このエントリーをはてなブックマークに追加

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸アースダイバー・西求女塚古墳・処女塚古墳

2013年10月07日 06:00

神戸・阪神間古代地形散歩
神戸アースダイバー
1. 西求女塚古墳と処女塚古墳

太古の時代、神戸・阪神間はどのような場所だったのだろう。
奈良や大阪に比べてこのエリアの古代の情報は少ないように思う。ただ、国道43号線を車で走っていると、測道沿いに西求女塚(にしもとめづか)古墳や処女塚(おとめづか)古墳があることに気づきます。おそらく有力な豪族が古墳時代にはいたのでしょう。
資料を見ると、旧石器時代や縄文時代の遺跡は低地からはほとんど発見されておらず、詳しい事はあまりわかっていないようです。ただし、縄文前期初頭ぐらいから縄文人は海岸低地まで生活圏を拡大していたのではないかといわれています。その時代は、海水面が今より2~3メートル高い縄文海進といわれる現象が起きている。縄文人はその時どのような風景を見ていたのでしょう。そんなことをイメージしながら古代の地形を想像し歩いて行きたいと思います。

kobe_ed_06.jpg
カシミール3Dで海水面を数メートル高くした大阪湾の地形図です。埋立地エリアは意図的に薄くしています。あくまでもイメージですが、なんとなく縄文海進時代の海岸線が見えてきますね。その地形図に現在も残る代表的な古墳と有力な神社をプロットしてみました。

kobe_ed_07.jpg
神戸・阪神間の拡大です。西求女塚古墳、処女塚古墳、東求女塚古墳が海岸線に沿って並んでいます。神社を見ると、西宮神社のみが標高の低い場所にあることも興味深い。元々海だった場所に砂が堆積してできた砂州に鎮座しているのでしょう。

kobe_ed_04.jpg
カシバードで上町台地上空から神戸方面を見てみました。難波津や住吉津と務古水門(むこのみなと)がほどよい距離にあることがわかる。神功皇后にゆかりのある港でもあります。

kobe_ed_03.jpg
西宮上空から神戸方面を見た縄文海進時代の海岸線のイメージです。縄文人がこのエリアでどのような生活をしていたか想像するのも面白い。おそらく山麓エリアが居住地であり、狩りや木の実を食料にしながら、海岸では魚や貝を採っていたのではないでしょうか。

kobe_ed_08.jpg
神戸市垂水区の上空です。海岸に近い高台に兵庫県下最大の前方後円墳である五色塚古墳がありますね。

kobe_ed_09.jpg
神戸市灘区の上空です。西から西求女塚(にしもとめづか)古墳、処女塚(おとめづか)古墳、東求女塚(ひがしもとめづか)古墳が並んでいる。作られた順番も西からで、西求女塚古墳は阪神間で最も古い古墳でもあります。

さて、
E7D_4209.jpg
国道2号線と国道43号線が交わる岩屋交差点です。

E7D_4214.jpg
そのすぐ側に西求女塚古墳があります。

E7D_4213.jpg
公園の名前は求女塚西公園。ちょっとややこしいですね。

E7D_4215.jpg
林を上っていくと

E7D_4237.jpg
円形の場所が現れました。

E7D_4221.jpg
これが前方後方墳の後方部。

E7D_4224.jpg
芝生が伸びきってふかふかだ。

E7D_4226.jpg
後方部から前方部を見たところ。

E7D_4247.jpg
前方部には遊具が置かれています。

E7D_4232.jpg
古そうな石柱。昭和30年のもので求女塚と刻まれている。

E7D_4234.jpg
裏の文字が読みづらいが菟原処女(うないおとめ)の伝説のひとつであることが書かれているようです。

E7D_4240.jpg
この古墳で最も注目すべき点は、三角縁神獣鏡(さんかくぶちしんじゅうきょう)7面を含む青銅鏡12面が出土していること。

E7D_4242.jpg
三角縁神獣鏡といえば、「魏志倭人伝」で、魏の皇帝が倭の女王に「銅鏡百枚」を与えたことが記しているあれのことです。倭の女王とは言うまでもなく卑弥呼のことで、この地でそれが7枚も出たという事は、ヤマト王権と深い関わりがあり、この地を支配していた豪族の墓である可能性が高い。

