このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和27~28年の阪急百貨店

2009年05月02日 00:00

昭和27~28年の阪急百貨店

先日、きーぼーさんから昔の写真を提供していただきました。そこには昭和28年頃の阪急百貨店が写っています。TOSSYさんからも以前その頃の屋上の写真をお借りしていたので、今回はその当時の写真のご紹介です。

kibo_002.jpg
これは昭和28年6月に撮影。きーぼーさんのお祖母さんです。後ろの阪急百貨店、右端が黒っぽいですね。ここが第一期館と第三期館との境目です。「お母さん、きれいに写ってますね♪」

P1150743.jpg
ちなみに現在の写真です。第一期館の外壁は赤茶色だったのですが、現在建設中の外壁もそのイメージの色です。

hankyu_01.jpg
「阪急百貨店50年史」より
昔のカラー写真を探していたら出てきました。珍しい写真ですよね。外壁色が赤茶色と黄色に分かれていて今と同じです。左の第5期館が完成しているので昭和32年頃の写真のようです。昭和42年に創立20周年の記念事業の一環で外壁工事が行われ、同じ色(黄色)に統一されました。

kibo_001.jpg
こちらは少しアングル違いです。ところで後ろに写っているタイルの建物は何なんでしょう?気になって調べていたらゴリモンさんのページにたどり着いちゃった。

『昭和27年の梅田阪急ビル』 ゴリモンな日々

ということで、その写真もきーぼーさんに提供していただきました^^
kibo_008.jpg
この写真はゴリモンさんの記事でかなり細部までつっこんでおられるので、あえて細かくは触れないでおきます。日本初の阪急も出資している新日本放送とか、外国人専用・阪急シュリロ売り場の一般開放とか、ホワイトストアとか…がこの写真一枚で語れます。貴重な写真です。

で、どこだどこだ?

kibo_009.jpg
ここかな?
この建物の裏から撮影しているのかもしれない。
余談ですが、この建物はのちに有料トイレになります。

umeda_toilet.jpg
「大阪市地下鉄建設70年のあゆみ」より
これ!当時大阪駅構内にも有料トイレがありました。
おもっきり脱線ですね…^^;

kibo_011.jpg
脱線ついでに、ここにもトイレがあります。昔はトイレが多かったんですかね。

kibo_010.jpg
さて、お祖母さんの後ろに写っていた建物はどうもこの建物のようです。
これがまた謎。
看板には「十三○行のりば」と読めなくもない…。でもただの看板のようです。
もしかしたらこれって地下街への空気の取り入れ口なんだろうか?

kibo_003.jpg
この写真はきーぼーさんのお祖父さんのご友人です。
なんとここは大阪駅の屋上なんだそうです。位置的にかなり高い場所のようですね。
向こうに阪急百貨店の屋上が写っています。

osaka_01.jpg
「昭和の大阪」より
おそらくこの高層階の屋上から撮影しているのではないかと…


(追記)
kibo_012.jpg
2枚上の大阪駅屋上からの写真は昭和23~24年頃の写真のようです(私のうっかりミス^^;)。この写真は「阪急百貨店50年史」の写真で戦後すぐの写真です。○で囲んだシルエットが昭和26年以降の写真には存在していません。2枚上の写真には後ろにこれが写っていますね。

(追記2)
kibo_013.jpg
「75年のあゆみ」の写真です。屋上に新日本放送のスタジオ新築工事が竣工したのは昭和25年12月10日だそうです。


tossy_004.jpg
この写真はTOSSYさんからお借りした阪急百貨店の屋上です。
ちょうど昭和27~28年と聞いてます。
本格的な機関車があったのですね。びっくり。

昭和27~28年といえば、戦後生まれの団塊の世代の方々が小学校に入るころでしょうか。先日叔母(昭和21年生)と話をしていたら、「私らが中学校の頃は21クラスあったんよ。それもひとクラス50人以上…教室はきゅうきゅうやった(笑) でも後の子らはもっと多かった」と言っていたのを思い出しました。梅田の街には子供があまり写っていないけど、子供がめちゃくちゃ多かった時代なのですね。

taiikukan.jpg
「おおさか100年」より
最後にこんな写真を。ここは体育館です。
当時は子供が多かったので、教室が足りず、教室以外の場所もつい立てをして、授業をしていました。後ろの子は隣のクラスの先生の声の方がよく聞こえたんじゃないかな^^

この時代って、貧しいんだけど、子供がたくさんいて、
もしかしてとてもいい時代だったのかもしれないな。

ちなみに現在の塚本小学校では1クラス約30人で1学年3クラスです。
僕らの頃の半分以下…
ちょっと考えさせられます。


(関連記事)
きーぼーさんのお祖母さんの他の写真がこちらで綺麗にまとめられています。

『Fさんの戦前・戦中 』 日本古写真倶楽部
『Fさんの戦後 』 日本古写真倶楽部


■人気ブログランキング■へ ぽちっと♪
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif


(追記)
howaito_01.jpg
「阪急百貨店二十五年史」より
昭和25年に開設されたホワイトストア。

howaito_03.jpg
「阪急百貨店二十五年史」より
昭和26年頃には催し物売り場をやめて、食堂と喫茶に衣がえしています。

howaito_02.jpg
「阪急百貨店二十五年史」より
食堂となったホワイトストアの店内。着物姿の女性が数名見えますね。


8f_howaito.jpg
「阪急百貨店二十五年史」より
昭和31年、本店ホワイトストアの解体にともない、8階東館に「喫茶ホワイト」が開店しています。その後、昭和32年に8階西館に喫茶、食堂の「ホワイトストア」が開業。それにともない、「喫茶ホワイト」は「ランチパーラー」と改称しました。
この写真は西館の「ホワイトストア」です。夕方から夜8時までは銘酒スタンドとして営業していたようです。


fusha.jpg
「阪急百貨店二十五年史」より
この写真は昭和34年、2階に開業した食堂「風車」です。
同時期の昭和35年、西別館1階に「風車コーヒーショップ」が、
東側1階階段昇り口に「風車アイスクリームパーラー」が開業しています。

ちなみに昭和34年当時の食堂献立の値段です。

大食堂:ランチ100円、ビーフカツ50円、ライスカレー70円、ホビー70円。
ランチパーラー:コーヒー50円、ホットケーキ60円、フルーツジュース70円。
グリル:カレーライス100円、ハンバーグステーキ100円、えびフライ150円、ビーフカツ100円。
甘味横丁:鰻丼150円、焼めし100円、富士カクテル(氷)50円。


ライスカレーカレーライスがあるのが面白いですね。


(追記)
murayama.jpg
「おおさか100年」より
村山実さん。この写真は昭和46年頃だそうです。この年は監督もされています。