このエントリーをはてなブックマークに追加

100年前の淀川改良工事

2008年09月29日 06:00

淀川改良工事って?

明治元年、大阪開港条約が発布され、大阪港はいち早く門戸を外国に開放しました。政府は当初、川口波止場を新設します。しかし、旧淀川からの土砂が堆積し船舶の航行を妨げ、数年後には全ての外国船は神戸に奪われてしまいました。そのような背景があり、安治川口に一大築港を起こそうとする機運が高まったのです。その設計に3人のオランダ工師があたり、その中にデレーケがいました。デレーケは大阪築港事業は淀川改修が不可欠であると説きます。これがのちの淀川改良工事に発展していくことになるのです。

デレーケの報告書をベースに、淀川改良工事の実施計画概要を完成させたのは日本人技術者です。そのリーダが沖野忠雄でした。改修工事は全区域を5つの地域に分けて説明しています。

1、瀬田川の工事 
川幅を広く水深を深くし、南郷洗堰を設置し、琵琶湖の水位を調節する。

2、宇治川筋の工事
三川合流点付近で、宇治川を付替え、桂川の合流点を八幡まで下げ、巨椋池を切り離す。

3、八幡町から佐太間の淀川筋工事

4、淀川下流域に新淀川を開削、大川との分岐に毛馬洗堰閘門を設置。

5、長柄運河を開削し、六軒屋閘門伝法閘門を設置。

この計画書は明治27年に土木局に提出され、デレーケも検討しているようです。明治29年、この工事を実施する為、新たに河川法が公布、直ちに起工されたのでした。

yodo_001.jpg
明治18年測量の地図です。淀川本流は長柄で中津川と淀川に分かれます。両河川ともくねくねしていて、この地域の人たちは昔から洪水に悩まされていました。明治に入っても、明治3年、5年、6年、9年、15年と大洪水がおこり、そして明治18年の洪水は大阪市内の30を越える橋をことごとく流し去るなど、壊滅的な大惨事を引き起こしました。

kozui_02.jpg
「おおさか100年」より
明治18年の大洪水で流された天満橋。向こう岸が天満。右の煙突は造幣局の辺りかな。この下流(左方向)の天神橋、難波橋、栴檀木橋、大江橋、淀屋橋、肥後橋などほとんどの橋が流されました。

kozui_01.jpg
「大阪市100年」より
明治18年の安治川橋です。左端に写っている橋です。上流から橋梁の木材片が流されてきてここに溜まっています。中央の大きな橋も上流から流れてきたもののようです。右が上流。手前が川口居留地になります。向こうに大きな船が見えますね。安治川橋の橋脚はしっかりと石で出来ていて、橋は鉄製なので持ちこたえていたのでしょう。その後市内に洪水の恐れが生じたため工兵隊により爆破撤去されたそうです。この大水害で淀川改修の声が急速に高まります。

yodo_003.jpg
現在の淀川です。

yodo_002.jpg
重ねるとわかりますが、海老江、伝法、姫島、野里など主要な地域をうまく避けて新淀川は開削されています。残念なのは、中津地域より上流では多くの村が川に沈みました。旧十三地域もそのひとつです。

デレーケ
「淀川百年史」より 明治13年に撮影されたデレーケの写真です。淀川改良工事の起工式にデレーケの姿はありませんでした。明治30年頃は日本人技師が技術を身につけていました。政府はもう外国人技師を必要としていなかったのです。

DSC03744.jpg
毛馬旧閘門の所にある沖野忠雄像

DSC03752.jpg
来年大阪で開催される『水都大阪2009』は淀川改良工事100年記念イベントです。

P1070741.jpg
私が小学生の頃、地図には「新淀川」と書かれていたと思います。いつから「淀川」になったのかな。


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

十三大橋の架橋工事 2

2008年01月24日 00:00

十三大橋の架橋工事 2

鋼材架設工事は、昭和6年4月17日から昭和6年10月31日まで行われました。この工期の延べ作業員の数は18,212人。その内、11,791人が鳶職人でした。

お手間でなければ<人気ブログランキング>をクリックお願いします。

鉄材は八幡製鉄所で製造されました。架設工事は大阪鉄工所、日本橋梁、汽車製造、横河橋梁製作所の4社が行い、タイドアーチ五連の組立て会社は中津側より、横河橋梁(一連)、汽車製造(二連)、横河橋梁(一連)、汽車製造(一連)。板桁橋は中津側が大阪鉄工所、十三側を日本橋梁がそれぞれ手がけています。架設工事は、タイドアーチを十三側から始め、次に両側のガーダー組立てを同時に開始しました。

