このエントリーをはてなブックマークに追加

京街道を歩く・淀城跡・納所

2012年02月04日 21:00

京街道を歩く(32)
淀城跡・納所

nouso_05_20120129225500.jpg
明治23年測量の地図です。
淀小橋の下を流れるのは旧宇治川、赤い印は妙教寺。
宇治川沿いの道は伏見街道、桂川に架かる橋を渡れば西国街道と繋がります。

nouso_02.jpg
現在の地図と重ねると

nouso_03.jpg
このようになる。

nouso_05.jpg
さらに川や堀の跡などが分かりやすいように色を付けてみた。明治以降、大きく土地が変化した地域だということがよくわかる。

IMG_3781_5.jpg
淀城跡にある與杼(よど)神社です。

IMG_3782.jpg
与杼(よど)神社という漢字も使われているようですね。元は桂川の対岸、水垂(みずたれ)村の神社で、明治33年(1900)の淀川改良工事でこの地に移されました。

IMG_3783.jpg
拝殿は国の重要文化財のようです。

IMG_3787_5.jpg
こちらが拝殿。慶長12年(1607)に建造されています。

IMG_3788_5.jpg
こちらが本殿。
本殿も重要文化財だったようですが、未成年者達の花火遊びにより昭和50年に焼失してしまったのだとか。

IMG_3785_5.jpg
久しぶりに訪れたのですが、境内が駐車場になっていて驚いた。

IMG_3793_5.jpg
與杼神社の横にも小さな神社がある。こちらは稲葉神社。

IMG_3791.jpg
淀藩稲葉家の祖、稲葉正成公が祭神だそうです。

IMG_3825_5.jpg
淀城跡の碑。

IMG_3803.jpg
淀城は徳川二代将軍秀忠の命により松平越中守定綱が築城、寛永2年(1625)に竣工しています。その後、諸大名が次々と入城し、享保8年(1723)、春日局の子孫・稲葉丹後守正知が城主となり、明治維新まで稲葉氏の居城となっていました。ちなみに淀君ゆかりの淀城はこの地ではなく、納所の妙教寺がその場所だといわれています。

