このエントリーをはてなブックマークに追加

商船三井ビルが耐震補強工事へ

2012年01月26日 00:01

商船三井ビルが
耐震補強工事へ!

今後もオフィスビルとして使用

神戸の商船三井ビルが解体されずに大規模な耐震補強工事を施し、今後もオフィスビルとして使用することを決めたようです。すばらしい英断。かなりうれしいニュースです。

商船三井ビル現役続行、耐震補強へcache 神戸新聞

shosen_01.jpg
商船三井ビルディングは、商船三井の前身「大阪商船」が大正11年(1922)に神戸に建てたビル。設計は渡辺節氏です。ちょうど同じ時期の大正12年(1923)、大阪でも大阪商船・宇治川電気・日本電力の3社が共同でビルを建てるために株式会社大阪ビルヂングを設立しています。

shosen_02.jpg
ダイビル本館が竣工したのは大正14年(1925)、こちらの設計も渡辺節氏でした。商船三井ビルディングとダイビルは兄弟ビルのようなものなのです。しかし、ダイビル本館は残念ながら2010年に解体され、現在新しいダイビル本館が建設中です。

商船三井ビルディングは今年で誕生90年。
そんな節目の年に、保有する商船三井は大規模な耐震補強工事を施し、今後もオフィスビルとして使用することを決めました。なんとすばらしい大英断!

ここ数年、旧ダイビルや新ダイビル、大阪中央郵便局や旧精華小学校など重要な建物の建替え話が多かったですが、久しぶりにいいニュースですね。


(追記)
先日、近くを通ったのでちょっとだけ写真を撮ってきました。
カッコイイ!
IMG_7546_5.jpg

IMG_7551_5.jpg

IMG_7553_5.jpg

IMG_7548_5.jpg

IMG_7556_5.jpg

IMG_7540_5.jpg


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト