このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪アースダイバーへの道

2010年04月25日 08:00

知ってるつもり?!
縄文時代の大阪


先日の4月16日、ナカノシマ大学4月講座で
「大阪アースダイバーへの道」の講座が行われました。
中沢新一氏と釈徹宗氏のお話はとても面白く
あっという間の2時間でした。

で、その時にスクリーンに映し出された縄文時代の大阪の地形図、
大阪の歴史書ではよく出てくるイラストなのですが、
とてもわかりやすいので、大阪アースダイバーの基本資料としてご紹介します。


「平野区誌」より
heiya_001.jpg
縄文時代早期(約9400年前)
縄文時代、温暖化によって海水が一気に上昇し始めます。


heiya_002.jpg
縄文時代早期(約8000年前)
その縄文海進(かいしん)によって海水が内陸部に入って行きます。
ピーク時の海水面は今より3~5メートル高かったとも言われています。


heiya_003.jpg
縄文時代前期の後半(約5500年前)
ただ、上町台地だけは沈まず細長い半島として残りました。
この時に、河内湾が誕生したのです。


heiya_004.jpg
縄文時代中期の初頭(約4500年前)
その後、川から流れてくる土砂が堆積していき、半島の先端部には砂州が伸びていきます。徐々に河内湾は塞がれた状態になっていきます。


heiya_005.jpg
弥生時代中期(約2000年前)
それにより、河内湾は淡水化が進み河内湖に姿を変え、
その後、少しずつ陸地化していくことになります。

このイラストでは、河内湖と大阪湾が中心部で繋がっています。
現在の大川に当たる場所だと思われますが、
大川の開通には諸説あるようです。
日本書紀には人間の力で開削した事が書かれています。
難波の堀江といわれるものです。
ただ、自然の力で切断された説などもあるようなので、
このイラストはもしかするとそちらの説の図なのかなぁ。
どちらにしろ、「ほぼこんな感じ違うかなぁ」というニュアンスです。たぶん。
どこにもそんなこと書いていませんが…^^;


最後に大阪平野の変貌をアニメーションにしてみました。

osaka_heiya_3


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

アースダイバー・上町台地

2010年04月11日 08:00

アースダイビング in 上町台地

先日、大阪のパワースポットの代名詞であると勝手に思っている
四天王寺と住吉大社に行ってきました。
こういう場所に来るとまたアースダイビングしてみたくなる。
今回は地図上で上町台地をアースダイビングしてみたいと思います。

IMG_3644_2.jpg
恥ずかしながら四天王寺に来たのは初めて。
桜が満開でした♪ 

IMG_4655_2.jpg
こちらは住吉大社。ここは凄いね。「気」をいっぱいもらった気がします。
記事はまた後日に。

daichi_001.jpg
国土地理院のホームページ掲載の航空レーザ測量によるカラー陰影段彩図です。
標高の差を色分けした地図ですが、中心のオレンジ色の部分が上町台地です。

daichi_002.jpg
さらに拡大して見ていきます。
この地図から埋立地や開削された大川、堀など人工的に作られた物と
標高の低いものを全て消してみました。

daichi_003.jpg
するとこんな半島が現れます。
縄文時代はおそらくこれに近い地形であったのではないかと考えられます。
たぶん…
(梶山彦太郎・市原実著の『続大阪平野発達史』を参考にしながら…)
面白いのは上町台地の西側の海岸沿いが
断崖絶壁のような地形になっているところ。

daichi_004.jpg
それに現代の地図を重ねるとこの様な位置関係になります。
ちょっと面白いでしょ。
太古の大阪がほどんど海だったことがわかる。

daichi_006.jpg
さらに大阪城や難波宮、四天王寺、住吉大社をプロットしてみました。
円の大きさに深い意味はありません。なんとなくのイメージです。
ただ、大阪の歴史上、とても重要な建造物が上町台地にあったことがわかりますね。

daichi_007.jpg
さらに私が気になっている神社仏閣、墓地などをプロットしてみました。
面白いのは断崖絶壁の西側にパワースポットが集中しているところ。

IMG_3763_2.jpg
ここは大江神社の階段。高低差がわかりやすい。

IMG_4221_2.jpg
こちらは阿部野神社の階段です。
高低差が結構ありますよね。

なんとなく上の地図を見ていて思ったこと。
上町台地にはパワースポットが
バランスよく配置されているなぁ…


もしかしたら、
上町台地自体がエアーズロックのような
大きなパワースポットなのかもしれない。




太古の地形を想像しながら歩くと町歩きが楽しくなります。
そこで感じる事は人それぞれ。
正解なんてありません。

IMG_4539_2.jpg
住吉大社がある場所も太古は入り江の入り口だったようです。

そんな町歩きも
たまには楽しいですよ ^^


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

アースダイビング 大阪城

2009年04月30日 07:30

アースダイビング in 大阪城

人間は昔から、なにかにつけて「さきっぽ」の部分に関心を持ってきた。そのさきっぽの部分で、人間にとってなにか重要な出来事がおこるのを期待していたからである。(中沢新一『アースダイバー』講談社)

