このエントリーをはてなブックマークに追加

武田薬品は十三の自慢です。

2007年10月06日 02:04

武田薬品は十三の自慢です。

武田薬品の薬づくりは、十三の大阪工場からはじまりました。創設は大正4年(1915年)。今でも国内生産の65%をこの大阪工場で作っています。その出発は、大正3年に勃発した、第一次世界大戦でした。欧米からの薬の輸入が困難になり、薬の価格が暴騰、政府が薬の国内自給体制に力を注いだからです。5代目武田長兵衛が、これに応え十三の地に製造工場を建設しました。しかし、それが軌道に乗るまでには予想を遥かに超える出費が必要だったようです。「儲けは二の次、薬を商うて病人が癒えればそれでいい」とは武田長兵衛の言葉。ちなみにその頃作られていた薬のひとつは、整腸消化剤のビオフェルミンです。あなたの家にもあるのではないでしょうか。

武田イラスト
思い出の十三地図・昭和10年~20年ころ

武田工場昭和9年
昭和9年頃の大阪工場

武田看板
十三の空にはいつもこの看板がありました

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ banner_04.gif ←ブログランキングに参加しています。クリックして頂ければランキングが上がります。ポチッとお願いします。

スポンサーサイト