このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

消えた中島大水道1

2007年10月24日 00:52

消えた中島大水道 1

江戸時代より、中島大水道(大野川)は十三の町を「W」の字のように横切って流れていました。戦前までは舟運水路としても利用されていましたが、戦後、下流域での地下水のくみ上げによる地盤沈下などで河川機能が著しく低下し、水質が悪化、悪臭とごみの川になってしまいました.

続きを読む前に <人気ブログランキング> をクリックお願いします。

中島大水道は高度成長の発展とともに消えていった河川ともいえます。昭和39年に開業した新大阪駅、昭和41年に完成した十三バイパスはまさに中島大水道の上に作られた構造物です。現在、中島大水道の石碑はいくつか存在しますが、河川があった名残はほぼ皆無です。少し寂しいですね。

十三東付近昭和25年
昭和25年頃の十三東付近の水路。まだ水がきれいだった時代ですね。

大水道模型
東淀川区役所にある中島大水道の模型(江戸時代の十三の辺り)

水路明治19
明治42年頃の地図、模型とほぼ同じトリミングです。ほとんどが水田でした。

水路昭和12
昭和12年頃の地図。わかりにくいですが、多くの水路がまだ残っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。



(関連ブログ)
『消えた中島大水道 2』
『消えた中島大水道 3』


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。