このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

中島大水道跡遺構・幻の貨物新幹線遺構・新幹線の高架に上がれる坂道

2014年01月22日 07:30

新幹線ネタを3つまとめて

1. 新大阪駅に残る中島大水道跡遺構
先日新大阪駅の新しくなった在来線ホームで水路跡の遺構を偶然見つけました。新大阪駅はよく利用していた時期があったのですが、これにはまったく気づかなかった。Facebookにアップした記事を貼っておきます。






時系列地形図閲覧サイト「今昔マップ on the web」

「東海道新幹線工事誌」より
shinosaka_004.png
で、実はこれは以前書いた記事の写真です。中島大水道が在来線の下を流れているのがわかりますでしょうか。

P1215471.jpg
これは反対側なのですが、水路部分が塞がれている。どうりで気づかったはずです。

P1215529.jpg
駅の外に出てみました。水路が線路の下を通っていた跡が今も残っていました。

P1215553.jpg
中島大水道について有名な話が残っています。こちらは、新大阪駅近くにある「さいの木神社」。以下は以前書いた記事からの抜粋です。

江戸時代、北中島一帯は一万数千石の米を生産する農村でした。しかし、低湿地で洪水がひどく、田畑にあふれた雨水などを排除できず、村民は幕府に排水路の設置を何度も何度も訴えました。しかし、やっと下された幕府の工事許可は、幕府は費用を一切出さないというものでした。
延宝6年(1678年)、「せめて多少の補助を」と嘆願すると、感情を害した幕府は許可を取り消してしまいました。度重なる水害で耐えられず、ついに三人の庄屋(澤田久左衛門、一柳太郎兵衛、西尾六右衛門)は、無許可のまま工事を強行。しかしそのことが、幕府の逆鱗に触れ工事の即時中止と出頭を命じました。そこで3人は西村の細目木(さいのき)に集まり、延宝6年4月9日、抗議の自決を果たしたといいます。この悲壮な行為に農民たちはいっそう団結し、難工事を短期間で完成させました。その三人の遺徳をたたえ祀られたのが「さいの木神社」です。


2. さよなら幻の貨物新幹線遺構

半世紀残った“謎の高架橋”ひっそりと消える「幻の貨物新幹線」の残骸産経ニュース

P1215665.jpg
摂津市にある貨物新幹線の遺構といわれる高架の解体が始まっています。ここは知っていましたが来るのは初めて。既に一部の解体が始まっているのですが、解体方法がユニーク。コンクリートを鋭い刃物で切断した様な跡が残っているのです。こんな解体方法ははじめて見ました。

P1215697_2.jpg
それにしても解体前に来ておきたかった。

settsu_20140122004809dac.jpg
グーグルマップには解体前が写ってます。

P1215810.jpg
新幹線が下を走る2階部分はどのように解体するのでしょう。
その様子をまた見に来たいと思います。

ちなみに、東海道新幹線に関する公文書が残っていますが、貨物についても触れられています。以下抜粋。

4 東京・大阪間の到達時分は、急行旅客において概ね3時間、貨物において概ね5時間30分を目標とすること。
6 貨物については、ビギーバック及びコンテナー方式を積極的に採用して戸口から戸口への輸送を行い、なるべく大量の輸送を行って、現在線の負担を緩和すること。
(3)貨物運賃は、旅客運賃の場合と同様に運賃実額を現在線の運賃と同額にすることは当然であるが、更に新規路線への転移を奨励するため、ピギーバックの料金等を含め戸口から戸口への総合した荷主負担額が、現在線を利用する場合より増加しないよう工夫すること。

などなど。
詳しく読みたい方はこちらを。
新幹線計画と弾丸列車計画の公文書2012.07.01


3. 新幹線の高架とつながる謎の坂道と謎の耕運機
以前からずっと気になっている場所があって、ここがどういう場所なのかいまだに謎なのです。

P1215840.jpg
尼崎市の藻川の堤防と新幹線が並行して走るところに、なぜか高架とつながる坂道があります。

P1215838.jpg
どうやらここから新幹線の線路内に入れるようです。

P1215851.jpg
おそらく線路のメンテナンス時に利用する道路なのだろうと勝手に解釈しています。

P1215833.jpg
坂の入口はこのようになっています。

P1215830.jpg
明らかに車用ですよね。

P1215847.jpg
で、
こんなモノがそこに置いてあるのです。

車体にはヤンマーYG6と記されているのですが、調べるとどうやら耕運機のようです。耕運機を改造して運転席とリヤカーを付けている。

P1215846.jpg
ヘッドライトとグリルガードも後付けでしょう。
もしかして、これが新幹線の線路の中に入っていくのでしょうか?