IMG_3802_5.jpg
ここに石柱が集められている。

IMG_3799.jpg
唐人雁木跡の碑と解説板がある。

gangi_s.jpg
ですが、実際に雁木があった場所はかなり離れた場所です。

IMG_3816_5.jpg
現在の淀城跡には石垣と堀の一部しか残っていません。

IMG_3812_5.jpg
手前は井戸の跡。
石を落とすとポチャンと音が鳴ります。以前、おじさんが案内してくれました。

IMG_3821_5.jpg
こちらは天守台跡。柵があって中へは入れません。

IMG_3867_5.jpg
電車から見るとこんな感じです。

IMG_3811_5.jpg
天守台下の石垣。

IMG_3834_5.jpg
昔は水辺に浮かぶような城でしたが、今は堀の一部がわずかに残るのみです。

さて、
IMG_3876_5.jpg
ここは淀小橋の北詰です。

IMG_3877_5.jpg
淀小橋旧跡の碑。
旧地図を見ると京街道はこの先を逆L字に曲がっている。

IMG_3880_5.jpg
逆L字の角が道路になっている。
ここを下りて向かいにある階段を上ります。

IMG_3885_5.jpg
階段を上ったところ。

IMG_3884_5.jpg
ここをまっすぐ行きます。

IMG_3889_5.jpg
もう一度鋭角に曲がる場所です。右から来て向こうに進みます。

IMG_3891_5.jpg
角の家の玄関先に納所村道路元標の碑があった。

IMG_3893_5.jpg
浄土真宗 法行寺。

IMG_3901_5.jpg
さりげなく十三重塔がある。

IMG_3902_5.jpg
土地柄なのでしょうか。
お地蔵さんをよく見かけます。

IMG_3903_5.jpg
それも化粧の濃いお地蔵さん。

IMG_3904_5.jpg
少し行くと小さな橋がある。

IMG_3906_5.jpg
五番ノ橋。

IMG_3910_5.jpg
明治45年(1912)に竣工した石橋です。
今年でちょうど100年ですね。

IMG_3907_5.jpg
川下には五番樋門がある。

IMG_3914_5.jpg
この辺りは納所(のうそ)と呼ばれる地域。
古来より淀川水運の主要な中継地のひとつでした。

IMG_3954_5.jpg
この路地の奥に寺がある。

IMG_3924_5.jpg
こちらは念仏寺。

IMG_3925_5.jpg
本殿前にあるのは枝垂れ桜でしょうか。

IMG_3931_5.jpg
境内には薬師堂と地蔵堂がある。

IMG_3937_5.jpg
突き当たりにもうひとつ寺がある。

IMG_3939_5.jpg
こちらが妙教寺。

IMG_3953_5.jpg
淀殿が住まわれた淀城のあった場所だといわれています。
淀殿とは豊臣秀吉の側室で浅井長政の娘、茶々ですね。

IMG_3943_4.jpg
淀城があったのは400年以上前なので遺構などは残っていません。

IMG_3945_5.jpg
それほど古くない石碑が残るのみです。

史跡 
淀古城跡 此所は戦国時代の始細川管領家が築城し薬師寺与一岩成左通淀君らの居城となった淀古城跡である
戊辰役砲弾貫通跡 慶應四年正月四日戊辰役の際東軍砲弾の飛来で本堂を貫通したその弾痕がある

IMG_3960_5.jpg
先に行きましょう。

IMG_3956_5.jpg
こちらにも綺麗に着色されたお地蔵さんが。

IMG_3964_5.jpg
ゆるやかなカーブ。

IMG_3961_5.jpg
そこにもお地蔵さんが祀られている。

IMG_3963_5.jpg
こちらは真っ白なお顔。

IMG_3969_5.jpg
納所の一番端の辺りに小さな祠があった。

IMG_3971_5.jpg
三宅神社。

IMG_3975_5.jpg
新しい枝葉が供えられていた。

IMG_3980_5.jpg
納所を過ぎ、次は横大路に向かいます。



より大きな地図で 新之介の京街道 を表示


(守口~京橋~高麗橋)
42.京街道を歩く・高麗橋
41.京街道を歩く・京橋
40.京街道を歩く・関目・野江
39.京街道を歩く・土居・今市・森小路
38.京街道を歩く・守口~京橋の地図
(守口~京へ)
1.京街道を歩く・守口の文禄堤
2.京街道を歩く・難宗寺・盛泉寺
3.京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺
4.京街道を歩く・八坂瓊神社・大庭七番
5.京街道を歩く・大日村
6.京街道を歩く・大庭五番・大庭二番村
7.京街道を歩く・大庭一番・佐太天神宮
8.京街道を歩く・来迎寺と松
9.京街道を歩く・仁和寺村
10.京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡
11.京街道を歩く・太間・茨田堤の碑
12.京街道を歩く・河内名所図絵
13.京街道を歩く・木屋・鞆呂岐神社
14.京街道を歩く・出口
15.京街道を歩く・出口・光善寺
16.京街道を歩く・枚方宿
17.京街道を歩く・枚方宿・鍵屋
18.京街道を歩く・枚方宿・万年寺跡
19.京街道を歩く・淀川両岸一覧・枚方駅
20.京街道を歩く・枚方宿・岡・岡新町
21.京街道を歩く・天ノ川・磯島
22.京街道を歩く・渚の院・御殿山神社
23.京街道を歩く・三栗・阪・片埜神社
24.京街道を歩く・下島・上島・樋之上
25.京街道を歩く・樟葉
26.京街道を歩く・樟葉宮旧跡・交野天神社
27.京街道を歩く・樟葉台場跡・久修園院
28.京街道を歩く・橋本
29.京街道を歩く・橋本~御幸橋
30.京街道を歩く・石清水八幡宮
31.京街道を歩く・美豆・淀
32.京街道を歩く・淀城跡・淀納所
33.京街道を歩く・富森・横大路
34.京街道を歩く・下鳥羽・月の桂
35.京街道を歩く・鳥羽伏見の戦いと下鳥羽
36.京街道を歩く・上鳥羽
37.京街道を歩く・東寺