現在大阪城がある一帯は、かつて大きな岬の突端だったと考えられています。そのさきっぽには古代より歴史上重要な様々な施設が建設されてきました。時代時代のリーダー達はなぜこの地に重要な建築物を建てたのか?考えれば考えるほど不思議な場所。ここは最高のアースダイビングスポットなのです。

divingmap_007.jpg
縄文地図では岬の先端が北へ延びています。しかし、この延びている部分は砂堆(さたい)であり、大阪城の場所とはかなりの高低差があります。この○で囲んだ場所は古代より崖の突端だったわけです。

P1150530.jpg
この写真は天満橋駅の少し南側の石段です。ここは上町台地の北端、大阪城の西側です。

P1150528.jpg
かなり高低差があります。水面の高さまではさらに数メートル下がります。縄文時代にはこの階段の上から湾が見渡せたのです。

divingmap_005.jpg
国土地理院のデジタル標高地形図と合わせてを見るとさらに面白い。

大阪城の右下に縄文時代の森ノ宮貝塚があります。この貝塚は45X100メートルという巨大貝塚で大集落があったと考えられます。貝殻も海で採れる貝から淡水産のシジミに変化しており、河内湾が海水から淡水に変わっていった事がわかります。

P1150607.jpg
ここは貝塚遺跡の展示室がある森ノ宮ピロティホールです。現在は閉鎖中。

P1150631.jpg
遺跡も見れませんでした。

P1150595.jpg
貝塚から丘を上っていくと高台になります。その先端部分からは大阪湾が見渡せ、水平線に淡路島が見えていました。太陽は河内湾の生駒山から昇り、淡路島に沈んでいったのでしょう。この高台は木々が生い茂る森だったと想像できます。その森が強い海風を和らげる役割を果たし、森ノ宮の集落は長い期間栄えていたと思われます。


P1150021.jpg
神武天皇が九州より難波津に着いた時、その高台に生島・足島神を祀ったのが生國魂(いくくにたま)神社の始まりです。時代は弥生。現在の大阪城の場所に建てられといわれています。

P1150556.jpg
そして古墳時代、法円坂に巨大な倉庫群が建てられました。16棟の倉庫が2列に配置され、小高い上町台地の北端は、大陸などとの交易に便利な場所でもあり、百舌鳥(もず)や古市古墳群を築いた倭王権(やまとおうけん)によって造られたというのが有力のようです。

また、仁徳天皇は難波高津宮(なにわたかつのみや)をこの地に置いています。難波堀江(なにわのほりえ)が開削されたのもこの時代で、河内湖と大阪湾がそれにより結ばれ、この場所はさらに重要な場所になっていくわけです。今の大川がそれだといわれています。

P1150616.jpg
森ノ宮貝塚遺跡の近くに森之宮神社があります。ここは小さな神社なのですが、由緒ある神社です。589年、聖徳太子は物部守屋(もののべのもりや)との戦いに必勝を祈願し、勝った暁には四天王像を造ると誓われたとか。太子は勝利後この森に元四天王寺を創建されたといわれています。四天王寺が現在の場所に移転する前はこの地にあったのかもしれません。

P1150626.jpg
ここは古くより鵲森宮(かささぎもりのみや)と称していたようで、森之宮の地名の由来になっています。名前からもこの高台が深い森だったことがうかがえます。


大化の改新(645年)により曽我氏が滅び、孝徳天皇が即位、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)が飛鳥からここ難波へ遷都をします。
P1150558.jpg
その難波長柄豊崎宮(なにわながらとよさきのみや)・前期難波宮が置かれたのがこの場所です。ここには、たとえ様がないほどの立派な宮殿が造られました。しかし686年に全て消失しています。

P1150571.jpg
都が奈良(平城京)に移った後の734年には副都として難波宮が再建されました。それが後期難波宮といわれているものです。

P1150652.jpg
時代は1496年の戦国時代、本願寺の第8世宗主蓮如(れんにょ)が現在の大阪城がある場所に石山本願寺を建てます。生國魂神社の境内であったようです。石山本願寺といえば、現在の北御堂、南御堂のルーツになります。ただ、遺構が発掘されていないので正確な場所はわかっていません。

余談ですが大坂という地名が初めて歴史上登場するのが蓮如の手紙だそうですよ。

P1130928.jpg
そして、豊臣秀吉は石山本願寺を利用して大坂城を築城します。その後、徳川大坂城が豊臣大坂城を覆い隠すように築かれました。

P1150551.jpg
そして現代、ここは大阪の政治の中枢・大阪府庁です。
しかしこの土地にはもうさきっぽ感はなくなってしまったのでしょうか。

あるのは崖っぷち感のみ…

でも、ここから なにかが変わってくれそうな…


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

アースダイビング 生國魂神社

2009年04月16日 10:30

アースダイビング in 生國魂神社

中沢新一氏の『アースダイバー』では、縄文人にとって岬は聖地であり、その場所は今でも神社やお寺になっていることが多いという。大阪の場合、上町台地が唯一の大きな岬でした。そこには今でも神社やお寺がたくさんあります。「アースダイビングマップ・大阪版」を片手に、まずは神社とお寺が集まる生國魂(いくくにたま)神社周辺を歩く事にしました。

ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■(別ウインドウで開きます)


jomon_map_05.jpg
「アースダイビングマップ・大阪版」の部分拡大です。○の所が生國魂神社。創建当初は大阪城の辺りにあったと言われており、大阪城築城の時に今の場所に移りました。(寺は数が多いので全て記入していません)

P1150021.jpg
ちょうど正面が東向きなので、午後から行くと真逆光です。

P1150025.jpg
逆光を避けるためにこんな所から…^^;

P1150027.jpg
生國魂神社の由緒は神武(じんむ)天皇が現在の大阪城付近に生島大神、足島大神を祀ったのが始まりと言われています。大阪最古の神社であり大阪の総鎮守でもあります。ところで神武天皇っていつの時代かわかりますか?
紀元前で 初代天皇です^^;

P1150042.jpg
境内には11社の境内社があります。こちらは皇大神宮。伊勢神宮と同じ神様です。本殿と同じく東向きに鎮座しています。

P1150030.jpg
これは住吉神社と天満宮。手前に見えるのは上方落語始祖・米澤彦八の碑の前にある絵馬です。

P1150035.jpg
地元の笑福亭仁勇(にゆう)さんの絵馬もありました^^

P1150062.jpg
裏手は高台で崖になっています。現在は木が生い茂っていますが、昔は大阪湾が一望できて淡路島も見えた事でしょう。「国生み神話」が生まれたのも納得できそうです。

P1150013.jpg
境内の北側には天王寺七坂のひとつ、真言坂(しんごんざか)があります。


さて、神社隣の生玉公園に変なものがありました。
P1150070.jpg
これが何かわかりますか?↑

P1150067.jpg
公園の階段を下りて行くとこんな場所です。実はここが地下壕の入口。現在はコンクリートで入口は閉じられています。

P1150065.jpg
ここは 生玉公園地下壕で、戦時中に大阪市が作った防空壕です。内部はかなり広く2階建てになっていました。上にあったのは空気の取り入れ口なのです。

P1150073.jpg
悲しい歴史です。戦争の遺構は次の時代にもしっかり残していってもらいたいです。

P1150110.jpg
この辺りはホテル街でもあります。アースダイビングするうえで、男女の密会場所も重要な要素のひとつ。『アースダイバー』は地下世界やエロチシズムについても書かれていたので、それらともオーバーラップする不思議な場所でした。

さて、
P1150168.jpg
この地域はこの写真でもわかるようにかなり高い場所です。下はほとんど崖です。おそらく縄文時代は大阪湾の海がこの下まで来ており、台地を削りこんな崖になったのでしょう。


より大きな地図で 天王寺七坂 を表示
ここに来たもうひとつの目的は天王寺七坂です。それにこの辺りは地名が夕陽丘町といいます。昔は海に沈む夕日がよく見える丘だったのでしょうね。残りの六坂を一気に!

P1150102.jpg
源聖寺坂(げんしょうじざか)

P1150127.jpg
口縄坂(くちなわざか)

P1150213.jpg
愛染坂(あいぜんざか)

P1150216.jpg
これは坂の上にある愛染堂の多宝塔。重要文化財です。

P1150156.jpg
清水坂(きよみずざか)

P1150160.jpg
子供らが元気に走ってました^^

P1150177.jpg
天神坂(てんじんざか)

P1150192.jpg
最後は逢坂(おうさか)。向こうに通天閣が見えますね。


この日は雲があって綺麗な夕焼けが撮れなかったけど、ここは大阪で一番夕焼けが綺麗な場所かもしれませんね。縄文人も弥生人も太閤さんもみんなこの夕焼けが好きだったに違いない。上町台地は縄文時代から特別な場所だったんだとつくづく思いました。

それと、この土地は大阪湾に向かって岸壁が横に続いていたと想像できます。アースダイバー的にいうと、聖地のベルト地帯のような場所なのです。

P1150203.jpg
彼はあまり興味がないみたいやけど…^^;