007.jpg
アーチ組立 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
十三側から見た写真だと思われます。アーチに木製の足場が設置されています。あまりにもシンプルな足場なのがちょっとびっくりです。なんか怖そう。


006.jpg
アーチ組立 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
タイドアーチの材料は舟より直接吊揚げ、主構の組立てには鉄製デリックが使用されていたようです。

005_20080123213029.jpg
ガーダー組立 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
十三側です。左のアーチの天辺に鳶職人さんが見えます。さすがです。


004_20080123213021.jpg
ガーダー鉄骨 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
なるほど。橋の中はこんな感じで鉄骨が組まれていたんですね。煙突みたいなものは何なんでしょうか?

003_20080123213013.jpg
橋床工事 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
橋床工事は昭和6年9月11日から昭和7年1月15日まで行われました。この写真、ちょうど橋の歩道から撮影されています。普段歩いて渡る時と同じ目線ですね。

002_20080123213006.jpg
アスファルトブロック舗装工事 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
当初はブロックを一つづつ組んでいたんですね。中津側から十三側までこのブロックを敷きつめていたのでしょうか。すごいです。歩道が今より広いような感じがします。

001_20080123212958.jpg
新旧橋対照 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
できたてホヤホヤです。照明器具がおしゃれですね。歩道は人が歩くだけで、自転車は車道です。現在の法律でもそれが正しいらしいですけど、今の十三大橋の車道は自転車では走れないですよね。




ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

十三大橋の架橋工事 1

2008年01月20日 00:00

十三大橋の架橋工事 1

十三大橋の架橋工事は、昭和5年1月着工し、昭和7年1月に竣功しました。旧十三橋と阪神急行電鉄橋梁との間に架かり、長柄運河に架す十三小橋と合わせて架けられ、全長736メートル、幅員20メートル、大阪を代表する橋の一つです。

お手間でなければ<人気ブログランキング>をクリックお願いします。

橋の土台部分は、大林組が手がけました。橋脚と橋台工事の工期は昭和5年1月6日から同年12月30日まで。この期間の作業員は52,302人。全体の工期の約半分を橋台と橋脚の工事にかけています。橋脚の間隔は、岸に近い部分は33メートル、アーチの部分では65メートルです。これは河川水流の抵抗を少なくするため、すぐ上流の阪神急行電鉄の橋脚と位置を合わせるようにしたためだそうです。ただし、電車の橋脚と比べて、間隔は2倍だそうです。

01.jpg
昭和5年8月1日 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
タイトルに「洪水の景」と書かれています。かなり水位が高いですね。基礎?が出来上がったところのようです。その後、この上に鉄筋コンクリートの橋脚が造られることになります。

02.jpg
低水敷橋脚工事 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
写真の右手前から橋脚まで、仮設の橋が見えます。これで人が移動していたのですね。左端に小屋がありますが、ここにコンプレッサーが設置されています。

05.jpg
コンプレッサー台船と病院船 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
川の中の橋脚工事は水対策が一番大変だったのではないかと思います。危険な作業現場なので病院船も必要だったんでしょうね。
私は、個人的にこの写真の後ろの風景が気になっているんです。後ろにある森は塚本の八坂神社跡の森だと思います。八坂神社の写真はずっと探しているんですが、なかなか見つかりません。いつか八坂神社の写真に出会いたいものです。

06.jpg
コンプレッサー 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
この狭い空間にこれだけ大きなコンプレッサーが設置されていると、稼動しているときはかなりの騒音と熱気だったのではないかと思います。

03.jpg
洪水敷橋脚工事 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
中津側の河川敷はかなりの面積を埋め立てていたんですね。敷地内に線路が見えますね。工事の材料はトロッコで運んだのでしょう。十三橋を渡る人は多いですね。

04tate.jpg
大橋橋台工事(下部鉄筋) 「十三大橋竣功記念写真帖」 より
コンクリートが流し込まれています。この時代は当然ミキサー車などはないですから、人力で作業をしていたのでしょうか。

P1020856.jpg
今の十三大橋です。完成後約75年経ちます。この時代の橋の耐久年数ってどれくらいなんでしょうね。まだまだ大丈夫そうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ  ←ここにも参加しています。クリックお願いします。