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

京街道を歩く・枚方宿

2011年11月14日 08:00

京街道を歩く(16)
枚方宿の入口

hirakata_006.jpg
明治21年測量の地図です。
枚方が淀川の港町であったことがよくわかる。
浄念寺の右の所から道が北にのびている。その先が渡し場です。

hirakata_002.jpg
現在の地図と重ねると鉄道が枚方丘陵と街道の狭い隙間を通っているのがわかる。

hirakata_003.jpg
現在です。

IMG_3487_4.jpg
出口方面から京街道を歩いて来ると、大きな道路に差し掛かった。国道170号線の枚方大橋南詰め。

IMG_3488_4.jpg
横断歩道を渡りこの細い道を行きます。これが京街道。

IMG_3490_4.jpg
細い水路の橋を渡る。

IMG_3492_4.jpg
旧地図を見るとまわりに池があったようだ。

IMG_3493_4.jpg
突き当たりに石積みが現れた。
これは昔の堤防跡です。この上を淀川に沿ってもう片方の京街道を通っている。

IMG_3494_4.jpg
旧堤防沿いのなだらかな坂を上がっていきます。

IMG_3498_4.jpg
ここが京街道が分かれる三叉路。左の道から来ましたが、大阪方面へは、右に行くと淀川の堤防沿いを歩くことになり、左に行くと出口村を通ることになります。

IMG_3496_4.jpg
ここに道標があった。新しいものですが。

IMG_3500_4.jpg
さて、枚方宿に向かいましょう。

IMG_3503_4.jpg
この辺りも古い家が残っていますね。

IMG_3505_4.jpg
うだつがいいアクセントになっている。

IMG_3507_4.jpg
昔は商店が並んでいたのでしょうか。

IMG_3508_4.jpg
桜湯という銭湯があった。どうも廃業されてるようですね。

IMG_3509_4.jpg
昔はよく見かけた郵便の看板。

IMG_3512_4.jpg
米・燃料・タケダ・食品の看板。
昔のお米屋さんは燃料も売っていましたね。練炭とか豆炭とか灯油とか。
食品はタケダのいの一番やプラッシーとかでしょう。
米屋の息子の私が言うのだから間違いない … ^ ^

IMG_3513_4.jpg
蔵の前の植木鉢がなんかよい風景だ。

IMG_3510_4.jpg
まだアゲハが飛んでる季節です。

IMG_3514_4.jpg
突き当たりの場所。

IMG_3515_4.jpg
その角に寺がある。

IMG_3516_4.jpg
浄土真宗 誓願寺。

IMG_3517_4.jpg
山門脇に地蔵堂があった。
この道を行くと旧伊加賀村です。

IMG_3518_4.jpg
こちらの道は京阪「枚方公園」駅に続く。

IMG_3519_4.jpg
突き当たりの道を左に行くと案内看板が現れる。
この先は淀川になります。

IMG_4271_4.jpg
堤防の上を走る道路脇にある「明治十八季淀川洪水碑」。
淀川改良工事のきっかけにもなった明治18年の淀川大洪水の決壊場所はこの辺りのようですね。

IMG_4273.jpg
この説明板にとても興味深い事が書かれていた。
「…決壊箇所は水深5.5メートルもあり、水勢も激しいことから、旧堤防から後退して弓形に仮堤防が築造されました…」とある。旧地図の測量は明治21年。旧伊加賀村の左側に大きな湾があるのですが、それがこの時に作った仮堤防のようです。ということは5枚目の写真の堤防跡と書いたのは仮堤防の跡だったのか。その前の写真で池があったと書いたが、その池は洪水の名残かもしれない。

IMG_4261_4.jpg
こちらにも立派な石碑がある。

IMG_4263_4.jpg
これは郵便屋の渡し跡の碑。

IMG_4262.jpg
明治10年、対岸に官営鉄道が開通したことにより淀川左岸一帯の郵便物はこの渡しで高槻駅まで運んでいたようです。ちなみに京阪電気鉄道が開通したのは明治43年です。(どうでもいいことですが、高槻駅の開業は明治9年だと思うのだが…)

