このエントリーをはてなブックマークに追加

吹田街道をゆく・垂水町

2010年01月04日 08:00

吹田街道をゆく(2)
吹田・旧垂水村を歩く

suita_12060.jpg
旧吹田村と旧榎坂村の中間地点に旧垂水村があります。
明治18年測量の地図を見ると、吹田街道から垂直に延びる旧道沿いに
垂水村が開けていました。

tarumi_01.jpg
緑の道が今も残る旧道です。
旧道と旧道の間に川が流れており、それ沿いにも道がありました。

tarumi_02.jpg
現在その川は埋め立てられ、道路もその時に敷き直されているようです。

IMG_1479_2.jpg
阪急千里線「豊津」駅の踏み切りです。
駅の開業は大正10年だそうです。

IMG_1483_2.jpg
踏み切りの横にこんな碑がありました。

IMG_1484_2.jpg
川は昭和15年の改修工事によって付け替えられたようです。

IMG_1487_2.jpg
街道沿いに古そうな和菓子屋さんを見つけました。
ばてんや長衛ではなくばってんや長衛(ちょうえい)だそうです。
暖簾はどう見てもばてんやなんだけど…^^;

IMG_1488_2.jpg
旧道を北に上がると地蔵尊がありました。

IMG_1492_2.jpg
古い家並みも残っています。

IMG_1503_2.jpg
南に下がるとまた地蔵尊を発見。

IMG_1506_2.jpg
この道はいい感じの旧道です。このまま歩いていきます。

IMG_1509_2.jpg
おっ! 車除けの定番、再利用されている唐臼。

IMG_1520_2.jpg
で、お寺がありました。

IMG_1516_2.jpg
こちらは明誓寺(みょうちかいじ)。堂々とした本殿です。

さて、
IMG_1531_2.jpg
長い方の旧道を歩いてみると古そうな祠がありました。

IMG_1523_2.jpg
中をのぞくと「愛宕…」という文字の札が見えました。
愛宕神社なのかな?

IMG_1539_2.jpg
吹田街道の方に戻る途中、ええ感じのお米屋さん。

IMG_1541_2.jpg
で、奥にこんな建物を見つけました。
旧垂水公民館だそうです。なんかええでしょ♪

IMG_1542_2.jpg
敷地内に「紀元二千六百年記念」の碑も。
よく見かける碑なのですが、
このブログで触れた事がなかったのでちょこっと補足を。

昭和15年(1940)、日本政府は神武天皇即位紀元(皇紀)2600年を祝って
盛大に記念式典を行いました。日本中、隅々の地域まで式典が行われたようで、
各地域にさまざまな形で、それを記念する記念の碑が残っています。
あなたの住んでいる近くにもあるかも…

IMG_1562_2.jpg
この碑を見つけると、私は戦争と結びつけてしまいます。
学校で教えてくれなかった歴史ですよね。


さてさて、
IMG_1581_2.jpg
素通りして、写真だけとっていた場所がここなのですが、
後で調べて撮っててよかったと思いました。

IMG_1580_2.jpg
この碑は、東淀川区の伝説「長柄の人柱」と関係のある碑でした。
長者の巌氏(いわうじ)の娘が詠んだ歌が記されています。


さてさてさて、
IMG_1583_2.jpg
垂水神社です。長い参道を歩いて、階段を上がっていくと、

IMG_1591_2.jpg
拝殿が正面にあります。

IMG_1624_2.jpg
こちら、長柄豊崎宮とも関係があるようなので、地図を改めて見ると
上町台地の延長線上に位置していました。
アースダイバー的な視点で見ても面白い地域です。

(関連記事)
アースダイバー in 大阪

IMG_1597_2.jpg
神社がある森は垂水弥生遺跡がある場所でもあります。

IMG_1613_2.jpg
境内はとても神秘的で、鈍感な私でも霊力を感じました。
何かが集まりやすい場所なんじゃないかな…


より大きな地図で 吹田街道 を表示


で、吹田街道を西に歩いていくと、新御堂筋に出てきました。
IMG_1635_2.jpg
えっ! ここに出てくるんだ!
車でよく通る道で、ツタヤ前の地蔵尊が前から気になっていたんだけど、
そこに出てきてちょっとうれしかった。

さて、次はいよいよ旧榎坂村に入ります。



(追記)
IMG_1622_2.jpg
垂水神社の境内からの眺めです。
遠い太古の時代は、海が開けていて、ここから
上町台地の先端部が島のように見えていたのかもしれません。
yayoi_tarumi.gif



(関連記事)
1. 吹田街道をゆく 吹田の渡し2009.12.30  
2. 吹田街道をゆく 垂水町2010.01.04  
3. 吹田街道をゆく 江坂2010.01.08  
4. 榎坂郷と荘園と今西家2010.01.20  
5. 消えた地名、蔵人2010.01.23  
6. 吹田街道をゆく 小曽根2010.01.26  
7. 足の神様・服部天神宮2010.02.01  
8. 旧穂積村を歩く2010.02.08   

1. 旧吹田村を歩こう・吹田駅と高浜神社2009.12.10  
2. 旧吹田村を歩こう・重要文化財・旧西尾家住宅2009.12.11  
3. 旧吹田村を歩こう・古い町並みと大の木2009.12.15  
住吉神社と豊国神社2009.01.18  



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

吹田街道をゆく・吹田の渡し

2009年12月30日 08:00

吹田街道をゆく(1)
吹田の渡し~泉殿宮

suita_12060_2.jpg
明治18年測量の地図です。東西にのびる道は吹田街道、
南北は亀岡街道です。

esaka_1200600_2.jpg
上の地図のつづき、南北の道は能勢街道です。
この辺りは中小の村がたくさんありました。
今でも旧家が残っているのでしょうか。
今回はすべてを歩きましたので、何回かに分けてご紹介していきます。


スタートは 吹田の渡し跡から。
IMG_1335_2.jpg
左の川は現在の安威川、昔は三国川とか神崎川とも呼ばれていました。

IMG_1330_2.jpg
渡しは明治8年に高浜橋ができた事で廃止になっています。

IMG_1334_2.jpg
この道が亀岡街道。

IMG_1339_2.jpg
昔の面影が残る町並みですね。

IMG_1349_2.jpg
歩き出してすぐに道標がありました。
まっすぐ行くと亀岡街道。

IMG_1347_2.jpg
ここが吹田街道との分岐点のようです。

IMG_1345_2.jpg
ここから吹田街道が始まります。

亀岡街道をそのまま歩くと、
IMG_1357_2.jpg
大通りの所に再び道標がありました。正面には「右 大坂道」とあります。

IMG_1355_2.jpg
解説を読むと「右 大坂道」は明治時代に補刻されたとか。

さて、
IMG_1363_2.jpg
高浜神社の前にある建前地蔵尊の横の道を進んでいきます。

IMG_1370_2.jpg
立派な旧家。

IMG_1389_2.jpg
横道をのぞくとこんな町並みが。

IMG_1391_2.jpg
民家に挟まれて鳥居を見つけましたよ。
鎮守社だそうです。

IMG_1402_2.jpg
JRの高架を超えると道が二股に。

IMG_1409_2.jpg
左に行くと正面に泉殿宮(いづどのぐう)が見えてきます。

IMG_1420_2.jpg
由緒はかなり古いみたい。アサヒビールの創業にも関係があるようですよ。

IMG_1447_2_20091229215821.jpg
詳しくはこちらを。

IMG_1433_2.jpg
僕が気になったのがここ。

IMG_1426_2.jpg
中に地車(だんじり)があるんですよ。

IMG_1427_2.jpg
実はこれ、吹田戎神社だそうで、地車が社殿になっています。珍しいでしょ。

IMG_1452_2.jpg
もうひとつ面白いものがありました。
この木の柱は大阪万博の起工式で使われた元柱(もとつはしら)です。

IMG_1450_2.jpg
万博会期中、この泉殿宮で万博の無事成功を祈念していたとか。
だから大成功したのかな。

IMG_1422_2.jpg
境内には立派なクスノキもありました。


より大きな地図で 吹田街道 を表示


さて、
IMG_1457_2.jpg
次は旧垂水村へ向かいます。
歩道橋から振り返ると吹田街道が見下ろせました。
旧吹田村はまだまだ見所がたくさんありますが、
今回はこれぐらいにしておきます。

今回が今年最後の記事です。
今年もいろいろありがとうございました。
みなさんの応援が更新のエネルギーです。
来年も頑張ります!

どうぞよい年をお迎えください。



(関連記事)
1. 吹田街道をゆく 吹田の渡し2009.12.30  
2. 吹田街道をゆく 垂水町2010.01.04  
3. 吹田街道をゆく 江坂2010.01.08  
4. 榎坂郷と荘園と今西家2010.01.20  
5. 消えた地名、蔵人2010.01.23  
6. 吹田街道をゆく 小曽根2010.01.26  
7. 足の神様・服部天神宮2010.02.01  
8. 旧穂積村を歩く2010.02.08   

1. 旧吹田村を歩こう・吹田駅と高浜神社2009.12.10  
2. 旧吹田村を歩こう・重要文化財・旧西尾家住宅2009.12.11  
3. 旧吹田村を歩こう・古い町並みと大の木2009.12.15  
住吉神社と豊国神社2009.01.18  



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

摂津の浜町と別府を歩く

2009年12月21日 08:00

トカイナカ、浜町と別府

大阪市と摂津市の境界線近く、
摂津市浜町と別府の旧村地域を歩いてきました。

DSC05024_2.jpg
都会を走る幹線道路から一歩中に入るとこんな場所が残っています。
ここは摂津市浜町。

befu03.jpg
浜町と別府は旧安威(あい)川を挟んだお隣同士。
昔から行き来はあったと思われますが、
浜町は味舌(ました)村、別府は別府村になります。

befu02.jpg
現在の地図と重ねると、

befu01.jpg
現在の安威川が開削された川だということがよくわかります。
安威川改修工事は、明治42年に起工、大正2年に竣工しています。


より大きな地図で 浜町・別府 を表示


さて、
P1220076_2.jpg
手前が旧安威川。向こう側が 浜町 です。
中央に大きなお屋敷が見えます。

DSC05035_2.jpg
これがそのお屋敷。とても大きくて、きれいに補修されています。

DSC05036_2.jpg
庄屋さんだったのかな。

DSC05040_2.jpg
周りがブロック塀で囲まれていて、とてもいい状態で保存されていました。

DSC05055_2.jpg
これは水路の脇にあった道標です。これを解説しているサイトがあったのですが
見失ってしまってしまった。ごめんなさい。


さて、こちらは 別府 です。
P1220080_2.jpg
いたるところに古い民家が残っています。

DSC05083_2.jpg
この角の蔵はきれいに修繕されていますね。

P1220084_2.jpg
こちらは味府(あじふ)神社。

P1220087_2.jpg
由緒ある神社です。

P1220085_2.jpg
摂津には、味府・味生(あじふ)や味舌(ました)といった、
「味」が付く名前が多いのはなぜなんでしょうね? 素朴な疑問です。

DSC05086_2.jpg
向こうの楠がある場所が味府神社。手前に水路がありますが、
今も昔と変わらず、別府の町を囲むように水路が残っています。

P1220101_2.jpg
常願寺です。旧別府村の中心に位置する寺院です。

P1220106_2.jpg
その前の道沿いに中真神社があります。
ところでこれって何て読むんだろう? …なかま?

DSC05098_2.jpg
ここお米屋さんなのかな? ええ感じのお店です。

DSC05114_2.jpg
この地域を歩いていて、お地蔵さんが少ないと感じていたのですが
公園横でやっとひとつ見つけました。


P1220122_2.jpg
旧村地域を歩いていて必ず見かける車除けの石。

DSC05105_2.jpg
石臼が定番ですが、これもよく見かけます。

これって、皆さんご存知?



唐臼(からうす)というものです。
常識だったかな?

もちろん私は…   最近知りました… ^^;



↓ ポチッと応援おねがい!
br_decobanner_20091217141055.gif