このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

鎮守の森 住民守った 吹田垂水神社の奇跡

2014年01月14日 07:00

鎮守の森 住民守った
「垂水の森を守る会」の熱意がマンション計画を中止に追いやった

asahi_20140111.jpg
朝日新聞の朝刊に、吹田市内にある垂水神社の敷地に隣接する森にマンションが建設されるという計画において、住民の2年半にわたる反対運動の結果、業者側が建設を断念するという全国的にもあまり例のない出来事が記事になっていました。

yomiuri_20131218.jpg
調べてみると読売新聞の記事の方が早く、昨年の12月18日に掲載されていて、なんと見出しも朝日新聞とまったく同じだということがわかりました。

yomiasa.jpg
「鎮守の森 住民守った」
同じ位置に同じ見出し、これは珍しい。
朝日新聞が意図的にやったのかも。

(関連記事)
「鎮守の森」住民守った マンション計画、反対運動実る読売新聞
鎮守の森、守った マンション計画、住民阻止朝日新聞

これはいいニュースですね。
ということで、早速現地に行ってきました。

E7D_0952_201401131657418fe.jpg
阪急北千里線「豊津」駅から徒歩約10分、立派な鳥居の場所にやって来ました。

E7D_0957.jpg
参道の向こうの丘陵地に垂水神社があります。

E7D_0959.jpg
石柱に式内大社とあり、格式の高い神社であることがうかがえる。

E7D_1229_1.jpg
読売新聞の記事が貼られていました。

E7D_0960.jpg
石段を上がっていきましょう。

E7D_1125.jpg
こちらが拝殿です。

E7D_1131_20140113170123f5a.jpg
その東側に森が続いているのですが、そこにマンションの計画地があります。

tarumi_panorama.jpg
計画地を破線で囲んでみましたが、神社に隣接する森の一部がなくなりここにマンションができる計画でした。

tarumi_mori.jpg
航空写真で見るとこのようになります。
北側の住宅地が隣接していますが、境目は傾斜地で高低差があり、森が帯のように続いているので、感覚的には実際の距離以上の距離感が存在しています。マンションは、その境界線の森を潰しその上に建てられる予定でした。

E7D_1153.jpg
ここがマンション計画地との境界線。この扉を見る限り、昔の所有者はちゃんと竹やぶを管理していたのでしょう。しかし今は荒れ放題です。

E7D_1158.jpg
その脇に、丘の上に繋がる小道があります。行ってみましょうか。

E7D_1161_20140113170140c0f.jpg
いい森が残っていますね。

E7D_1181.jpg
マンション計画地の上にやってきました。
標高は約40m(カシミール3D調べ)。

E7D_1192.jpg
向こうに見えるのは新大阪のビル群でしょうか。

E7D_1185.jpg
下はこんな斜面になっていますがこの斜面が計画地です。境内の標高は約31mですので、高低差約9mの斜面に地上3階、地下2階のマンションを計画していました。

E7D_1232.jpg
朝日新聞の記事内に、工事車両が通る道に神社の所有地が含まれていることを突き止め、それが開発中止を迫る大きな材料となったと書かれています。おそらくこの斜線部分がそうでしょう。

E7D_1233.jpg
これは土地家屋調査士の力を借りて突き止めたということですが、垂水の森を守りきる!という住民の熱意が、起死回生の発見に繋がっていったのかもしれません。これにより業者は開発を断念せざるを得なくなったようです。その後の話し合いで、マンション計画地の土地は、神社が600万円で買い取ることで合意しました。

tarumi_kaiho.jpg
境内には、垂水の森を守る会の活動報告4(最終号)が貼られていました。署名は13,500人超。募金は400万円を超える金額が集まり、それにより弁護団を結成することができ、多くの市民に知ってもらうための広報活動を可能にしました。まさに「鎮守の森住民守った」。この言葉に尽きます。

E7D_1230.jpg
まだ土地購入の資金集めという課題は残っていますが、垂水の森を守る会の活動は、今後の日本の土地開発に一石を投じる出来事になるのではないかと思います。