IMG_4265_4.jpg
石碑の横から古い建物が見える。
これが有名な鍵屋。昔は建物の前は淀川で敷地の中まで船が入っていました。

IMG_4264_4.jpg
さて、再び京街道へ。

IMG_3520_4.jpg
ここが枚方宿の西見付。
見付とは番所のことで、ここに高札場がありました。
ここから枚方宿を歩いていきます。

(追記)
IMG_2119_5.jpg
三つ又の道を大阪方面へ歩くとこのような場所に来る。

IMG_2056_5.jpg
横道に入っていくと

IMG_2062_5.jpg
地蔵尊がある。その奥には樋門跡があります。

IMG_2059_5.jpg
ちなみにこちらのお地蔵さんはしろぬりのお顔でした。

IMG_2068.jpg
ここは合同樋門があった場所。

IMG_2103_5.jpg
現在は公園として整備されています。

IMG_2093_5.jpg
かつてあった伊加賀川かもと思っていたのですがそうではないようです。

IMG_2109_5.jpg
この橋の名前はなんだろう?
かつてあった伊加賀橋を探していたのですがわかりませんでした。

IMG_2118_5.jpg
たもとには京街道の碑。

IMG_2117_5.jpg
この辺り、かつての色街でもあります。



より大きな地図で 新之介の京街道 を表示


(守口~京橋~高麗橋)
42.京街道を歩く・高麗橋
41.京街道を歩く・京橋
40.京街道を歩く・関目・野江
39.京街道を歩く・土居・今市・森小路
38.京街道を歩く・守口~京橋の地図
(守口~京へ)
1.京街道を歩く・守口の文禄堤
2.京街道を歩く・難宗寺・盛泉寺
3.京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺
4.京街道を歩く・八坂瓊神社・大庭七番
5.京街道を歩く・大日村
6.京街道を歩く・大庭五番・大庭二番村
7.京街道を歩く・大庭一番・佐太天神宮
8.京街道を歩く・来迎寺と松
9.京街道を歩く・仁和寺村
10.京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡
11.京街道を歩く・太間・茨田堤の碑
12.京街道を歩く・河内名所図絵
13.京街道を歩く・木屋・鞆呂岐神社
14.京街道を歩く・出口
15.京街道を歩く・出口・光善寺
16.京街道を歩く・枚方宿
17.京街道を歩く・枚方宿・鍵屋
18.京街道を歩く・枚方宿・万年寺跡
19.京街道を歩く・淀川両岸一覧・枚方駅
20.京街道を歩く・枚方宿・岡・岡新町
21.京街道を歩く・天ノ川・磯島
22.京街道を歩く・渚の院・御殿山神社
23.京街道を歩く・三栗・阪・片埜神社
24.京街道を歩く・下島・上島・樋之上
25.京街道を歩く・樟葉
26.京街道を歩く・樟葉宮旧跡・交野天神社
27.京街道を歩く・樟葉台場跡・久修園院
28.京街道を歩く・橋本
29.京街道を歩く・橋本~御幸橋
30.京街道を歩く・石清水八幡宮
31.京街道を歩く・美豆・淀
32.京街道を歩く・淀城跡・淀納所
33.京街道を歩く・富森・横大路
34.京街道を歩く・下鳥羽・月の桂
35.京街道を歩く・鳥羽伏見の戦いと下鳥羽
36.京街道を歩く・上鳥羽
37.京街道を歩く・東寺


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡

2011年10月15日 14:30

京街道を歩く(10)
点野と茨田樋遺跡

今回は点野(しめの)地域を歩きます。かなり読みが難しい地名ですね。旧地図には點野村と記されています。さらに難しい漢字だ…

shimeno_001.jpg
明治19年測量の地図です。
京街道が湾曲している部分に民家が確認できます。
かつてここには茶店が続いていたようで、「ます家」「てんと」「なべ茶屋」「仙吉茶屋」などが有名で、近松門左衛門の浄瑠璃「淀鯉出世滝徳(よどごいしゅっせのたきのぼり)」にも出てくるそうです。

さらにこの場所は堤防が突き出ているのでよく堤防が切れる場所でもあったようです。池がありますが、それは水害でできた池だとか。

shimeno_002.jpg
現在の地図と重ねてみる。
茶店があった場所がすべてなくなっています。

shimeno_003.jpg
現在はこのようになる。

IMG_2186_3.jpg
京街道沿いにこんな表示がある。
茨田樋(まったひ)遺跡水辺公園。

IMG_2189_3.jpg
大きなイチョウの木が目印です。

IMG_2193_3.jpg
茨田樋之跡の石碑。
「茨田」も読みが難しい。「まった」と読むことが多いですが「まんだ」「まむた」とも読みます。

IMG_2197_3.jpg
これが樋門です。
ここには江戸時代から小規模な取水があったようですが、明治38年に太間・点野・仁和寺の樋門を統合して整備されました。昭和5年に廃止されるまで利用されていたようです。

IMG_2199_3.jpg
淀川左岸では枚方から毛馬までこのような樋門が8ヶ所あったようですが、台風などの水害で堤防決壊の恐れがあるとして昭和初期にすべて廃止、遺構が現存しているのは、この茨田樋跡だけのようです。

IMG_2195.jpg
この公園は市民の手で整備されたようですね。
すばらしい。

IMG_2198_3.jpg
これも手作りのようです。

IMG_2208_3.jpg
現在も水路から水を引いています。

IMG_2210_3.jpg
水路をたどって行きましょう。

IMG_2227_3.jpg
畑の横を通って、

IMG_2225_3.jpg
田んぼが現れた。

IMG_2244_3.jpg
稲穂が実ってる。

IMG_2245_3.jpg
ちょっといい風景ですよね。

IMG_2248_3.jpg
写っていないですがトンボも飛んでいました。

IMG_2240_3.jpg
この一角だけ取り残されたように昔の田園風景が残っている。
素敵です。

IMG_2236_3.jpg
水はこの水路から引いていました。

IMG_2262_3.jpg
さて、

IMG_2260_3.jpg
国道1号線を渡ります。

IMG_2264_3.jpg
こっちにも水路が続いている。

IMG_2268_3.jpg
旧点野村の公民館前です。

IMG_2275_3.jpg
横の道に入ると寺があった。
正面のお堂は観音堂、十一面観世音像が祀られているそうです。

IMG_2288_3.jpg
浄土真宗 西得寺の本堂。

IMG_2280_3.jpg
観音堂の横に地蔵堂がある。

IMG_2282_3.jpg
古そうな地蔵尊です。

IMG_2283_3.jpg
その先に先ほどの水路があり、小さな橋が架かっていた。

IMG_2290_3.jpg
旧村内には古い家がわずかに残っている。

IMG_2296_3.jpg
木に覆われた中にも

IMG_2294_3.jpg
門があった。

IMG_2300_3.jpg
旧地図内に神社があったのだが現在は存在しない。菅原道真公を祀った氏神社がありましたが、明治44年に池田中町の菅原神社に合祀されました。

IMG_2183_3.jpg
再び京街道へ。橋は淀川新橋です。
これをくぐると太間地区になります。


(おまけ)
IMG_2301_3.jpg
ちょっと気になるボックスを発見。
何に使うのだろう?夏は強烈に暑いと思うのだが…



より大きな地図で 新之介の京街道 を表示


(守口~京橋~高麗橋)
42.京街道を歩く・高麗橋
41.京街道を歩く・京橋
40.京街道を歩く・関目・野江
39.京街道を歩く・土居・今市・森小路
38.京街道を歩く・守口~京橋の地図
(守口~京へ)
1.京街道を歩く・守口の文禄堤
2.京街道を歩く・難宗寺・盛泉寺
3.京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺
4.京街道を歩く・八坂瓊神社・大庭七番
5.京街道を歩く・大日村
6.京街道を歩く・大庭五番・大庭二番村
7.京街道を歩く・大庭一番・佐太天神宮
8.京街道を歩く・来迎寺と松
9.京街道を歩く・仁和寺村
10.京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡
11.京街道を歩く・太間・茨田堤の碑
12.京街道を歩く・河内名所図絵
13.京街道を歩く・木屋・鞆呂岐神社
14.京街道を歩く・出口
15.京街道を歩く・出口・光善寺
16.京街道を歩く・枚方宿
17.京街道を歩く・枚方宿・鍵屋
18.京街道を歩く・枚方宿・万年寺跡
19.京街道を歩く・淀川両岸一覧・枚方駅
20.京街道を歩く・枚方宿・岡・岡新町
21.京街道を歩く・天ノ川・磯島
22.京街道を歩く・渚の院・御殿山神社
23.京街道を歩く・三栗・阪・片埜神社
24.京街道を歩く・下島・上島・樋之上
25.京街道を歩く・樟葉
26.京街道を歩く・樟葉宮旧跡・交野天神社
27.京街道を歩く・樟葉台場跡・久修園院
28.京街道を歩く・橋本
29.京街道を歩く・橋本~御幸橋
30.京街道を歩く・石清水八幡宮
31.京街道を歩く・美豆・淀
32.京街道を歩く・淀城跡・淀納所
33.京街道を歩く・富森・横大路
34.京街道を歩く・下鳥羽・月の桂
35.京街道を歩く・鳥羽伏見の戦いと下鳥羽
36.京街道を歩く・上鳥羽
37.京街道を歩く・東寺