P1215845.jpg
リアには「軌-1」「軌-2」とナンバリングされている。
これは、軌道に入ることを意味しているのでしょうか。
いったい何をするための車なのだろう??
謎がどんどん膨らんでゆく…



より大きな地図で 新幹線の気になる場所 を表示

(関連記事)
弾丸列車と新大阪駅2012.06.22
弾丸列車と満鉄あじあ号2012.06.27
新幹線計画と弾丸列車計画の公文書2012.07.01
弾丸列車の新大阪駅と東海道新幹線の新大阪駅2012.07.05
消えた中島大水道22007.10.26


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

東淀川駅・中島惣社・崇禅寺

2012年07月21日 09:15

瓦屋根の東淀川駅
と中島惣社と崇禅寺

IMG_3727.jpg
JR東淀川駅です。
どことなく取り残された感が漂う駅ですが、
どこか懐かしさを感じされてくれる駅でもあります。

IMG_0020.jpg
線路がたくさんある中にホームがポツンとある。

IMG_3716.jpg
これは西側の駅舎。

IMG_3741.jpg
こちらが東側の駅舎です。

IMG_3723.jpg
駅の横には踏切りがあって駅員さん?が常駐している。

IMG_3749.jpg
結構頻繁に踏切りが下りる場所です。

IMG_3739.jpg
東淀川駅は駅舎と駅舎の間が地下通路になっていて、一般の人も通れるようになっています。

IMG_3738.jpg
歩行者用地下通路。

IMG_0041.jpg
通路は柵で仕切られている。

IMG_0042.jpg
駅舎の天井部。なかなかよろしい。

IMG_0044.jpg
地下通路。

IMG_0045_20120719230838.jpg
ホームに上がる階段です。

IMG_0046.jpg
普通の階段だけどなんかいい。

IMG_0061.jpg
ホームの北側です。

IMG_0051.jpg
ホーム屋根の鉄骨はレールっぽいですね。

IMG_0094.jpg
ホームから見た西側の駅舎。

IMG_0097.jpg
東側の駅舎です。橙色の瓦屋根が印象的でいいです。

IMG_0082.jpg
雑草の茂みの中に階段がありますね。

IMG_0081.jpg
何かの碑があるようです。

IMG_0106.jpg
ホームの側面に足を引っかけるモノがあった。都心近郊では珍しいのではないですか?

さて、
IMG_3976.jpg
近くにある中島惣社にも立ち寄ってきました。

IMG_3980.jpg
創建はかなり古く飛鳥時代に難波長柄豊崎宮に都が遷された頃と言われています。

IMG_3985.jpg
惣社といわれるだけに多くの神社の祭神が合祀されている。

IMG_3981.jpg
境内は明るく開けていているのですが古い建物はほとんどありません。

IMG_3990.jpg
これは古そうな石の祠。

IMG_3999.jpg
この地域は昭和20年6月の空襲で大きな被害を受けています。この鳥居も昭和31年に建造されたもののようですね。

IMG_4001.jpg
中島惣社のとなりに崇禅寺があります。

IMG_3940.jpg
奈良時代の天平年間(724~748年)に行基によって創建されたといわれる由緒ある寺院です。

IMG_3942.jpg
こちらも空襲で大きな被害を受けて、本殿の再建は平成元年だそうです。

IMG_3954.jpg
古い寺だけに焼け残った古いものは多い。正面の祠は、

IMG_3956.jpg
崇禅寺馬場の仇討ちで有名な遠城兄弟の墓です。「仇討崇禅寺馬場」という映画にもなっています。

IMG_3966.jpg
途中でこの墓の場所を示す道標がありました。かなり有名だったのでしょうね。

IMG_3950.jpg
こちらは崇禅寺観音尊と足立地蔵尊。

IMG_3959.jpg
そして崇禅寺で一番有名な場所がこちらです。

IMG_3965.jpg
奥から「細川ガラシヤ夫人の墓」「足利義教公の首塚」「徳叟亨隣大和尚の墓」が並んでいる。

IMG_3964.jpg
嘉吉元年(1441)6月、室町幕府6代将軍足利義教公が赤松満祐に京都で殺害され、赤松の一党が義教公の首をこの地に葬ったとされています。

その後、足利義教公、細川家の菩堤寺として再興された折、開山したのが徳叟亨隣大和尚。
細川ガラシヤ夫人の遺骨は、ザビエルの弟子オルガンチノが殉死者の遺骨と共に、細川家ゆかりの当寺に埋葬したものです。

