このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

【大阪の地形本】凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩

2016年05月22日 23:30

BAL_3460.jpg
『凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩』が5月27日(金)に発売されます。表紙を見てお気づきの方も多いかと思いますが、東京スリバチ学会会長・皆川典久氏の著書『凹凸を楽しむ 東京「スリバチ」地形散歩』シリーズと同じ洋泉社からの出版です。地図の作製も同じく杉浦貴美子さんで、とても素敵な地図になっています。

BAL_3465_1.jpg
広域地図を見ていただくとわかるように、上町台地の高低差はもちろん、道頓堀や十三などの低地にもスポットを当てています。さらに、生駒山麓エリアや千里丘陵、伊丹段丘の一部も取り上げました。もっと紹介したいエリアは数多くあるのですが、苦渋の選択です。

BAL_3473_1.jpg
観光スポットの紹介ではなく、あくまでも地形の変化を楽しむための構成になっていますので、地味なエリアの写真が多いです。

目次

Ⅰ 大阪の地形の魅力 高低差概論

1 砂州の上にできた大阪
東京と大阪の地形/海の底だった大阪/潮流の難所だった難波/地名に隠された土地の記憶/古代大阪は先端土木都市

2 母なる上町台地の記憶
上町台地と上町断層/ヤマト政権の外港と官道/埋もれた幻の難波宮/消えた上町台地の谷/坂の上にあった大坂/秀吉が選んだ天然の要害

3 地形歩きの極意
様々な視点で地形を楽しむ/◆高低差エレメント視点/◆アースダイバー視点/◆スリバチ地形視点/◆路地歩き視点/◆暗渠・川・水路跡視点/◆境界線視点/◆ドンツキ視点

Ⅱ 大阪の高低差を歩く  

大坂のはじまりの地
①上町台地の最先端[ 大阪城 ]
②堀川開削と町の拡張[ 道頓堀 ]
③低湿地と砂州を巡る[ 大阪駅 ]

上町台地の高低差巡り
④丘の上からの夕陽[ 天王寺 ]
⑤自然地形の谷巡り[ 阿倍野 ]
⑥古代地形を巡る[ 住吉大社 ]

水辺の跡に誘われて
⑦堺と古墳の丘[ 仁徳天皇陵古墳 ]
⑧消えた旧中津川[ 十三 ]

古代の海岸線を辿る
⑨スリバチ地形と湧水の丘[ 千里丘陵 ]
⑩大和の玄関口[ 柏原 ]
⑪河内を見守る生駒山地[ 石切 ]
⑫伊丹段丘の崖巡り[ 川西・伊丹 ]

[特別寄稿]皆川典久



BAL_3486.jpg
表紙にもなっている上町台地の先端部ですが、このエリアの古層には重要な遺跡が数多く眠っていますよね。このエリアだけでも本が一冊書けると思いますが、地形的にも変化に富んだ面白いエリアです。

BAL_3469_1.jpg
大阪駅のエリアは、低地と天満砂州のエリアがよくわかりますね。大阪駅は湿地帯だったので高架駅になって以降は、地盤沈下が深刻な問題になっていました。そんな事も書いています。

BAL_3495.jpg
湧水地が多かった上町台地ですが、現在確認できるのは天下茶屋の崖下のみです。ここは国有地で長い間空き地になっていましたが、開発が決まったと聞いています。今のうちに見ておいた方がいいかもですよ。

BAL_3511.jpg
東京では、地形本や雑誌が数多く出版されていますが、大阪にはそのような本がほとんどなかったように思います。名所旧跡を歩く歴史散歩とは違う切り口で、大阪の町の魅力をまとめてみました。書店に並びましたらお手に取っていただけると嬉しいです。



スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

名古屋スリバチ学会・凸凹散歩事始め

2015年03月29日 00:01

名古屋スリバチ学会・凸凹散歩
名古屋の地形を歩いてきました

神戸高低差学会、京都高低差崖会と紹介してきましたが、作業する時間がなくてお蔵入りになっていた名古屋でのフィールドワークを紹介しようと思います。かなり遅くなりましたが、1/31(土) に行われた「凸凹散歩事始め 名古屋スリバチ学会・フィールドワークの一年の成果を振りかえる」に行ったときのレポートです。

P1313922.jpg
名古屋に行くなら一度は乗ってみたかった近鉄のアーバンライナー。やっと乗れました。安くて快適。

P1313925.jpg
で、会場にやってきました。「ス」と「八」で「スリバチ」。ところで「八」って何だろうとずっと思っていたのですが、フィールドワークでその謎が解けました。

P1313926.jpg
うむ、このゆるい字がいいです。

P1313932.jpg
中に入るといままでのフィールドワークの記録がちゃんとまとめてある。

P1313934.jpg
手書きで書かれているところが新鮮。

P1313943.jpg
【第一部】は、これまでのフィールドワーク報告で、古橋さんと鈴木さんの掛け合いが見事なプレゼンテーションでした。

【第二部】は、ミニフィールドワーク。
「名古屋 新栄から泉と山を見つけに行こう」と題し、約1時間ほど微地形を散策しました。

P1313950.jpg
いきなりトタンの壁面の前で足を止める一行。

P1313955.jpg
公園前で立ち止まる一行。

P1313958.jpg
ここは「どんぐりひろば」といって、公園法で定められた公園ではなく、市が設置補助している児童の遊び場だそうで、このような広場をちょこちょこ見かけました。黄色い柵がその目印っぽい。

P1313965.jpg
千郷町交差点からゆるやかな坂道を進みます。

P1313971.jpg
掘割っぽい中央本線を超えてゆく。

P1313976.jpg
アールの歩道橋がおしゃれだ。

P1313985.jpg
やっと地形歩きっぽくなってきた。

P1313996.jpg
こんなところは下にいきたくなりますよね。

P1313997.jpg
トタンをパチリ。

P1314000.jpg
こちらは高牟(たかむ)神社 。

P1314005.jpg
「元古井発祥地」の碑。

P1314017.jpg
「元古井町」の地名の由来にもなっている古い井戸があります。

P1314054.jpg
所変わればマンホールも変わる。
かわいいあめんぼ。

P1314020.jpg
名古屋城としゃちほこ、それに○に八。

P1314018.jpg
ここにも○に八。これは名古屋市の市章なんですね。知らなかった。
いわれは諸説あるようなので関心のある方はこちらを。

P1313962.jpg
名古屋スリバチ学会のロゴの中に「八」が取り入れられている意味がやっとわかった。すっきり。

P1314028.jpg
ふたたび現れたどんぐりひろば。黄色い柵が目印です。

P1314045.jpg
あ、トマソン見つけた。

P1314049.jpg
このトタンの壁面はなんか知らんけど洗練されている。

P1314063.jpg
さて、ここは白山神社古墳。いま立っている場所は前方後円墳の周壕のあたり。

P1314061.jpg
前方後円墳の後円部に神社の社殿があるようですね。

P1314066.jpg
後円部の横から上がっていきます。

P1314071.jpg
古墳の形はちょっとわからない。

P1314072.jpg
こちらは社殿。

P1314083.jpg
側面から見るとなんとなくクビレがわかりますね。奥が後円部、手前が前方部です。

短時間でしたが、最後に古墳も見れてなかなか充実したフィールドワークでした。

P1314114.jpg
【第三部】 は再び会場に戻って、名古屋スリバチ学会 高木顧問の「名古屋の凸凹散歩 名古屋スリバチの楽しみ方」と

P1314126.jpg
東京スリバチ学会 皆川会長の「全国のスリバチ学会、高低差学会の楽しみ方」と「タモリ倶楽部でのエピソード」など、とても楽しいトークで終了。

さらに、【第四部】は懇親会となかなか充実した一日でした。面白かった。懇親会も2次会があり、全部合わすと第五部?まであって、終電で帰れず泊まって帰ってきました。これはこれでまあいいかと。

地域が変われば地形歩きも変わります。
名古屋のやり方はとても参考になりました。
さあ、大阪高低差学会はどうなっていくのでしょう。
大阪がいちばんゆるいかもしれないなと思いましたが、
それはそれで大阪らしいかもですね。
ゆる〜く続けていきたいと思いました。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都高低差崖会といえばブラタモリの御土居ですよね