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺

2011年09月18日 08:00

京街道を歩く(3)
一里塚と旧八雲村

yakumo_03.jpg
明治18年測量の地図です。

yakumo_02.jpg
現在の地図と重ねてみる。

yakumo_01.jpg
現在の地図です。

IMG_6639_3.jpg
盛泉寺を出てすぐに橋の親柱を見つけた。瓶橋(かめはし)跡です。向かいにもあったらしいのだが気づかなかった。ただし、旧地図を見ると水路はここより数メートル北側だ。この場所に橋があったわけではないと思うのだがどうだろう。

IMG_6648_3.jpg
国道を越えると一里塚跡があった。
といっても石碑はあるだけだ。
昔はここに大きな榎の木があったのかもしれない。

IMG_6645_3.jpg
向かいにも塚があったようだが今はなにもない。

IMG_6652_3.jpg
街道の近くに旧八雲村があるのでちょっと寄り道。

IMG_6654_3.jpg
車避けの定番・唐臼の支柱が横たわっている。

IMG_6659_3.jpg
寺があった。

IMG_6661_3.jpg
専教寺。

IMG_6660.jpg
この寺を開いた嶋名善次善祐坊は、蓮如上人の弟子となった方のようだ。

IMG_6662_3.jpg
寺の向かいに地蔵尊がある。

IMG_6663_3.jpg
きれいな花が祀られていた。
キティちゃんもいいね。

IMG_6665_3.jpg
何やら石碑があった。

IMG_6667_3.jpg
傷みが激しく解読は難しい。
大正時代に建てられたもののようだ。
葭原◯堤防官有地処村…という始まりのようだが内容はわからない。

IMG_6666_3.jpg
裏の小屋はだんじりの倉庫のようだ。

IMG_6651_3.jpg
そういえば途中に守口市だんじり祭のポスターが貼ってあった。

IMG_6687_3.jpg
さて、京街道を歩いていきます。左の細い方です。

IMG_6705_3.jpg
道なりに堤防近くまで歩いてきました。

IMG_6707_3.jpg
自治会館の裏に地蔵尊があった。祠は最近新調されたようです。
ちなみにこちらの倉庫内にもだんじりが保管されているようでした。

IMG_6708_3.jpg
街道の突き当たりに寺があります。

IMG_6709_3.jpg
正迎寺(しょうごうじ)。

IMG_6710.jpg
蓮如上人の「南無阿弥陀仏」の紙本墨書が残っているようです。

IMG_6712_3.jpg
「おまえ誰や」ってネコに睨まれてます…

IMG_6714_3.jpg
道なりに歩いていきます。

IMG_6721_3.jpg
公園の横に樋門の跡があった。
こういう残し方もいいかも。腰掛けれるし…

IMG_6722_3.jpg
これはなんだろう?
石柱を抜いたものですね。

IMG_6718_3.jpg
八雲北公園には不思議な構造の石段と陸橋が…
このトンネルが水路だったのかな?

IMG_6724_3.jpg
街道を進みます。

IMG_6727_3.jpg
が、京街道は守口市浄水場の中を通るので一旦ここまで。

IMG_6725_3.jpg
ちょうどその場所にこれが。

京街道はこの後、枚方まで堤防沿いを進んでいきます。
堤防の上を歩いても面白くないので、
その下に点々と続く旧村を歩いてみようと思っています。
近いうちに歩いてきますので、ゆるーくお待ちくださいませ。