E7D_4250.jpg
この古墳は国の史跡でもあります。

E7D_4248.jpg
側面から全体を見たところ。盛り土で凹凸が少ない形状になっているが、わずかに前方後方墳のカタチがわかる。

kobeed_05.jpg
パノラマで見るとこのような感じ。

さて、江戸時代の摂津名所図絵には3つの古墳が描かれています。

tsuka_04.jpg
西求女塚古墳が敏馬(みぬめ)神社と龍泉寺に並んで求塚として描かれています。

tsuka_05.jpg
ここには本住吉神社の参道横に東求女塚古墳が描かれている。現在の東求女塚古墳は、塚は崩されて公園になっています。

tsuka_02.jpg
これには処女塚古墳と東明八幡神社が描かれている。東明八幡神社の境内には大きな松の木が描かれていますね。

E7D_4274.jpg
処女塚古墳です。

E7D_4285.jpg
角地にあるので全体が見渡せる。

E7D_4290.jpg
史跡處女塚古墳。「處」は「処」の旧字です。

E7D_4294.jpg
文字は辛うじて読めますが、「整備する前の古墳の形」がまったく見えない。形状は前方後方墳になります。

E7D_4297.jpg
古墳の上に上がってみました。

E7D_4306.jpg
後方部の上はきれいに整備されています。

E7D_4304.jpg
後方部から前方部を見たところ。

E7D_4307.jpg
階段の所にこんな解説板がありました。

E7D_4315.jpg
古くから処女塚と東西の求女塚には悲恋の「菟原処女(うないおとめ)の伝説」というものがあります。葦屋の美女をめぐる恋の悲劇で2人の男の求愛に板ばさみになり、美女は命を断ち、男たちもその後を追うという話。そんな3人が実在したとは考えにくいですが、伝説として今の時代にも残っているという事に深いものを感じる。

E7D_4343.jpg
さて、処女塚古墳の隣にある東明八幡神社です。ゴールドの鳥居がなかなかパンチがあってよろしい。

E7D_4321.jpg
由緒には、神功皇后(じんぐうこうごう)が朝鮮半島へ船出の際、武内宿禰(たけのうちすくね)大臣が、その健勝を祈って此の地に松を植えられた。とある。

E7D_4329.jpg
現在の境内にはその松はないようですが、先ほどの摂津名所図絵が描かれた寛政年間(1796〜1798)には大きな松の大木があったようですね。

E7D_4326.jpg
この祠にその武内松の一部が保存されている。

E7D_4324.jpg
これを読むと明治時代に枯れたようです。

E7D_4328.jpg
このような立派な石碑もある。

E7D_4333.jpg
ところで、話はまったく変わってしまいますが、境内にあったこの石柱のキズがとても気になった。

E7D_4334.jpg
これって、戦時中のグラマン戦闘機による機銃掃射の弾丸跡ではないだろうか。かなり生々しく残っています。とても貴重な戦争遺構です。

E7D_4337.jpg
神戸・阪神間にはまだまだ興味深い古代遺跡が眠っていそうです。アースダイビングするには意外と面白いエリアかもしれません。これから少しずつ古代の地形を歩いて行きたいと思います。


より大きな地図で 神戸アースダイバー を表示


【神戸アースダイバー】
1. 西求女塚古墳と処女塚古墳 2013.10.07
2. 古代の祭祀場・保久良神社 2013.10.15
3. 古代の祭祀場・甑岩・越木岩神社 2013.10.20
4. 六甲山上の古代祭祀場とストーン・サークル 2013.11.08
5. 六甲山の天狗岩 2013.11.10
6. 西宮市北山公園の磐座・前編 2013.11.11
7. 西宮市北山公園の磐座・後編 2013.11.18
8. 海民と五色塚古墳 2013.11.28
9. 西宮の巨大なローリングストーン 2013.12.5


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

上町台地の高低差を歩く・愛染堂・大江神社

2012年12月29日 00:30

大阪アースダイバー
上町台地の高低差を歩こう!
10. 愛染堂・大江神社周辺

oed_uemachi_013_2.jpg
四天王寺の北西にあたる愛染堂と大江神社周辺を歩きます。

oed_uemachi_014_2.jpg
この辺り、とても高低差がある場所です。

EOS_4397.jpg
清水坂(きよみずざか)です。

EOS_4423.jpg
かなりの高低差だ。

EOS_4405.jpg
清水寺の北側にある坂です。

EOS_4393.jpg
上からの眺めも格別。

EOS_4395.jpg
夕陽がきっときれいでしょうね。

EOS_4624.jpg
愛染堂。通称「愛染さん」です。

EOS_4626.jpg
開山は推古天皇元年(593)、聖徳太子がこの地に施薬院(せやくいん)を建立したのが始まりです。

EOS_4628.jpg
こちらは府指定文化財の金堂。本尊の愛染明王が祀られています。

EOS_4633.jpg
こちらは慶長2年(1597)に豊臣秀吉が再建した多宝塔。大阪市最古の木造建物で国の重要文化財です。

EOS_4630.jpg
明治42年に国宝建造物に指定されたそうです。

EOS_4639.jpg
ホームページを見ると旧国宝となっている。

EOS_4643.jpg
愛染堂の横に大江神社と愛染坂がある。

EOS_4702.jpg
愛染坂の名前はもちろん愛染堂からきています。多宝塔が文禄3年となっているが、愛染堂での表記と違うのが気になる…

EOS_4644.jpg
こちらもかなり高低差。

EOS_4701.jpg
下から見たところ。

EOS_4649.jpg
大江神社です。

EOS_4650.jpg
大江神社という名称は慶應3年に改称したのだそうです。以前は毘沙門堂と称していました。

EOS_4658.jpg
古くは天王寺七宮のひとつで、「四天王寺の鎮守として聖徳太子が祀らしものである」と伝わっています。

「摂津名所図会」より
aizen.jpg
摂津名所図会に愛染堂と毘沙門堂が描かれています。当時の毘沙門堂の社殿は西向きだったようですね。境内からの見晴らしもよかったことでしょう。ちなみに左端に描かれているのは家隆塚(かりゅうづか)です。

EOS_4661.jpg
現在は木々が生い茂って西側が見えない。

EOS_4655.jpg
愛染坂の上から南西方面の眺め。

EOS_4664.jpg
大江神社で有名なのがこの狛犬ならぬ狛虎。
奥にあるメガホンを見ればお分かりだと思いますが、こちらは阪神タイガースの守護神とされる狛虎です。

