このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

人が作った河川、淀川

2007年09月24日 02:39

淀川が作られてなくなったもの。

昔から旧中津川は曲折し、下流域一帯は洪水が多く、放水路が必要だった。明治29年、河川法の制定により淀川改良工事が可決、新しい淀川の開削が始まり、明治43年度に全工事が竣工した。

元々、十三は成小路(なるしょうじ)村の一集落にすぎなかったらしい。明治22年、町村制の実施により、成小路村を含む5つの村が合わさって中津村となる。しかし淀川改良工事により、中津村の北端であった成小路は新しい淀川の右岸側になってしまった。
大正14年、大阪市域拡張時に新淀川の左岸側の地域が中津の名前を引き継ぎ、引き離されたは成小路は十三南之町というの地名に変わった(現在は新北野)。成小路という歴史ある名はこの時になくなってしまったのだ。

十三付近に成小路の名を残すものが唯一ある。昭和53年に成小路神社が地元住民の熱い思いで再建された。新北野の住民に愛される神社として、成小路という名を後世に残す場所として…

淀川改良工事
明治19年の地図

マップ明治42年
淀川改良工事後の明治42年の地図

淀川
現在の淀川、右は十三バイパス、左はNTTの通信専用橋

成小路神社
新北野にある成小路神社。鳥居と玉垣は中津の富島神社のお旅所に建立されていた時のものです。昭和20年6月の空襲でお旅所が焼けてしまった後、鳥居と玉垣は大切に保管されていました。

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ banner_04.gif ←ブログランキングに参加しています。クリックして頂ければランキングが上がります。ポチッとお願いします。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。