このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

杭全神社の地車(だんじり)宮入り 2011

2011年07月15日 08:00

平野郷夏まつり 2011
杭全神社・地車宮入り

平野区の杭全(くまた)神社の夏祭りには地車(だんじり)が9基も曳航します。大阪市内では最大。前から見に行きたいと思っていたのですが、やっと見ることが出来ました。

IMG_8996_3.jpg
7月13日の宮入りの日です。南港通りは片側通行止めになっていました。
昨夜はここでだんじりが暴れまわっていたのだと思います。

IMG_8999_3.jpg
午後7時から宮入が始まるのですが、少し前の落ち着いた時間帯。

IMG_9021_3.jpg
町内を歩いているとあちこちからだんじり囃子が聞こえてくる。

IMG_9025_3.jpg
宮入り前のゆったりしたこの時間帯が結構好きです。

IMG_9000_3.jpg
こちらは夜の曳航のための電源を調整していました。

IMG_9137_3.jpg
ちなみにこれが今年のポスターです。上から
野堂組 → 場町 → 堂町 → 西脇組 → 戸口町 →
町 → 町 → 野堂組 → 野堂
これは今年の宮入りの順番です。

IMG_9059_3.jpg
杭全神社の拝殿です。

IMG_9048_3.jpg
境内にはふとん太鼓もある。

IMG_9086_3.jpg
拝殿には神輿も祀られていた。

IMG_9113_3_20110714223040.jpg
その前で巫女さんが舞っていました。

さて、
IMG_9154_3.jpg
今年1番最初の宮入は野堂東組のだんじりです。
9基がローテーションで順番を変えるので9年ぶりの1番になるわけです。

IMG_9165_3.jpg
宮入りはすんなり大鳥居をくぐりません。
突進しては手前で止まり、「もどせ!もどせ!」と後ろに戻る。
そしてまた突進して止まり、もどる。
これを約30分間繰り返します。

IMG_9175_3.jpg
野堂東組は紙吹雪を舞い散らして華やかでした。

IMG_9195_3.jpg
そして宮入りです。

IMG_9199_3.jpg
勢い良く大鳥居をくぐり抜けていきました。

IMG_9234_3.jpg
2番目の馬場町。
同じように行ったり来たりを繰り返して

IMG_9248_3.jpg
宮入りです。

IMG_9306_3.jpg
3番目が泥堂町。

IMG_9334_3.jpg
すでに最初の宮入が始まって1時間半が経過しています。
9基のだんじりの宮入が終わるのが夜中の12時頃になるので、
いったんここで神社前を離れました。

だんじりは南港通りから一本の道を順番に神社に向かって進んでいきます。なのでその通りは順番を待つだんじりが間隔を開けて待機している状態。

IMG_9350_3.jpg
背戸口町のだんじりです。

IMG_9360_3.jpg
道はすごい人混み。町内の子供たちもおかあさんと一緒にだんじりの曳航に付いてまわっていました。

IMG_9382_3.jpg
少し間隔を開けて、こちらは市町のだんじり。

IMG_9401_3.jpg
こちらも団体で大移動です。

IMG_9402_3.jpg
とにかく町中の老若男女の人達が祭りでひとつになっている感じがする。

IMG_9439_3.jpg
こちらは流町のだんじり。

IMG_9459_3.jpg
女性がめちゃくちゃ多い。

IMG_9499_3_20110714223511.jpg
野堂北組のだんじりです。
この細い通りでも行ったり来たりを繰り返している。

IMG_9506_3.jpg
「もどせ!もどせ!」と走っていました。

IMG_9476_3.jpg
テレビクルーかな?
記録にしては大層なカメラでしたが。

IMG_9546_3.jpg
南港通りから少し入った流口地蔵の所です。

IMG_9548_3.jpg
最後の野堂南組のだんじりが入ってきました。

旧平野郷は太平洋戦争時に空襲を免れた貴重な地域。
大阪市内にあった多くのだんじりは空襲で焼失しましたが、
ここには貴重なだんじりが多く残っています。
旧平野郷には文化財がたくさんありますが、
このだんじりも文化財級だと個人的には思っています。
大阪の宝ですね。この町も人もだんじりも…


(関連記事)
平野郷逍遥 2010.04.27
環濠集落・平野を歩く 2010.05.05
平野郷・十三口の地蔵尊1 2010.05.11
平野郷・十三口の地蔵尊2 2010.05.14
おもろいてら全興寺 2010.05.17
南海平野線 2010.05.22
大念佛寺 万部おねり 2010.05.23
平野郷の道標 2010.05.30
平野郷のまち歩き 2010.06.02


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

平野郷のまち歩き(最終回)

2010年06月02日 08:00

僕も 平野の町をあそ歩(ぼ)

大阪あそ歩 ってご存知ですか?
マスコミで取り上げられることも増えて来たので、かなり認知されてきましたね。
平野をまわるコースもありますので、関心のあるかたはぜひ!