EOS_4670.jpg
元あった古い狛虎は損傷が著しく現在のものは2代目。

EOS_4667.jpg
詳しいことはこちらに書かれています。狛虎伝承。

EOS_4669.jpg
文章が熱いです。

EOS_4674.jpg
西側の石段です。すごい高低差。

EOS_4684.jpg
ここは上町台地の高低差がもっともわかりやすい場所かもしれないな。

EOS_4689.jpg
この石段は101段あるそうです。
人生の区切り百歳よりあともう一歩、心も身体も健康でありますようにと願いをこめて名付けられたのだとか。

EOS_4686.jpg
百歳(ももとせ)の階段というそうです。

EOS_4704.jpg
さて、こちらは泰聖寺(たいしょうじ)です。

EOS_4706.jpg
山城柳谷観世音菩薩の大阪霊場のようです。柳谷観世音菩薩は西国街道を歩いた時に石碑や道標でよく見かけた菩薩様です。

EOS_4710.jpg
天王寺七名水のひとつ金龍清水がここにあります。

EOS_4740.jpg
口縄坂(くちなわざか)です。

EOS_4738.jpg
坂の下から眺めると、道の起伏がくちなわ(蛇)に似ているところからこの名前が付いたのだとか。

EOS_4749.jpg
口縄坂といえば善龍寺の桜が有名です。

EOS_4743.jpg
桜の季節に訪れたい場所のひとつです。

IMG_3478_2.jpg
ちなみに春の写真です。

IMG_3749_2.jpg
桜の満開の時にまた行ってみたい。

EOS_4754.jpg
かなり奥の方に石段があります。
この高低差の斜面がずっと北の方まで続いています。

EOS_4717.jpg
斜面沿いに墓石がずっと並んでいる。

EOS_4732.jpg
上町台地の崖です。

EOS_4733.jpg
上町台地の崖が続きます。

EOS_4759.jpg
学園坂です。この道は昭和に入って作られた道路です。

EOS_4772.jpg
上町台地を削って道路が作られているので上町台地の断面がよくわかる。

EOS_4776.jpg
ここが崖の部分。

EOS_4786.jpg
断面。

EOS_4788.jpg
もしかすると、上町台地の断面がわかる唯一の場所かもしれない。
かなり面白い場所だと思いますよ。ここ。


より大きな地図で 上町台地の高低差を歩こう を表示


(おまけ)
uemachi_mini.jpg
上町台地の崖を海岸線にするとどのように見えるか作ってみたイメージ図です。参考までに天王寺七坂の場所を記してみました。


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

上町台地の高低差を歩く・四天王寺

2012年12月23日 14:30

大阪アースダイバー
上町台地の高低差を歩こう!
9. 四天王寺と谷底

oed_uemachi_029.jpg
上町台地の中心辺りに位置する四天王寺。西側が崖のようになっており、南側にも谷のような場所がある。

oed_uemachi_030.jpg
その谷の西の延長線上に茶臼山の川底池があります。もしかすると縄文時代は水路のようになっていて、大阪湾と東側の河内湾がここで繋がっていたのかもと想像が膨らむ。

OED_uemachi_02.jpg
念のため広域の地図で見てみた。中心部の青い場所が川底池。東側の緑色の低地部分が入江のように奥まで入り組んでいるのがますます怪しい…。

EOS_4623.jpg
さて、国道25号線です。この坂は天王寺七坂の逢坂でもあります。四天王寺の西大門から見て真西になる。

EOS_4612.jpg
四天王寺の西門石鳥居。その向こうに西大門(極楽門)がある。かつてはこの門から難波の海が一望でき、海に沈む夕陽が見えたといいます。中世以降、その夕陽を拝しながら極楽浄土を思い浮かべる「日想観(じっそうかん)」の一大行場になりました。現在も秋分の日に伝統行事である「日想観」が行われています。上町台地で太陽信仰が盛んになるのはとても自然なことかもしれない。

EOS_4616.jpg
托鉢する修行僧。

EOS_4463.jpg
中心伽藍の金堂と五重塔。

EOS_4496.jpg
四天王寺の創建は飛鳥時代、推古天皇元年(593)。

EOS_4476.jpg
聖徳太子により日本最初の官寺として建立されました。

EOS_4511.jpg
境内にはその聖徳太子を祀るお堂があります。前殿には十六歳像・太子二歳像が、奥殿には太子四十九歳像が祀られている。

EOS_4506.jpg
とてもすっきりした砂庭。

EOS_4472.jpg
境内案内図です。

EOS_4488.jpg
南側の仁王門(中門)。

EOS_4514.jpg
奥に五重塔。その奥に金堂がある。

EOS_4440.jpg
ハルカスも見えますね。

EOS_4449.jpg
こちらは石舞台と六時礼讃堂。共に国の重要文化財です。

EOS_4438.jpg
亀井堂と亀井不動堂。右側の亀井堂には金堂の地下より湧く白石玉出の水があり、供養を済ませた経木を流せば極楽往生が叶うといわれています。撮影禁止の表示があったので撮りませんでした。前はあんなのなかったよな…

EOS_4430.jpg
こちらは亀井不動堂。参拝者が絶えないお不動さんです。

EOS_4479.jpg
南大門の手間に気になる場所が。

EOS_4484.jpg
この石は熊野権現礼拝石というようで、熊野詣に向かう人は、まず四天王寺を詣で、ここで熊野の方向に礼拝し、熊野までの道中安全を祈ったといわれています。