IMG_3961.jpg
この大きな木の切り株は戦災の名残なのでしょうか。
その間から大きく育とうとする若木が印象的でした。


(関連記事)
弾丸列車と新大阪駅2012.06.22
弾丸列車と満鉄あじあ号2012.06.27
新幹線計画と弾丸列車計画の公文書2012.07.01
弾丸列車の新大阪駅と東海道新幹線の新大阪駅2012.07.05

大阪神戸西宮・空襲戦災状況地図2012.07.11


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

新大阪駅のポールライト(照明灯)とさいの木神社

2012年07月14日 23:30

新大阪駅のポールライトと
旧西村周辺の町なみ


「東海道新幹線工事誌」より
pole02.jpg
さて問題です。
ここはどこでしょう?




「東海道新幹線工事誌」より
pole01.jpg
正解はこちら。
ずっと探していた新大阪駅のポールライト(照明灯)の内部の写真が出てきました。

「東海道新幹線工事誌」より
pole03.jpg
これは建植工事の写真。

「東海道新幹線工事誌」より
pole04.jpg
図面もありました。高さは約40メートルのようです。

IMG_3583.jpg
現在も2本のポールライトがありますね。

IMG_3573_20120714013529.jpg
ここが内部に入る入口です。

IMG_3556.jpg
やはり天辺まで登れるんですね。

IMG_3555.jpg
照明部分のアップ。12角形です。

IMG_4122.jpg
ライトがついたところ。

IMG_4130_20120714013528.jpg
カッコいいっす。

IMG_3533.jpg
さて、新大阪駅は大掛かりな改良工事中ですが、先日立ち寄るとタクシー乗り場に昔からあった絵がなくなっていました。

IMG_3541.jpg
この絵なのですが、かなり痛んでいたの仕方ないですがなくなっちゃうと寂しいものです。

IMG_3540.jpg
記録としてここに残しておきます。

IMG_4042.jpg
さて、駅の西側周辺を少し歩いてみましょうか。

IMG_4088.jpg
ここは宮原総合運転所(宮原操車場)。ちょうど500系新幹線がやってきた。

IMG_4081.jpg
ここには常時珍しい電車がとまっていますね。

IMG_4048.jpg
宮原総合運転所に隣接して旧西村があります。現在はほとんどがビルやマンションに変わってしまいましたが、ビルに囲まれるように小さな神社がある。

IMG_4050.jpg
さいの木神社です。

IMG_4053.jpg

さいの木神社
祭神 行者神変大菩薩

合祀
西尾六右衛門(山口村庄屋)
澤田久左衛門(大道村庄屋)
一柳太郎兵衛(新家村庄屋)

徳川四代将軍家綱の代 低湿地の西成郡二十三ヶ村淀川洪水のたびに荒廃した 疲弊した農民を救うため封建の世に一介の庄屋の身を犠牲にし京都郡代所の反対をおして延宝六年四月八日中島大水道の堀さくを完成 その責を負い当地にて自決され農民の神として当地の発展に寄与さる その遺徳を讃え当社に合祀

IMG_4054.jpg
西村の細目木は3名の庄屋が江戸をにらんで切腹自殺したと伝えられる地です。この神社には村を水害から守るために中島大水道を開削し、幕府の命にしたがわなかったために自害した3名が祀られています。

IMG_4067.jpg
こちらは真宗光用寺。天平19年(747)に行基が創建したといわれる古い寺です。

IMG_4075.jpg
これは鐘楼だろうか。

IMG_4068.jpg
古そうな墓石がならんでいる。

IMG_4077.jpg
こちらは本堂の屋根でしょうか。
形状が二層になっていてすこし変わっていますね。

IMG_4079.jpg
その裏側の墓石です。

IMG_4065.jpg
さて、こちらには立派な蔵が残っている。

IMG_4061.jpg
石畳が残る場所。

IMG_4090.jpg
ビルの脇に白龍大神の碑。民間信仰で建てられたものが残っているのでしょうか。

IMG_4141.jpg
宮原総合運転所沿いを歩いていると突然現れた給水塔。

IMG_4142.jpg
展望台もある。

IMG_4153.jpg
建てられたのは昭和47年(1972)のようです。

IMG_4158.jpg
この塔の下にあるのが

IMG_4167.jpg
転車台。

IMG_4170.jpg
こういうものは鉄道近代化遺産としてずっと残してくださいね。


(おまけ)
IMG_4045.jpg
こんな落書き見つけた。

(関連記事)
新大阪駅のポールライトと北宮原村の道標2012.04.30
新大阪駅のポールライトとさいの木神社2012.07.15


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。