で、僕の平野歩きの記事は今回が最終回。
最後は町で気になったモノをランダムに紹介しま~す。

IMG_5137_2.jpg
いきなりですが、ちょっと気になったお人形。
…こわい…

(追記)
四谷シモン氏の「ルネ・マグリットの男」という作品だそうです。
大阪万博せんい館に展示してた数点の内のひとつが
こんな所にあったなんてビックリ!

IMG_7086_2.jpg
これは結構有名なお人形らしい。

IMG_7247_2.jpg
この方も有名な方のようですが…


IMG_5377_2.jpg
ええ感じの魚屋さん。

IMG_5383_2.jpg
この通り、昔は「魚の棚」と呼ばれていたそうです。

IMG_7264_2.jpg
商店街も気になる。

IMG_6641_2.jpg
ここにも魚屋さん。

IMG_6644_2.jpg
なんか賑やかなお店。

IMG_6629_2.jpg
足袋をこんだけ前面で売ってる店は初めて。

IMG_6651_2.jpg
ここは小林新聞舗。登録有形文化財です。
昭和4年(1929)竣工だそうです。

IMG_6664_2.jpg
明治22年(1889)創業の大阪市内で最も古い新聞販売店だとか。

IMG_6632_2.jpg
こちらは和菓子の梅月堂さん。
店内は「和菓子屋さんの博物館」になっています。

IMG_6634_2.jpg
この提灯はあっちこっちで見かけました。
町おこしの一環かな。


杭全神社です。
IMG_6118_2.jpg
この楠はすごかった。一見の価値あり。

IMG_6121_2.jpg
樹齢千年と言われる大阪府指定の天然記念物です。

IMG_6184_2.jpg
境内でかわいいヤツを見つけた。
クマです。どう見てもクマ。きっとクマです ^^;
違うと思うけど…

IMG_6211_2.jpg
神社の裏で見つけた鉄の扉。何か気になる。

IMG_6196_2.jpg
隣の墓地に桓武(かんむ)天皇妃、坂上春子(さかのうえのはるこ)の墓があります。
平野の歴史では必須です。細かいことは書きませんが坂上田村麻呂の娘です。

IMG_6236_2.jpg
ついでに紹介しておくと、ここが坂上広野麿(さかのうえひろのまろ)の墓。
詳しく書きませんが坂上田村麻呂の第二子、春子の兄です。
平野の地名の由来にもなっていて「広野庄」から「平野庄」になったとか。

IMG_6796_2.jpg
アパートの敷地の一角に広野麿の屋敷跡の碑もありました。


さて、

銭湯です。
IMG_6485_2.jpg
殿川湯。

IMG_6487_2.jpg
残念ながら廃業されているようです。

IMG_6489_2.jpg
隣のお店は写真屋さんだったのかな。
昔のKodak。

IMG_6491_2.jpg
こんな一角です。


IMG_6523_2.jpg
ここは平野郷の案内処。

IMG_6527_2.jpg
喫茶店であり平野郷の案内所的な場所、「おもろ庵」です。
全興寺の一角にあります。


IMG_7095_2.jpg
亀乃饅頭のお店。

IMG_7097_2.jpg
創業はなんと寛永元年(1624年)。創業380年以上です。すごい。


IMG_6743_2.jpg
旧南海平野駅の近く、NANKAI MALLの文字に哀愁が…

IMG_5139_2.jpg
ちょっとええ感じの写真屋さん。

IMG_7050_2.jpg
おもての看板 三味線や♪

IMG_7197_2.jpg
古い住所プレートも残ってた。面白い地名、三十歩町だって。

IMG_5555_2.jpg
この建物は町のお医者さん。ちょっと気になる建築。

IMG_6763_2.jpg
古い日本家屋もたくさん残ってる。

IMG_7243_2.jpg
築何年やろ?ええ感じや。

IMG_5265_2.jpg
昭和のええにおいがする町、平野。
江戸、明治、大正、昭和と、町を歩けばいろんな時代の風景に出会えます。
とても面白い町。夏にもう一度来てみたいです。
だんじりを見ににね。