EOS_4483.jpg
熊野権現礼拝石の解説板。

EOS_4521.jpg
日本最初庚申尊(こうしんそん)。そういえば、石鳥居の横にも「大日本佛法最初四天王寺」の碑がありましたね。

EOS_4522.jpg
気になりますね。行ってみましょうか。

EOS_4533.jpg
南大門です。こちらにも「大日本佛法最初四天王寺」の碑がありました。

EOS_4537.jpg
南にまっすぐ行くと下り坂になっています。ここからが地図にあった谷の辺りです。

EOS_4547.jpg
谷底に位置する場所に庚申堂の山門がある。

EOS_4551.jpg
本邦最初庚申尊。

EOS_4553.jpg
四天王寺庚申堂です。
「南大門より南へ200m。四天王寺庚申堂は日本最初の庚申尊出現の地といわれ昔から日本三庚申の一つとして知られております。庚申の日に本尊に祈れば必ず一心叶えられるといわれております。境内の三猿堂には見ざる聞かざる言わざるの三猿が祀られ、病にまさる魔が去るとして信仰されております。(四天王寺HPより)」

ん?百度石の上にもお猿が。

EOS_4554.jpg
言わざる。

EOS_4556.jpg
右が見ざる。

EOS_4558.jpg
聞かざる。

EOS_4560.jpg
四天王寺庚申堂と深く刻まれた水盤。

EOS_4563.jpg
何やら気になる場所が。

EOS_4567.jpg
なぜか七福神と大黒さんが祀られていました。

EOS_4582.jpg
さて、庚申堂の山門近くにこのような場所があります。

EOS_4585.jpg
清水地蔵尊とその奥に清水の井戸。

EOS_4573.jpg
「谷の清水」と呼ばれている場所です。

EOS_4576.jpg
水の水面が高かった。柄杓ですくえます。

EOS_4589.jpg
ここはすり鉢状の谷底の辺り。南側は隆起している。

EOS_4591.jpg
北側も隆起しています。

EOS_4600.jpg
谷底沿いを西の方へ歩いて行きました。公園にも段差がある。

EOS_4605.jpg
ゆるかやな隆起。

EOS_4606.jpg
地形の変化を楽しみながら歩くのがアースダイビングの面白さでもあります。



より大きな地図で 上町台地の高低差を歩こう を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

上町台地の高低差を歩く・安居神社・清水寺

2012年12月19日 07:00

大阪アースダイバー
上町台地の高低差を歩こう!
8. 安居神社と清水寺の舞台

oed_uemachi_029.jpg
天王寺公園のすぐ北、四天王寺の西側の高低差を歩きます。

oed_uemachi_030.jpg
この辺り、細かく入り組んだ地形で、清水寺の辺りが入江のようになっている。

EOS_4180.jpg
国道25号線、右が一心寺、

EOS_4186.jpg
その向かいに天王寺七坂のひとつ逢坂(おうさか)の碑があります。

EOS_4189.jpg
この坂をのぼれば四天王寺。

EOS_4193.jpg
その碑の後ろに安居神社がある。

EOS_4166.jpg
道路沿いの森。

EOS_4192.jpg
安居天満宮とも呼ばれているようです。

EOS_4194.jpg
真田幸村が大坂夏の陣で戦死した地として伝えられていますが、大丸百貨店の業祖下村彦右衛門が大きなご加護を賜った神社でもあるようですね。大丸天神とも称せられるのだとか。知らなかった。

EOS_4196.jpg
境内の案内図です。後で気付いたのですが、「かんしづめ井戸」というのがあって、「天王寺七名水(七名泉)」のひとつで「安井の清水」ともいわれるものなのだとか。