最後に、
ちょっとだけ垂水神社のお話しを。
垂水神社は地理的にとても興味深い場所に位置しています。

tarumi_chikei.jpg
これは地形図と「弥生時代後期〜古墳時代前期(梶山/市原)」の古地理図を重ねたもので、上町台地の北側に伸びる天満砂州の延長線上に垂水神社が位置していることがわかります。この時代はまだ陸続きでなかったようですね。

E7D_1138.jpg
この辺り一帯は弥生時代の住居跡があったことでも有名です。住居跡があったということは湧き水も豊富に湧いていたのかもしれません。

kusaka.jpg
これは6〜7世紀の古地理図(日下雅義)です。
垂水神社のHPに、孝徳天皇(在位645~654年)の時代、領主である阿利真公(ありまのきみ)が、干ばつに苦しむ難波長柄豊碕宮(前期難波宮)に、懸け樋を作って垂水の水を送り、その功績をたたえられ、「垂水公」(たるみのきみ)の姓を賜り、垂水神社を創始したとあります。とても興味深い伝承です。

E7D_0967.jpg
現在でも敷地内に水が湧いている場所があります。

E7D_0969_201401131705044d2.jpg
ひとつは垂水の滝の小滝。

E7D_0985.jpg
もうひとつが、垂水の滝の本滝。

E7D_0989.jpg
こちらも神聖な場所として守られています。
いまでも水が枯れることなく湧いているようです。

E7D_1020.jpg
垂水の滝の流れの先には「津くよみの池」という名の池があり、その脇に石碑が建っていました。

E7D_1034.jpg

いははしる たるみのおかの さわらひの
もえいつるはるに なりにけるかも

萬葉集 巻第八 春雑歌
志貴皇子 懽御歌一首

「たるみ(垂水)」とは地名ではなく、
高いところから垂直に落ちる水、すなわち滝のことで、
「さわらひ」とは芽を出したばかりの蕨(わらび)のこと。
岩より落ちる滝のほとりに早蕨が芽を出す春になったのだなぁという歌です。

春にもう一度ここを訪れてみたくなりました。


より大きな地図で 垂水神社 を表示


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

消えた地名、蔵人

2010年01月23日 17:15

吹田街道をゆく(5)
消えた地名って復活しないの?

「江坂」駅を西方面に少し歩いていくと、昔の佇まいを残す一角があります。現在の地名は豊津町。榎坂村の一部だろうと思っていたのですが、調べてみると垂水村との繋がりが深く、元は蔵人(くろうど)村といって、歴史も古く、かなり大きな集落だったようです。

蔵人村について豊中市史(昭和34年発行)にはこのように書かれています。

「…四条一里二十七坪(吹田市榎坂)に円隆寺と宮の敷地あり、その東南方の四条一里南部と同二里の北部に屋敷が固まっており、さらに五条二里の北部(小曽根村大字小曽根)にも屋敷が集まっている。…(中略)…四条一里および二里にわたる寺・社・集落の一体的な集結の状態は文治五年の榎坂村集落とは全く個別の存在であることが確認される以上、これこそ蔵人村の源流をなすものといって差し支えないと思われる。下って応永十年(1403)ごろには蔵人村は垂水荘の同意語となるほどに成長していた。」

ちょっと長い引用でしたが、約600年前には蔵人村はすでに大きな村だったようです。


IMG_1818_2.jpg
旧蔵人村に入っていくと、立派な家屋が建ち並んでいる。

IMG_1773_2.jpg
蔵も至る所で見かけます。

IMG_1820_2.jpg
この蔵はちょっといい感じ。

IMG_1822_2.jpg
修復した跡なのか、複雑な形の木が埋め込まれています。

kuroudo01.jpg
旧蔵人村の位置的は「江坂」駅の西側辺りになります。
下の中央、交差点の名前に蔵人が残っていますね。

kuroudo02.jpg
明治18年測量の地図を見るとこんな場所。
村の規模も結構大きかったようです。
榎坂村とは道一本で繋がっていたので、交流もあったのかな?