(関連記事)
平野郷逍遥 2010.04.27
環濠集落・平野を歩く 2010.05.05
平野郷・十三口の地蔵尊1 2010.05.11
平野郷・十三口の地蔵尊2 2010.05.14
おもろいてら全興寺 2010.05.17
南海平野線 2010.05.22
大念佛寺 万部おねり 2010.05.23
平野郷の道標 2010.05.30
平野郷のまち歩き 2010.06.02


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

平野郷の道標

2010年05月30日 08:00

平野郷の道しるべ

平野の町を歩いてると道標ををよく見かける。
私が知る限り6つの道標を見つけました。今日はそれらをご紹介します。

mi_01_2.jpg
杭全神社の参道道にある道標。

ふちい寺(藤井寺)
大峯山上
かうや山(高野山)

michi_800.jpg
明治19年測量地図です。参考のため、道標がある場所に印(A~F)をつけました。

mi_02_2.jpg
この道標は A の場所です。
 大坂

mi_03_2.jpg
すぐ 天王寺 大さか

mi_04_2.jpg
當社 熊野権現 祇園宮


2つ目は国道沿いにある道標、B の場所です。
mi_05_2.jpg

ふじいてら
大峯山上

mi_06_2.jpg
すぐ 道明寺  しぎ山

mi_07_2.jpg
すぐ 玉つくり  天王寺


3つ目は商店街にある道標、C の場所です。
mi_08_2.jpg
 八尾 しぎ山? みち

mi_10_2.jpg
 なかの 住よし さかい 

mi_11_2.jpg
 ふぢい寺 大峯山上 

mi_09_2.jpg
裏には安永八年の文字が見えます。
西暦でいうと1779年ですから約230年前ですね。


4つ目は全興寺(せんこうじ)の境内にある道標、D の場所です。
mi_12_2.jpg
 さ山 高野山 すぐ信貴山道

mi_13_2.jpg
 ふじ井寺 道明寺 大峯山上 
是より一丁東乃辻右へ同所 
……間違えてたらご指摘ください ^^;



5つ目は住宅の中にある道標、E の場所です。
mi_15_2.jpg
ここはちょっと読めなかった。

IMG_6803_2.jpg
 ふちい寺 かしいら? 
柏原のことかな?

mi_14_2.jpg
は葉っぱが邪魔で見えん^^;


6つ目は喫茶店の玄関横にある道標、F の場所です。
mi_18_2.jpg
これは比較的新しいのかな?東西南北になってるし、漢字も今と同じ。

mi_16_2.jpg
 
 八尾 法隆寺 郡山
 天王寺 大阪

mi_17_2.jpg
西
 道明寺 富田林
 天王寺 大阪


道標ではないのですが、
他にも石碑をいくつか見つけたのでそれもご紹介しておきます。

mi_20_2.jpg
これは平野公園にある黄金水の石碑。
これ自体は新しいのですがその横に清水橋の碑があります。
この井戸水はたいへん良質の飲料水だったそうです。

mi_21_2.jpg
まったく気づかないような場所にあったのが含翠堂(がんすいどう)跡。

mi_22_2.jpg
含翠堂とは経書講読・国学・医学・算学等を教えた学校です。
明治5年に閉鎖されるまで155年間もの歴史がありました。
懐徳堂(かいとくどう)より古いのです。すごい。

最後にこれ。
mi_23_2.jpg
大日本紡績平野工場私道の碑。
現在の平野北中学校や北側のマンションの場所に
広大な敷地を持つ紡績工場がありました。
ユニチカの前身会社のひとつです。→『昭和4年の空撮写真



より大きな地図で 平野郷 を表示
黄色が道標の場所です。


(関連記事)
平野郷逍遥 2010.04.27
環濠集落・平野を歩く 2010.05.05
平野郷・十三口の地蔵尊1 2010.05.11
平野郷・十三口の地蔵尊2 2010.05.14
おもろいてら全興寺 2010.05.17
南海平野線 2010.05.22
大念佛寺 万部おねり 2010.05.23
平野郷の道標 2010.05.30
平野郷のまち歩き 2010.06.02


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。