(追記)
P10904412.jpg
コメントを読んで思い出しました。大阪城公園内にある生国魂神社の御旅所跡の写真を撮っていました。

kokudo_002.jpg
この投影段彩図を見てもわかりますが、この辺り一帯は上町台地の一番高い部分の北端です。現在は大阪城がありますが、その前には石山本願寺があり、そのずっと前には難波宮(なにわのみや)がありました。しかし、生国魂神社がこの地に創建されたのは紀元前。難波宮よりずっと前です。ここは大阪一の聖地なのかも知れませんね。おそらく縄文人にとっても特別な場所だったのでしょう。神社が創建される前には特別な遺跡があったかもしれませんね^^


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

アースダイバー in 大阪

2009年04月12日 07:00

アースダイバー in 大阪

DSC05737.jpg

アースダイバーという本をご存知でしょうか。

中沢新一氏が縄文時代の東京の地図を持ち歩きながら様々な発見をし、独自の東京感を描き出している本です。面白いのはその「縄文地図」に縄文時代や弥生時代の遺跡、古墳や神社、寺などをプロットしていること。縄文時代の人たちは、岬のような地形に強い霊性を感じ、そこを聖地としていたそうで、今の時代もそういう土地には神社や寺がつくられ、いまだに直接的な影響をうけているというのです。

それが正しいかどうかは問題ではなく、読んでいる途中からこれを大阪に当てはめるとどうなるのかが知りたくなりました。
「よし、大阪のアースダイビングをしてみよう!」


ポチッと応援お願いします→■人気ブログランキングへ■(別ウインドウで開きます)


アースマップ
「アースダイバー」より東京アースダイビングマップの部分
(縄文地図とは洪積台地と沖積低地を色分けしたものです。)

しかし、いろいろ調べて気づきました。東京と大阪では地形がまったく異なっており、そう簡単にはダイビングできそうにありません。まずは「大阪版縄文地図」を作るところから始めてみようと思います。

最初に調べたのは、大阪の縄文時代の地形図です。大阪市史にも載っていますが、いろいろな書物に引用されている古地理図があります。

侵食
「続大阪平野発達史」(梶山彦太郎・市原実 1985)より作成

赤い印は大阪駅の場所、最後の地図は国土地理院の航空レーザ測量によるカラー陰影段彩図です。縄文時代は上町台地が半島状に突き出して、河内湾が形成されていました。
縄文時代晩期から弥生時代前期には、上町台地の北端から砂堆(さたい)が北に延び、大阪湾と河内湾との出入り口が狭くなります。それにより淀川と旧大和川系の水が出にくくなり河内湾の淡水化が進んでいきました。(大川が開削されるのはもっと後ですよ)

東京と大阪では土地の成り立ちがまったく違うのです。東京は沖積層と洪積層の境目が決めやすいので、縄文時代の地形も想定しやすかった。それに比べ大阪はその境目が非常にわかりにくい。


そこで国土地理院の航空レーザ測量によるカラー陰影段彩図を持って来ました。

chiriin.jpg
この地図は標高の低いところから高いところに順次、青色~赤色を割り当てて作られています。なんとなく縄文時代の古地理図とオーバーラップしてますよね。

chiriin_04.jpg
古地理図と重ねるとこんな感じ。黄色の層が古地理図と形状が近いです。ここで沖積層と洪積層が分かれているというわけではありませんが、これをベースにトレースしていこうと思います。

chiriin_05.jpg
念のため、明治18年測量地図と重ね合わせて旧中津川や淀川の流路も確認しておきます。

jomon_map_01.jpg
で、トレースするとこんな感じになりました。国土地理院の陰影段彩図をそのままトレースすると古地理図とイメージが異なってしまいますので、見比べながら臨機応変に^^;

それを今度は現代の地図と重ね合わします。
jomon_map_02.jpg
これに遺跡や古墳などを記入していけば完成です。

とりあえず今回はここまで。この地図に遺跡や古墳、神社や寺などを記入していくとどうなるのでしょう。ちょっと楽しみ。新しい発見があれば面白いんですけどね^^



(追記)
jomon_map_03.jpg
記号の落とし込み作業の途中です。
とりあえず、旧石器、縄文、弥生時代の遺跡を入れた状態です。
記号は「アースダイバー」と同じ記号にさせていただきました(一部オリジナル)。
主要な神社なども入れていますがまだまだ入れていきます。
当たり前といえば当たり前なんだけど、上町台地を中心に遺跡は存在しています。
岬の北端に縄文時代の遺跡があったのが面白い。
ちなみにここは淡路新町遺跡です。
当時大阪湾だった所からは遺跡は出ていないですね。
河内湾には弥生時代の遺跡がでています。
その時代には堆積がそこまで進んでいたということですね。
この古地理図はやはり正しいんだぁと実感しております^^;


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif