このエントリーをはてなブックマークに追加

十三の由来 6

2008年09月05日 10:10

十三の由来 6 「地名伝承学論」篇

古代の文化遺産としての地名研究と保存につとめておられる池田末則氏の著書に『地名伝承学論』があります。その中で『十三』についても書かれていますので簡単にまとめてみました。

ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■

○「十三(じゅうそう)」駅はツツミ(川堤)の義で、淀川流域の湿地帯であった。(P47)

○大阪市内の十三(じゅうそ)は淀川堤の十三(つつみ)のことであるが、十三をトミと読み、富神社が建てられ恵比寿(市の神)を祭神とするなど、地名用字から信仰が起こった。(P137)

○大阪市淀川区の町名、「十三(じゅうそう)」は淀川の「堤(つつみ)」で、『玉勝間』には「文選の古き訓に十をツツと訓めり」とみえ、「十三(ツツミ)」は「十楚(じゅうそ)」「重相」「十相」「十増」とも書いた(『大和地名大辞典』)。(P222)

『地名伝承学論ー補訂(クレス出版)』より

池田氏の著書によると、奈良・平安時代に官による地名の改変命令があったそうです。それは中国風に漢字二字にし、好字(こうじ)、嘉名(かめい)で整えよというものでした。この時に全国のかなりの地名が変わってしまったそうです。また日本各地に「十三(トミ)塚」にかかわる地名が約300もあるそうで、そのことについても推考されています。その関連で上記の事が書かれていました。

淀川改良工事前の「十三」は今の場所ではなく、中津川の南岸の堤付近にありました。奈良・平安時代にその場所がどう呼ばれていたかの資料は見つけられませんが、「堤(つつみ)」と呼ばれていた可能性は否定できません。その「つつみ」という呼び名を「十(つつ)」「三(み)」として、漢字をあてたのでしょうか。

ただし、元の十三があった地域に富(とみ)神社やえびす神社は確認できませんでした。地域の神社は歴史ある鷺嶋神社で、少し離れた場所に小さい兵衛府神社が確認できます。現在、神津神社の境内に十三戎神社がありますが、これは戦後勧請されたもので「十三-トミ-富」と縁起のいい名前なので、1月の十日戎は毎年賑わっています。


juso800.gif
明治18年測量の地図です(着色してみました)。赤い地域が十三と呼ばれていた地域です。地図を見ると、北対岸は村から離れており、堤の辺りは人家が少ししかありません。その中に今里屋久兵衛がありました。すぐ三差路になっていて、左は中国街道、右は能勢街道と合流していました。

juso430.gif
中津川はくねくね蛇行していたので、大雨の時はよく氾濫し下流域は洪水に悩まされていました。淀川改良工事は明治29年の「河川法」制定とともに国直轄事業として始まり、淀川下流の神崎川、大川、中津川を1つの大放水路にまとめる工事などを実施し明治42年工事は完了しています。この時に地図上から十三の地名はなくなりました。ところが、明治43年に開通した箕面有馬電気軌道が淀川北岸の堤防の上に設置した駅名に「十三」という名前をつけます。これが新しい十三の始まりです。

juso1911.jpg
明治44年の地図 「實地踏測大阪市街全圖(日文研)」より
当時は堤防の上に十三駅が設置されました。大正5年に現在の位置に移動しています。大正14年に東淀川区が誕生し、「十三東之町」と「十三西之町」という地名が生まれました。町名に十三が復活したのはこの時です。十三橋は今の十三大橋の先代の橋です。

P1030045.jpg
中津の富島神社にある十三思昔会の碑です(裏側)。淀川改良工事で旧十三町民がばらばらになり、旧町民の人達が発起し大正10年に建てました。

P1030042.jpg
十三思昔会の文字が確認できます。


■人気ブログランキング■への応援お願いします。
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif


(関連サイト)
『元の十三の場所』
『十三あん焼と十三焼餅』
『忘れられた鷺嶋神社』

スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

十三の由来 5 

2008年03月26日 00:00

十三の由来 5 摂津国絵図篇

摂津国で最も古い絵図は、慶長十年(1605)の摂津国絵図だそうです。この絵図には、郡ごとに色を変えて郡の範囲と村々の位置が示され、郡名・村名・村高やほかに山・河・海の地形、主要な街道、一里塚のしるし、名所旧跡等が描かれています。西宮市立中央図書館で複写が見れるということで見てきました。

