このエントリーをはてなブックマークに追加

柴島浄水場のムーミンの家

2009年04月19日 08:30

ムーミンの家?

柴島浄水場のグラウンドにとってもチャーミングな建物がありました。
ちょっと小さいムーミンの家みたい。

mu_01.jpg
ほらっ、ちょっと短いけどそんな感じがしません?

mu_02.jpg
まあ、微妙に違うのは気にせずに…^^;
たぶん、赤い屋根と窓の形、それにポツンとある感じがムーミンの家を連想してしまったのだと思います。

mu_03.jpg
入口の扉もいいでしょ。

mu_04.jpg
この建物は柴島浄水場の建物だと思いますが、使われているのかいないのかはわかりません。それにしても広いグラウンドですね。ここは近い将来、病院が建設される予定だそうです。

mu_05.jpg
淀川キリスト教病院がこちらに移転してくる予定で、将来高架化される阪急柴島駅と崇禅寺駅に挟まれた場所でもあり、便利になるかもしれませんね。

でも、ムーミンの家はどうなるんだろう?


(追記)
kuni_03.jpg
「大阪市100年」より
大正3年の柴島浄水場です。奥に見えるのは濾過池。その脇にたくさんの小屋が見えますね。

kuni_04.jpg
もう少し拡大すると小屋が濾過池ごとにあるのがわかります。ネットで調べてみると四角形が「地下配水池出入口上屋」、八角形が「節制井上屋(せっせいせいうわや)」といわれる濾過水の流量を調節する小屋のようです。ちょうど中央に黒っぽい大きめの八角形の小屋が2つ見えます。

kuni_01.jpg
これは昭和4年測量の地図です。下にある○が噴水、右上にある○がムーミンの家の場所です。グラウンドも以前は濾過池であったことがわかりますね。この小屋もおそらく「節制井上屋」だと思われます。



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

柴島浄水場の桜と踏切

2009年04月06日 10:00

柴島浄水場の桜と踏切

柴島(くにじま)浄水場の両側を走る阪急京都線と千里線は高架化が決定しています。柴島浄水場は桜並木でも有名な場所。高架になるまでにあと何回桜並木を歩けるだろう。

P1140060.jpg
ここは淡路駅と崇禅寺駅の間、京都線のハラカイ踏切です。桜が満開です♪

P1140073.jpg
ここから線路沿いにずっと歩いていけます。

P1140087.jpg
数日前の写真ですけどほぼ満開でした♪

P1140063.jpg
ここは交通量も結構多いところ。

P1140070.jpg
個人的にも好きな場所です。特にこの季節がいいですね。

P1140072.jpg
この歩道橋もエエ感じ。

DSC02921.jpg
ところでこの「ハラカイ」ってどこからきているんでしょう?


ここは大宮通踏切
P1140122.jpg
柴島駅のちょっと淡路駅寄りです。向こうに見えるのはさっきの京都線ですよ。

P1140193.jpg
こちらは千里線なので地下鉄堺筋線の電車も通ります。

P1140097.jpg
この季節は柴島浄水場の敷地の一部が開放されています。

P1140103.jpg
左の線路が高架になるとどんな風景になるのだろう。しっかり見納めしておかないと。

P1140165.jpg
ここは濾過池踏切。「ろかいけ?」と思ったのですが、「ろかち」と読みます。濾過池とは上水道の水を浄化するための貯水池のこと。

P1140168.jpg
右端の白い建物は浄水場の施設です。この施設の奥に今も濾過池があります。ところでこの場所、昔は下を水路が流れていたのかな?

P1140196.jpg
ここは柴島駅。この駅も高架駅になります。スカイビルが向こうに見えますね。不思議な風景や。結構離れているのに…。

P1140208.jpg
ここは柴島踏切。この踏切より南側の線路沿いの土地は買収が進んでおりフェンスで囲われています。

P1140197.jpg
柴島駅より淡路駅側の道も整備が行われる予定になっています。

P1140154.jpg
ということはこういう古い地蔵尊や石碑はどうなるんだろう?

P1140177.jpg
この道路沿いの家々も整備されちゃうのかな?
阪急電鉄の「連続立体交差事業」は平成29年に完成予定です。
これからこの辺りはどんどん変わっていくのですね。


大きな地図で見る


(おまけ)
P1140090.jpg
4月10日まで水道記念館でお茶とお菓子を用意しているそうですよ^^

DSC05470.jpg
崇禅寺駅近くの歩道橋から♪

■人気ブログランキング■へ ぽちっと♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif

このエントリーをはてなブックマークに追加

囲まれた柴島

2008年09月21日 10:30

周りを囲まれた柴島

西と北は柴島(くにじま)浄水場、東と南を淀川の堤防で囲まれ、地理的に取り残されたような地域の柴島。昔は綿花の栽培が盛んな地域だったようで、現在でも懐かしい風景が残っています。

ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■

P1030410.jpg
どこか懐かしさが漂う地域です。まずは柴島神社に行ってみました。

P1030787.jpg
夕方の西日をあびてエエ感じ。

P1030355.jpg
これは何だろう?「皇太子殿下御降誕記念」と刻まれています。裏を見ると昭和10年に建てたようです。今の天皇陛下のご誕生記念でしょうか。

P1030358.jpg
神社の境内に「柴島晒(さらし)ゆかりの地」の碑がありました。

P1030359.jpg
江戸時代、柴島地域は綿花の栽培が盛んで、淀川の流れを利用して木綿を洗い、それを干して乾燥させ、陽にあてることで白く加工する晒(さらし)業が営まれていたそうです。

P1030360.jpg
柴島神社の本殿です。

P1030367.jpg
由緒はかなり古そう。鎌倉時代の1232年までさかのぼります。

P1030796.jpg
境内に柴島地域の歴史がわかりやすく解説されていました。

P1030795.jpg
柴嶋城があったようですね。十河一存(そごうかずまさ)が築いた城のようです。昔の柴島神社の写真と古地図もあって歴史好きにはうれしいですね。

P1030794.jpg
淀川改修工事の為に神社を移築したことなどが書かれています。この神社は明治32年にこの地に移築されたようですね。

kunijima.jpg
これが移築前の旧柴島神社です。

kunijima_02.jpg
明治18年測量の地図に神社の記号が確認できます。おそらくここが旧柴島神社があった場所だと思います。萬福寺は昔からあるお寺です。参考までに現在の柴島神社の位置も入れました。

kunijima_03.jpg
昭和4年測量の地図です。旧柴島神社は河川敷によってなくなってしまいました。柴島浄水場は1914年(大正3年)に完成しています。それにより柴島地域は周りを囲まれてしまいました。

kunijima_05.jpg
ちなみに現在はこんな感じ。

P1030391.jpg
ここは昔から柴島にある萬福寺。

P1030393.jpg
曹洞宗法華寺。この寺は淀川改修工事でこの地に移ってきたました。「摂津国分尼寺伝承地」の碑がありました。こちらも由緒あるお寺です。

P1030400.jpg
旧薬師堂村の薬師如来です。薬師堂村は淀川改修工事でなくなってしまいました。その時にこの地に移されたのだと思います。旧薬師堂村の人たちもこの地域にも移住したのでしょうか。

P1030350.jpg
町を歩いていると古いものがいろいろ残っています。十一面観音菩薩と子安地蔵尊が祀られています。

P1030383.jpg
これも古そうな地蔵尊です。

P1030376.jpg
柴島神社に説明が書かれていましたが、ここが柴島城址だそうです。普通の住宅地でした。

P1030368.jpg
ちょっとエエ感じの民家。

P1030370.jpg
こんな旧家も残っていました。ただ周りの家が壊され駐車場に囲まれていました。

P1030389.jpg
柴島湯です。最近の私の記事にはなぜか銭湯がよくでてきます。


■人気ブログランキング■への応援お願いします。
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif