ここはお肉屋さん。昔はかなり賑やかな商店街だったことが想像できる通りでした。

P1160625_2.jpg
少し横道に行くと細い道が続いています。

P1170600_2.jpg
ここは大野住吉神社。

P1170602_2.jpg
ここにもご神木の切り株がありました。

大阪市内の神社を歩いていると、ご神木の跡というのをよく見かけます。
それらを探し歩くのも面白いかもしれませんね。


■人気ブログランキング■に参加しています。
皆様方からいただくお力が励みです。
クリックお願いしま~す♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif




(関連記事)
『阪神なんば線を歩く』 桜川~ドーム前駅篇
『阪神なんば線を歩く2』 九条駅篇
『阪神なんば線を歩く3』 西九条駅篇
『阪神なんば線を歩く4』 千鳥橋駅篇
『阪神なんば線を歩く5』 伝法駅篇
『阪神なんば線を歩く7』 出来島駅篇