IMG_1823_2.jpg
この道が今も残る旧道。

IMG_1789_2.jpg
蔵人という地名はなくなっていますが、こういうところにわずかに残っていました。


IMG_1799_2.jpg
今の地名は豊津町。

でも、なぜ歴史ある「蔵人」の地名を
なくしちゃったんだろう?


行政はもっとその地域の地名を大事にあつかってほしいです。
地名って昔からそこにある遺跡みたいなもんです。

ちょっと熱くなってしまった… ^^;

さて、
IMG_1804_2.jpg
細い路地に駄菓子屋さんをみつけました。

IMG_1813_2.jpg
ふくべやさん♪
昔からあるのかな? 立派な旧家のお宅でした。


さてさて、
IMG_1780_2.jpg
旧道沿いに石灯籠があります。

IMG_1779_2.jpg
こちらにも。

IMG_1836_2.jpg
旧道から直角に延びる道をまっすぐ行くと神社がありました。

IMG_1852_2.jpg
神社から旧村方面を見ると、まっすぐに一直線。

IMG_1839_2.jpg
こちらは稲荷神社。蔵人村の氏神様です。

IMG_1840_2.jpg
昔は田んぼの真ん中にぽつんと森があって、そこに鎮座していたのでしょうね。


より大きな地図で 吹田街道 を表示

IMG_1858_2.jpg
神社の横の道にお地蔵さん達が祀られていました。
人知れずひっそりと…

現在は住宅が密集している地域ですが、昔の地図を片手にうろうろすると
その頃の情景が見えてきます。
つい数十年前までは田園がどこまでも続くのどかな地域だったんでしょうね。


(追記)
蔵人の地名の由来を知りたくていろいろ調べてみたのですが、
残念ながらそれにたどり着けませんでした。残念。
ちなみに蔵人村について調べたい方は下記をご参照ください。

吹田市史(平成2年発行)第一巻の458ページに「蔵人村の成立」
豊中市史(昭和36年発行)第一巻の310ページに「垂水荘蔵人村の出現」
という項目があります。



(関連記事)
1. 吹田街道をゆく 吹田の渡し2009.12.30  
2. 吹田街道をゆく 垂水町2010.01.04  
3. 吹田街道をゆく 江坂2010.01.08  
4. 榎坂郷と荘園と今西家2010.01.20  
5. 消えた地名、蔵人2010.01.23  
6. 吹田街道をゆく 小曽根2010.01.26  
7. 足の神様・服部天神宮2010.02.01  
8. 旧穂積村を歩く2010.02.08   

1. 旧吹田村を歩こう・吹田駅と高浜神社2009.12.10  
2. 旧吹田村を歩こう・重要文化財・旧西尾家住宅2009.12.11  
3. 旧吹田村を歩こう・古い町並みと大の木2009.12.15  
住吉神社と豊国神社2009.01.18  



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

吹田街道をゆく・江坂

2010年01月08日 08:00

吹田街道をゆく(3)
旧榎坂(江坂)村を歩く

esaka_1200600_2.jpg
明治18年測量の地図です。
まだ電車が走っていないのでどの辺りか分かりにくいですね。

esaka_map02.jpg
拡大です。御堂筋線の「江坂」駅は右下です。
「江坂」駅が開業したのは、昭和45(1970)年の万博の年。
それからこの地域は爆発的に発展していきました。

esaka_map01.jpg
明治18年測量地図です。
緑の線が吹田街道、赤の線は南は十八条へ繋がる旧道です。

IMG_1983_2.jpg
ここは榎阪村大池の跡地。
ほとんど埋め立てられて池がわずかに残っています。

IMG_1985_2.jpg
昭和52(1977)年頃の写真です。まだ池だったようですね。

IMG_1975_2.jpg
この道は榎阪大池公園の南側に残る旧道。昔の風情が残ってますね。

IMG_1995_2.jpg
少し北に行くとこんな祠を見つけました。

IMG_2000_2.jpg
八幡藪野社。中をのぞくと石の扉が見えました。

IMG_2005_2.jpg
後ろから見ると、石造りの祠が見えます。
石の祠を補修する時に木の祠が覆うように作られたのではないでしょうか。
かなり古そう…。


さて、
IMG_2024_2.jpg
吹田街道を歩いて行くと道標があります。「左り勝尾寺」が刻字されていました。

IMG_1718_2.jpg
榎坂東道標というそうで、南に行くと榎木の渡しがあって、十八条と繋がっています。

IMG_2030_2.jpg
その横にまた道標があります。(正面の2つ)

