このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

十三の渡しの起源は?

2007年10月09日 00:56

十三の渡しの起源は?

十三の渡しがいつからあるのかを調べると、江戸時代に刊行された『摂陽群談(せつようぐんだん)』に行き着きます。『摂陽群談』とは、1701年元禄14年に刊行された摂津国の地誌です。その中に『十三濟 同郡新田村より、堀村に渉る處也。本庄濟の下の渉とも云へり』と書かれています。『西成郡新田村から堀村に渡る所である。本庄済の下の渡ともいう』と読めます。新田村とは小島新田村のことと思われます。本庄済とは長柄の渡しの下流の本庄村の渡しのことです。元禄4年の古地図には十三の渡しの絵が描かれています。ただ、この地図には十三の文字はありませんでした。十三という地名は元々成小路村の一集落だといわれています。地名の起源は不明ですが、名前の由来はいくつかの説があります。(9/21のブログを参照ください)

1691
元禄4年(1691)新撰増補大坂大絵図

1691アップ
新撰増補大坂大絵図の拡大

1885
明治19年(1885)参考地図

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ banner_04.gif ←ブログランキングに参加しています。クリックして頂ければランキングが上がります。ポチッとお願いします。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。