このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

十三ってクリエイティブな名前だ!

2007年09月21日 22:57

十三は13番目の渡し?

「十三」という地名の由来についてはいろいろな説があります。一つは、「摂津国の上流から数えて13番目の渡し」であったからというもの。もう一つは、大阪が条里制にもとづいて飛田新田を開発した時、そのあたりを一条とし、北へ九条や十八条と名付け、十三あたりが十三条となるという説など。(ただ九条の由来は条理制でないらしい)実はもうひとつ有力な説があります。

和銅6年(713年)、元明天皇が出した「日本の地名は漢字の二字を用いよ」とした「和銅官命」というものがありました。そして、それまで人々はこの地を「堤=つつみ(つづみ)」と呼んでいたのです。
「堤=つつみ(つづみ)」を漢字二字にすると、「つつ(つづ)」は「十」、「み」は「三」で、あわせると「十三」、「十三」は「トミ」とも読め、富につながるので、この地名が定着したのではないかということです。「十」のことを、昔の人は「つつ(づつ)」と言っていたそうです。「十三」を「じゅうそう」と読んだのは、普通ではおもしろくないという当時の人のクリエイティブなセンスではないでしょうか。

十三の渡し
十三の渡し。撮影時期は不明。

旧十三橋
明治19年の参考地図。明治11年に十三橋が架けられています

にほんブログ村 地域生活ブログ 大阪情報へ banner_04.gif ←ブログランキングに参加しています。クリックして頂ければランキングが上がります。ポチッとお願いします。

スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。