続きを読む前にクリック。→ [人気ブログランキング]
いつもクリック ありがとうございます。


juso001.jpg
「慶長十年摂津国絵図」より
原本の複写プリントが見れるのですが、ピントが合っていませんでした。細かい文字が読みにくいのが残念です。モノクロコピーをさせていただきました。「十祖村」の文字が見えますでしょうか。

juso005.jpg
コピーでは文字が読みにくいので書き起こしました。川は中津川です。赤い太いラインは中国街道です。渡しの文字がありませんが、ここは間違いなく十三の渡しの場所です。「十祖村」の文字が不思議な感じがします。

juso003.jpg
「慶長十年摂津国絵図」より
こちらは小さい複写プリントのコピーです。こちらの方がまだピントが合っています。下の部分が切れているのが残念…。「十祖村」と読めます。が、「十租村」と読めなくもないです。ピントが甘いのが悔まれます。

juso004.jpg
「摂津国の元禄国絵図の模写本」より
元禄十五年(1702)に描かれている絵図です。村の名前がかなり変わっています。慶長十年から約100年経っています。この絵図では、川の中に拾三舟渡の文字が確認できます。

簡単にまとめると…
「慶長十年摂津国絵図」に書かれた村名が正しいとすれば、1605年頃、「十祖村」という名前の村が存在し、渡しもその村にありました。1691年頃の「大坂大絵図」では「ぢうそう渡」と記されており、1701年刊行の「摂陽郡談」では「十三」の文字が記されています。また、1702年頃の絵図には「拾三舟渡」という文字も確認できました。この時代のあたりで「十三(じゅうそう)」というけったいな地名?ができあがったのではないでしょうか。みなさんはどう思われますか?

※情報をいただいた西岡氏に感謝いたします。

P1060706.jpg
夙川沿いにある西宮中央図書館。環境のいい場所にあります。

※「慶長十年摂津国絵図」は西宮市と兵庫県の指定文化財です。毎年11月3日に指定文化財を観覧できるそうです。

P1060718.jpg
もうすぐですね。今年は、久しぶりに夙川の桜並木を散歩してみようかな。



応援よろしくおねがいします→ [人気ブログランキング]

ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

十三の由来 4 

2008年03月23日 00:00

十三の由来 4 呼び方篇

「十三」という地名の由来を調べていく中で、一番古い記載は元禄十四年(1701年)に刊行された「摂陽郡談」であると以前書きました。しかし、当時それを「じゅうそう」呼んでいたかはわかりませんでした。読み方についての手がかりを偶然見つけました。

続きを読む前にクリック。→ [人気ブログランキング]
いつもクリック ありがとうございます。


P1060175.jpg
中之島で見つけた道標です。道が二又に分かれている場所にあります。寛政十一年(1799)に建てられたと記されていました。「右ハ 梅田 十そう 大仁 尼がさ紀 左り 安治川 やぐら迄十七丁程」と記されています。

hi01.jpg
「十三」ではなく「十そう」と刻まれています。旅人にとって「十三」は読みにくいので、「十そう」としたのでしょうか。この時代、「十三」は「じゅうそう」と呼ばれていたことがわかります。


大きな地図で見る
石碑の場所です。ちょうどとなりで中之島ダイビルが建設中です。

map001.jpg
明治19年の地図です。石碑のとおり、右に曲がり道なりにいくと大仁(だいに)村にたどり着きます。そこから、十三へ向う道と尼崎方面へ行く道に分かれます。尼崎方面へ行く道は野里の渡しを渡ることになります。


もうひとつ、呼び方の手がかりを見つけました。

元禄4-1691
元禄四年(1691)の大坂大絵図です。何度かみていた地図なのですが、この地図にもちょっとした発見がありました。

jiuso.jpg
川の中に「ぢうそう渡」の文字が確認できます。成小路村から渡し舟が出ていて、ここが十三の渡しだと分かっていたのですが、「十三」の文字がなかったのでこの地図を重要視していませんでした。この地図は「摂陽郡談」より少し古い1691年です。

今回、元禄四年、西暦1691年には、「十三」を「ぢうそう」と呼んでいたことが分かりました。さて、この先どこまでさかのぼれるのでしょうか。

(関連ページ)
十三の由来3 摂陽郡談篇

応援よろしくおねがいします→ [人気ブログランキング]

ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。