このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

さよなら交通科学博物館

2014年04月02日 00:00

4月6日で閉館
52年間ありがとう

さよなら交通科学博物館

EOS_5729.jpg
弁天町駅と隣接している交通科学博物館の閉館が迫ってきました。収蔵資料の多くは、平成28年春オープン予定の京都・梅小路にできる鉄道博物館に移設展示されるようです。そんな交通科学博物館へ最後の見納めに行ってきました。

EOS_5766.jpg
展示室に入ると最初にリニアモーターカーがあって

EOS_5778.jpg
奥に0系新幹線があります。リニアモーターカーって本当に実現するのだろうかと思っていましたが、走行試験の試乗ができるところまで来ましたね。凄いな。

EOS_6067.jpg
交通科学博物館は久しぶりに来たのですが、やはりこの初代新幹線が一番好きかも。

EOS_6071.jpg
存在感が違う。

EOS_5863.jpg
こんな客車も展示されています。昔は灰皿が普通にありましたね。

EOS_6098.jpg
これは駅員室。

EOS_5808.jpg
ヘッドマークもたくさん。

EOS_5820.jpg
こっちには蒸気機関車のプレートがいっぱい。

EOS_5997.jpg
ジオラマは相変わらず人気ですね。この日も実演時は超満員。このジオラマは見納めかも。

EOS_5843.jpg
こっちのジオラマは、真ん中のカプセルの中から見れるところが子供に人気でした。

EOS_5829.jpg
この日も、カプセルに行くための通路が大賑わい。

EOS_6130.jpg
屋外のプラットホーム・プラザです。ここの部材は2代目京都駅の物だそうですが、新しい鉄道博物館にも移設するのかな。

EOS_6146.jpg
だとすればお里帰りですね。

EOS_5977.jpg
この洗面台はかなり好きかも。これはJR山陰本線厚狭駅で平成11年まで使用されていたものだそうです。製造は昭和25年以前のものだとか。

EOS_6020.jpg
交通科学博物館なので電車以外も展示されていますが、この国鉄のマークは久しぶりに見たな。

EOS_6022.jpg
いいね。ドリーム号。

EOS_6032.jpg
おっ、スバル360DX。

EOS_6044.jpg
ミゼットも。

EOS_6029.jpg
輪タクもある。

EOS_5914.jpg
これは太平洋戦争時の戦闘機のエンジン。中島飛行機の「疾風」のものらしい。今の富士重工業の前身の会社ですね。旧中島飛行場跡地に廃棄埋設されていたもらしいですが、かっこよくって見入ってしまった。

EOS_5945.jpg
で、現在「52年の軌跡展」が開催中です。

EOS_5948.jpg
展示内容もなかなか充実してます。

EOS_5949.jpg
開館当初の古い資料とか、

EOS_5953.jpg
こんなロケットエンジンとか、

EOS_5958.jpg
JALのコンコルドもあった。

EOS_5960.jpg
個人的に一番よかったのは、この音速滑走体と超音速滑走体の模型。なんか子供の頃の図鑑に出ていた未来の電車って感じでかっこ良かった。

ということで、
まだ見納めしていない方、
閉館は4月6日(日)ですよ〜。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

変わりゆく龍造寺町

2013年03月14日 11:30

龍造寺町の風景が変わってゆく

EOS_8172.jpg
上町台地にある窪地です。

EOS_8179.jpg
高低差のあるいい坂道ですね。

IMG_1410_20130313232228.jpg
中央区龍造寺町。
この辺りは空襲の被害を免れた地域で古い建物も所々に残っています。

IMG_1411.jpg
脇道に入っていくと

IMG_1413.jpg
建物の奥に石積みが確認できる。3m以上ありそうですね。

IMG_1416.jpg
こちらにはとてもいい長屋が残っている。
もう一度、後ろを振り返ると…

IMG_2425.jpg
!!!

IMG_2420.jpg
そうなんですね、
先ほどの建物が解体されてしまいました。

IMG_2428.jpg
建物で隠れていた石積みも見えます。

IMG_2430.jpg
壁の向こうは寶泉寺。
石積みとコンクリート塀が層のようになっている。

IMG_2405.jpg
坂道の風景も変わっちゃいますね。

IMG_2416.jpg
この先の長屋の風景はしばらく変わらない様子。

IMG_2403.jpg
この周辺は地形の変化を楽しむにも興味深い場所。
新しい建物が建つと先ほどの石積みも隠れてしまうかもしれませんね。


ポチッと、応援よろしくです。
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

手描き映画看板と新世界国際劇場・旧南陽演舞場

2012年07月25日 00:30

手描きの映画看板が残る
新世界国際劇場(旧南陽演舞場)

IMG_6708.jpg
今年は通天閣が誕生して100周年。

IMG_6709.jpg
イベントもいろいろ行われているようで
8月7日(火)には新之介もちょこっと応援している
イーゼル芸術工房のコンサートがあるようです。
ご関心のある方はぜひどうぞ。

通天交響楽団2012.08.07 19:00〜

IMG_6673.jpg
その通天閣の少し東側にあるのが

IMG_6700.jpg
新世界国際劇場。
なかなかいい感じの映画館です。

IMG_6697.jpg
昭和5年(1930)に竣工しており当初は南陽演舞場という芝居小屋だったそうです。それが昭和25年(1950)に映画館としてリニューアルオープンしました。今年で築82年。凄いです。

IMG_6692.jpg
正面にあるこの丸い窓のデザインは南陽演舞場の「南陽」を意匠化しているのだとか。

わかりますか?

IMG_6693_5.jpg
こんな感じでしょうか…。

IMG_6703.jpg
こちらの映画館はなんと手描きの看板が残っています。

IMG_6676.jpg
かなりいい感じです。

IMG_6689.jpg
成人映画も手描きです。

IMG_6683.jpg
手描きの映画看板って大阪ではなくなっているのでは?
と思っていたのですが残っていてかなりうれしい。

IMG_6686.jpg
こちらは裏側です。扉が複数ありますが、昔はここからも出入りしていたのでしょうか。

IMG_6688.jpg
こちらにも丸い窓がありますね。

IMG_6682.jpg
近代建築としても貴重な建物のようですよ。
びんみんさんの記事は近代建築の視点から書かれているので
ご関心のある方はぜひ。

(参考ブログ)
増田清建築ツアー(2)精華小学校と新世界国際劇場日常旅行日記


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。