IMG_2040_2.jpg
こっちは榎坂西道標というそうで、
京都、吹田、箕面、中山寺、服部、尼崎、勝尾寺の文字が刻字されています。

ちなみに「道標」は「みちしるべ」と「どうひょう」、2つの読み方があります。
(蛇足かもしれませんが…)

IMG_2048_2.jpg
ここを北にず~っと進んで行くと勝尾寺です。

IMG_1753_2.jpg
途中にこんな灯籠がありました。
妙見宮と刻まれてましたが能勢妙見山なのかな。

で、
IMG_2062_2.jpg
もうひとつ道標があります。

IMG_2060_2.jpg
「右 かちをじ 三り? (右 勝尾寺 3里…かな?)」
なぜここには説明の建て札がないんだろう?


さてさて、
IMG_1690_2.jpg
こちらは旧榎坂村の中心に位置する法泉寺。

IMG_1664_2.jpg
お寺のまわり、ええ感じです。

IMG_1658_2.jpg
こんなとこや、

IMG_1676_2.jpg
こんな風景。

IMG_2017_2.jpg
江坂もトカイナカですね。

IMG_1671_2.jpg
元茅葺き屋根の民家も点在しています。

IMG_1992_2.jpg
これいつ頃のものだろう?
高島屋の広告入り♪

IMG_1698_2.jpg
うろうろしていると、大きなお屋敷がありました。

IMG_1710_2.jpg
ここは元庄屋のお屋敷。現在はダスキンが「ダスキン誠心館」という名で
同社の研修施設として利用しています。
民間企業が買い取って維持管理をしていくいい例ではないかな。


さてさてさて、
IMG_1863_2.jpg
旧江坂村の北の端、江坂神社にやってきました。

IMG_1867_2.jpg
こんなとこに万博の記念碑があった♪

IMG_1876_2.jpg
階段を上っていくとこんな拝殿。

IMG_1873_2.jpg
この神社は呼び方がいっぱいあって、素盞嗚尊(すさのおのみこと)神社、
感神宮、江坂神社と呼ばれています。

IMG_1879_2.jpg
ここにも古墳時代のものが…。

IMG_1881_2.jpg
この無造作に突き刺さっているのが石棺です。

IMG_1913_2.jpg
最後にちょっと珍しい地蔵尊をご紹介します。

IMG_1899_2.jpg
ここのお地蔵さん、油まみれなんです。

IMG_1896_2.jpg
油掛地蔵尊というそうで、新御堂筋の道路拡張工事時にここに移されました。
小栗判官(おぐりはんがん)という伝説の人と関係があるようです。
宝塚歌劇団が『オグリ!~小栗判官物語より~』というミュージカルを上演してたけどどうもその人みたい。



より大きな地図で 吹田街道 を表示



(関連記事)
1. 吹田街道をゆく 吹田の渡し2009.12.30  
2. 吹田街道をゆく 垂水町2010.01.04  
3. 吹田街道をゆく 江坂2010.01.08  
4. 榎坂郷と荘園と今西家2010.01.20  
5. 消えた地名、蔵人2010.01.23  
6. 吹田街道をゆく 小曽根2010.01.26  
7. 足の神様・服部天神宮2010.02.01  
8. 旧穂積村を歩く2010.02.08   

1. 旧吹田村を歩こう・吹田駅と高浜神社2009.12.10  
2. 旧吹田村を歩こう・重要文化財・旧西尾家住宅2009.12.11  
3. 旧吹田村を歩こう・古い町並みと大の木2009.12.15  
住吉神社と豊国神社2009.01.18  



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。