2015年03月28日 03:35

ブラタモリ京都編放映記念!
京都の高低差めぐり

3月15日、神戸高低差学会のフィールドワークの翌日に、
東京スリバチ学会+京都高低差崖会+まいまい京都合同企画!
ブラタモリ京都編でも紹介された御土居(おどい)を歩いてきました。

P3154824.jpg
案内役は、ブラタモリにも出演していた京都高低差崖会の梅林さん。解説がとても分かりやすかったです。

P3154828.jpg
最初に立ち寄ったのが招善寺。御土居の守りの寺なのだとか。

P3154833.jpg
いきなり現れた御土居!
すごい!テレビとおんなじだ。

P3154835.jpg
「天正19年(1591)豊臣秀吉が、長い戦乱のため荒れていた京都に都市計画を行ったとき、外敵の来襲に備え、その防塁として築いた土塁(土居)である。その範囲と構造は右図のとおりで、当時の京都の周囲をめぐり、延長実に23キロメートルにおよび、これによって洛中・洛外が分けられていた。諸国道への出入口を設けていたが、鞍馬口・荒神口・丹波口などの地名は、その名残りである。」なるほど。

P3154842.jpg
では、柵の中に。

P3154845.jpg
おお。

P3154850.jpg
なんかすごい行列。

P3154853.jpg
まるで馬の背のよう。

IMG_6816.jpg
見晴らしが素晴らしい!これもブラタモリといっしょだ。

P3154871.jpg
御土居の長さは200メートル強だが、よく保存されている。すばらしい。

P3154875.jpg
ここは御土居の端っこで、ここから先は住宅地に変わっています。

P3154879.jpg
この堀と土塁、大阪城の南惣構堀もこのような形だったのかもしれない。

P3154881.jpg
おそらく400年前はもっと堀が深かったのでしょう。大阪の空堀のあたりにもこのような堀と土塁あったのかもと考えるとワクワクしてくる。

P3154884.jpg
こんな小さい川があるんですね。みんなでこれを飛び越えました。

P3154895.jpg
さらにこの狭い通路を大移動。

P3154914.jpg
御土居の延長線上にある住宅地。

P3154916.jpg
ここには土居という地名が残っています。御土居跡に作られた区画だから土居。地名は大事です。

P3154942.jpg
御土居餅が有名な和菓子屋さん。

P3154997.jpg
ちょうど甘いものが欲しくなってきたときだったので、みんなが立ち寄り一時的に大繁盛でした。

P3154946.jpg
ちなみにこれが御土居餅。東京スリバチ学会の皆川会長に一個いただきました。とってもおいしかったですよ。マジで。

P3154937.jpg
さて、再び御土居が現れました。

P3154995.jpg
こちらの御土居は崖を活用した切岸になっています。

P3154949.jpg
この図を見ると御土居ってとぎれとぎれで9ヶ所も残っているのですね。

P3154953.jpg
ここにも入らせていただきました。

P3154960.jpg
左が御土居ですが、人と比較するとスケールが分かります。

P3154969.jpg
ここが崖。この崖に沿って御土居は直角に曲がります。

P3154979.jpg
なぜ下に下りれるような場所が作られているのかちょっと謎でした。

P3154987.jpg
ひとりだけ別行動をしている女子。

P3154984.jpg
なにを撮っているのかと思えば蕗の薹でした。

ここで一句
人知れず 御土居のうえに ふきのとう

俳句なんて詠んでいる場合ではないですが、
そんなこんなでとても楽しい御土居の高低差めぐりでした。

P3155068.jpg
崖長の梅林さんと京都高低差崖会のお2人に感謝です。
とても楽しかったです。
ありがとうございました!

で、ちょっと時間があったので、
ここから少し歩いて「さらさ西陣」へ。

IMG_6832.jpg
銭湯を改装したカフェです。
外観が素敵だ。

IMG_6833.jpg
実は店内がもっと凄いらしい。

IMG_6841.jpg
その前にケーキセットのケーキを。

P3155069.jpg
どうですか。壁中に貼られているタイルがたまりません。

IMG_6851.jpg
これはトイレのタイル。
素敵すぎる。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。