より大きな地図で 新之介の京街道 を表示


(守口~京橋~高麗橋)
42.京街道を歩く・高麗橋
41.京街道を歩く・京橋
40.京街道を歩く・関目・野江
39.京街道を歩く・土居・今市・森小路
38.京街道を歩く・守口~京橋の地図
(守口~京へ)
1.京街道を歩く・守口の文禄堤
2.京街道を歩く・難宗寺・盛泉寺
3.京街道を歩く・一里塚・専教寺・正迎寺
4.京街道を歩く・八坂瓊神社・大庭七番
5.京街道を歩く・大日村
6.京街道を歩く・大庭五番・大庭二番村
7.京街道を歩く・大庭一番・佐太天神宮
8.京街道を歩く・来迎寺と松
9.京街道を歩く・仁和寺村
10.京街道を歩く・点野・茨田樋遺跡
11.京街道を歩く・太間・茨田堤の碑
12.京街道を歩く・河内名所図絵
13.京街道を歩く・木屋・鞆呂岐神社
14.京街道を歩く・出口
15.京街道を歩く・出口・光善寺
16.京街道を歩く・枚方宿
17.京街道を歩く・枚方宿・鍵屋
18.京街道を歩く・枚方宿・万年寺跡
19.京街道を歩く・淀川両岸一覧・枚方駅
20.京街道を歩く・枚方宿・岡・岡新町
21.京街道を歩く・天ノ川・磯島
22.京街道を歩く・渚の院・御殿山神社
23.京街道を歩く・三栗・阪・片埜神社
24.京街道を歩く・下島・上島・樋之上
25.京街道を歩く・樟葉
26.京街道を歩く・樟葉宮旧跡・交野天神社
27.京街道を歩く・樟葉台場跡・久修園院
28.京街道を歩く・橋本
29.京街道を歩く・橋本~御幸橋
30.京街道を歩く・石清水八幡宮
31.京街道を歩く・美豆・淀
32.京街道を歩く・淀城跡・淀納所
33.京街道を歩く・富森・横大路
34.京街道を歩く・下鳥羽・月の桂
35.京街道を歩く・鳥羽伏見の戦いと下鳥羽
36.京街道を歩く・上鳥羽
37.京街道を歩く・東寺


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

続・旧神崎川をさがせ!

2009年12月03日 08:00

続・旧神崎川をさがせ!

こんな地図をみつけました。


(淀川本支流川平面図 五 枚方/淀川資料館所蔵)
kanzaki_0001.jpg
明治中期のもので、淀川改良工事の計画法線が描かれています。
私が注目したのは旧神崎川が流れていた地域。
薄っすらと川の流路が描かれています。

ん?、東淀川区史の地図と流れと違うぞ!

kanzaki_02.jpg
これは明治18年測量の地図。おそらく同時期のものですが、これに重ねてみます。

kanzaki_03.jpg
角度と大きさを合わせて重ねました。 ピッタリ!

kanzaki_04.jpg
旧神崎川に色をつけるとこうなります。
別府村の所で、安威川(三国川)と合流しています。

kanzaki_00001.jpg
ちなみにピンクが前回検証した流路。青が今回の流路です。
全然違いますよね。

eguchi_001.jpg
これは江戸時代の「拾箇国絵図」ですが、
今回の流路だとこの地図との整合性が取れます。
安威川(三国川)と平行して流れる部分がなく、別所村の西側で合流しています。
元々この旧神崎川は、延暦4年(785年)に淀川と三国川との間に開削された堀川です。
2つの川が行き来できるようになり、江口地域は発展しました。


kanzaki_00003.jpg
拡大です。先日この地域を歩いてみました。その時に気になった場所をプロットしています。
旧堤防跡と思われる道路を赤くしました。


(1)
DSC04995.jpg
堤防沿いでは墓地をよく見かけます。古そうな墓地ですが綺麗に整備されていました。

(2)
DSC05001.jpg
大隈神社の御旅所です。

DSC05003.jpg
元々この地域は大道の飛地で字井高野と称していました。

DSC05006.jpg
この地域は明治18年測量の地図でもわかるように北の外れ、
農家も4件位しかないような小さな村でした。

(3)
DSC05007.jpg
大阪経済大学のグラウンドです。かなりの高低差があります。
ここに川が流れていたのでしょうか。

(4)
DSC05015.jpg
ここも高低差があります。
左側は川ではなく農地であったであろう所です。
もしかしたら川の水位よりも低い土地だったのかもしれませんね。


(5)
P1220060.jpg
左側が川側です。この道路は両側の土地よりも高い場所を通っています。

(6)
P1220067.jpg
この地域を歩いた時に、とても気になったのがこの場所。
GoogleMapを見ている時も、ゴルフ練習場の北側がきれいな曲線になっています。
で、今回の再照合で納得できました。
左側の低い場所に川が流れていたのですね。


より大きな地図で 江口の里 を表示

今回の検証で、古地図との整合性、現在の土地形状との整合性がとれました。
東淀川区史に載っていた地図は間違いだったのでしょうか?


ポチッと、応援よろしく♪
banner_candle_3.gif