このエントリーをはてなブックマークに追加

かさじぞう みつけた

2007年10月13日 09:00

かさじぞう みつけた

昔ばなしの「かさじぞう」は都会にも結構あります。十三の辺りでいうと、元今里と塚本の墓地にありました。俗に言う六地蔵です。六地蔵というのは、人間が死ぬと六道(天上界・人間界・修羅・餓鬼・畜生・地獄)のどれかにさまようとされ、この時、どこの道にさまよっても地蔵菩薩が救ってくださるという日本独特の仏教信仰に基づいたものです。このことから、寺の入口や墓地の入口に六体の地蔵がよく祀られます。普段立ち入らない所で六地蔵を見かけると、時間が止まったような不思議な感覚になってしまいました。あなたの街にもあるかもしれませんね。(地蔵菩薩については9/19のブログ「お地蔵さんって何?」を参照ください)

20071012222142.jpg
元今里墓地の六地蔵

20071012222150.jpg
きれいなお花が供えられていました

20071012222200.jpg
この墓地、なんと井戸があります

20071012222211.jpg
塚本墓地の六地蔵。かなり古いです。ここもきれいにお供えされていました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ banner_04.gif ←ブログランキングに参加しています。クリックして頂ければランキングが上がります。ポチッとお願いします。

スポンサーサイト