EOS_4199.jpg
ビル沿いの細い参道を抜けると鳥居があります。

EOS_4204.jpg
安居神社社殿。

EOS_4210.jpg
その横に真田幸村戦死跡之碑と真田幸村公之像がある。

EOS_4214.jpg
銅像の解説。

EOS_4215.jpg
真田幸村陣歿の旧跡の解説板。

EOS_4230.jpg
境内から西側を見るとかなり高い場所である事がわかる。入ってきた参道自体の標高が高かったようです。

EOS_4226.jpg
北側の石段上からの眺め。正面に森が見えるが、この場所から右側は入り江のようにえぐれている。

EOS_4255.jpg
北側の石段を下りたところは

EOS_4246.jpg
天王寺七坂のひとつの天神坂です。ゆるやかな上り坂。

EOS_4247.jpg
安居天神へ通じる坂なので天神坂という。当時は安居天神と呼ばれていたのでしょうね。

EOS_4235.jpg
こちらは西側の石段です。

EOS_4257.jpg
少し歩くと冊に囲われた場所に何やら石碑が。

EOS_4258.jpg
増井の清水(ますいのしみず)という水溜場があった場所だそうです。こちらも「天王寺七名水」のひとつで当時は二カ所あったようですが、こちらはそのひとつです。

EOS_4268.jpg
さらに行くとゆるやかな石畳の坂道。石碑には「たき道」とある。

EOS_4272.jpg
清水寺の西門になります。

EOS_4277.jpg
左側が高台になっている。

EOS_4281.jpg
さらに進むとこのような入口が。その奥に、

EOS_4315.jpg
岩に囲まれた「玉出の滝」がある。大阪市内唯一の天然の滝なのだそうです。

EOS_4291.jpg
京都清水寺の音羽の滝を模しているようです。解説板には、玉出の滝は四天王寺金堂下にある青竜池からとうとうとして流れ出る白石玉出の霊水が此処に滝となったものであると書かれていました。

EOS_4299.jpg
こちらは滝行場にもなっているそうです。

EOS_4331.jpg
少し引いてみると三方(北側、東側、南側)が崖になった谷になっています。地図で入江っぽいく見えたのはこの辺りです。

EOS_4339.jpg
北側の石段をのぼると

EOS_4376.jpg
見晴らしのいい清水寺の舞台がある。

EOS_4350.jpg
南にはハルカス。

EOS_4342.jpg
南西には通天閣。

EOS_4344.jpg
南海サウスタワービルも向こうに見える。

EOS_4374.jpg
正面の西方面。

EOS_4345.jpg
北側には森が。ここは上町台地の高低差がよく分かる場所です。

EOS_4365.jpg
私が立っている場所が上町台地の一番上の高さなので、下を見下ろすとかなりの高低差になっている。

EOS_4373.jpg
縄文時代のこの辺りは岸壁の波打ち際だったのかもしれませんね。



より大きな地図で 上町台地の高低差を歩こう を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

上町台地の高低差を歩く・天王寺公園

2012年12月16日 07:00

大阪アースダイバー
上町台地の高低差を歩こう!
7. 天王寺公園と塔の見える風景

oed_uemachi_011.jpg
天王寺公園周辺です。西側の高低差が急で東側はなだらかに傾斜しているのがよく分かる。

oed_uemachi_012.jpg
そういえば天王寺公園内を歩いていると高低差が結構ありますよね。

EOS_4008.jpg
天王寺公園から見たハルカスです。

EOS_4017.jpg
大阪市立美術館に向かう歩道橋からみた黒田藩蔵屋敷長屋門。中之島から昭和8年に移設されたものだそうです。きれいに修繕されていますが、屋根瓦の一部に古い瓦が残っていますね。

EOS_4011.jpg
動物園入口。この坂道を下りていくと動物園です。

EOS_4025.jpg
大阪市立美術館前の階段。

EOS_4029.jpg
ちょうどここが上町台地の高低差がある場所です。

EOS_4037.jpg
上町台地から見た通天閣。大阪アースダイバーらしい風景です。

EOS_4046.jpg
縄文時代は目の前が海だったのでしょう。

EOS_4056.jpg
大阪市立美術館は昭和11年(1936)に開館しています。

EOS_4058.jpg
建物自体のデザインはシンプルですがよく見ると装飾が美しい。

EOS_4067.jpg
すぐ北側は段になっていて、

EOS_4065.jpg
小山と池がある。

EOS_4063.jpg
茶臼山と河底池です。
以前は茶臼山古墳と言っていましたが、昭和61年(1986)の発掘調査で疑問符がついたそうです。

EOS_4073.jpg
和気橋(わけばし)を渡ります。

EOS_4075.jpg
ここからも通天閣が見える。

EOS_4105.jpg
ズームアップ。

EOS_4081.jpg
振り返ればハルカス。

EOS_4083.jpg
上町台地の丘に建つのは統国寺です。

EOS_4086.jpg
「史跡 茶臼山 及 川底池」

EOS_4088.jpg
この地は大坂夏の陣の古戦場跡でもあります。

EOS_4099.jpg
味のある絵の解説板。
大坂冬の陣では茶臼山一帯が徳川家康の本陣となり、大坂夏の陣では真田幸村の本陣となった場所です。

EOS_4090.jpg
上に登ってみましょう。

EOS_4094.jpg
何もない山頂…。

EOS_4108.jpg
慶沢園(けいたくえん)です。元住友家茶臼山本邸内の庭園でした。

EOS_4111.jpg
庭園から見たハルカス。左の木は桜かな?春にはいいアングルかも。

EOS_4120.jpg
茶臼山の北側の道路です。

EOS_4128.jpg
道路がS字カーブになっており複雑な高低差の造形になっている。

EOS_4131.jpg
一心寺の南門です。

EOS_4135.jpg
目の前が茶臼山。

EOS_4140.jpg
こう見ると、一心寺が高台にある事がよくわかる。

EOS_4143.jpg
墓石越しの通天閣。

EOS_4147.jpg
一心寺の本堂です。開基は文治元年(1185)、鎌倉時代まで遡る由緒あるお寺です。

EOS_4149.jpg
斬新なデザインの山門。

EOS_4150.jpg
北門に通じる石段です。

EOS_4152.jpg
もう一段下がると北門がある。この奥を更に下りれるようになっています。

EOS_4156.jpg
ここからも通天閣が見える。

EOS_4160.jpg
北門の前は国道25号線。

EOS_4161.jpg
天王寺七坂のひとつ、逢坂(おうさか)でもあります。


より大きな地図で 上町台地の高低差を歩こう を表示


【 上町台地の高低差を歩くシリーズ 】
上町台地高低差マップ一覧(Facebook)
1. 上町台地高低差マップ 2012.12.3
2. 住吉大社周辺を歩く 2012.12.4
3. 帝塚山古墳周辺を歩く 2012.12.6
4. 阿部野神社周辺を歩く 2012.12.8
5. 聖天山正圓寺・阿倍野墓地周辺を歩く 2012.12.11
6. 阿倍野周辺を歩く 2012.12.13
7. 天王寺公園周辺を歩く 2012.12.16
8. 安居神社・清水寺周辺を歩く 2012.12.19
9. 四天王寺周辺を歩く 2012.12.23
10. 愛染堂・大江神社周辺を歩く 2012.12.29
11. 生国魂神社周辺を歩く 2013.01.11
12. 空堀商店街周辺を歩く 2013.01.18
13. 松屋町筋・龍造寺町周辺を歩く 2013.01.22
14. 鶴橋・上本町周辺を歩く 2013.02.04
15. 真田山周辺を歩く 2013.02.11
16. 三光神社・旧真田山陸軍墓地周辺を歩く 2013.02.18
17. 玉造・森之宮周辺を歩く 2013.02.24
18. 大阪城周辺を歩く 2013.03.02
19. 八軒家浜周辺を歩く 2013.03.11
20. 難波宮跡周辺を歩く 2013.03.24
21. 天王寺〜桃谷周辺を歩く 2013.04.15
番外編:ノバク・野漠の窪地
番外編:空堀を探せ

【 大阪アースダイバーを歩くシリーズ 】
1. 宇宙船イワフネ号と磐船神社 2012.11.20
2. 太陽の女神と上町台地 2012.11.25

(関連記事)
大阪アースダイバー出版・ようこそ中沢新一さん2012.10.13
大阪アースダイバーへの道2010.04.25
アースダイビング in 上町台地2010.04.11
アースダイビング in 大阪城2010.04.30
アースダイビング in 生國魂神社2009.04.16
アースダイバー in 大阪2009.04.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。