このエントリーをはてなブックマークに追加

FC2ブログのファイル容量が10GBに

2012年02月06日 23:00

ブログ終了の危機から開放!

先日、本ブログのファイル容量が、使用率80%を超えてしまいました。今までなら2GBを超えた場合、新たにアカウントを取り直して新しくゼロからブログを始める必要があったのですが、現在のFC2では容量追加の申請ができるようになっているのです。

fc2_01.png

なんと、容量追加申請のボタンを押した翌日には、ファイルの合計サイズが5倍の10GBまで使用可能になっていました。これからはファイル容量を気にせずにブログに画像をアップできそうです。

やった~ ^^



ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

AMNブログチャートがリニューアル

2012年01月25日 08:00

ブログチャートで測定してみた

blogchart_03.jpg

昨日、アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)が解析ツール「ブログチャート」をリニューアルしたという情報がいくつか流れてきた。地味なニュースなのだがブロガーとしてはちょっと気になる。


以前の「ブログチャート」でも測定したことがあるのですが、数値はあまり高くなかった。当然といえば当然の結果なのですが、今回のリニューアルでもほとんど期待せずに測定してみた。すると悪くない数値が出たのだ。

blogchart_01.jpg

45。
決して高くないが、大阪というエリアのさらにマイナーな地域や地味なネタを取り上げることが多いブログの割には検討しているように思う。

今回のリニューアルでは、話題度、議論発生度、共感度、クリップ数、購読数、評価の6つの要素をもとに、ブログの特徴と影響力を可視化している。

 ●話題度(ブログやサイトからの被リンク数)
 ●議論発生度 (ツイッターでのブログの言及数 )
 ●共感度 (ブログに対するフェイスブックの「いいね!」数や「share」数)
 ●クリップ数 (ソーシャルブックマークサービスからの被クリップ数)
 ●購読数 (RSSフィードの購読数、読者数)
 ●評価 (Googleページランク ブログ読者からの評価レベル)

それらの数自体は有名ブログと比べると桁がまったく違うのだが、どうもその数の多さが評価基準ではないようだ。
さらに今回の測定結果では「評価」のレベルが600とそこそこ良い。
なぜこういう数字になるのか私にはまったく分からない…
なんでだろう?

ブログチャートについてを読んでみると、
「ブログチャートでは単純なページビューやクリック数のランキングのように、日々上下する指標を元にするのではなく、被リンク数や購読数などの複数の指標の累積数値を組み合わせて計算を行っており、継続することで価値が出てくるブログの良さが表現されるように設計を行っています。」とある。

継続することで価値がでてくる…
なるほど、ここにブログの評価を高めるヒントがあるのかも。
あくまでもAMNさんが考える評価法ですが、
ある意味正しいかも。

継続することがいちばん難しいんですよね…
ということで、これからもがんばらないと。
一般受けする記事はあまり書けないですけどね…^^;


(追記)
ブログのランキングを見るのに「TopHatenar」という面白いものもあります。こちらはRSSフィード購読者数とソーシャルブックマーク獲得数が指標になる仕組み。こちらはビジュアル的に見えるのが面白い。

 

 

TopHatenarでの「十三のいま昔を歩こう」の結果





ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ1周年 秘蔵写真公開

2008年09月02日 00:01

祝ブログ1周年企画

今日でブログ1周年です。いつも応援ありがとうございます。
今日は新之介のルーツでもある十三の米屋の話をしたいと思います。
(FC2スタートの9月14日はFC2に引っ越してきた日なのだ)

awajiya_01.jpg
昭和10年頃の淡路屋十三営業所の写真です。4人の丁稚さんと女の子が写っています。淡路屋の十三店は祖父が丁稚奉公から年季明けし、暖簾分けしてもらった店です。丁稚さんが4人もいたことからもわかるように、かなり繁盛していたそうです。

komeya_02.jpg
「思い出の十三 イラストマップ(昭和10年~20年ころ)」より
場所は十三公設市場の近く、「米」の場所です。左端の大学薬局は現在もありますね。長安寺の向かいに花月堂がありますが、現在は長安寺の並びで営業されている和菓子屋さんですね。右上に「昭和14年十三大火」と書いていますが、この火事で淡路屋は焼けました。「東淀川区史」を見ると、『午前11時10分頃十三西之町3丁目50 中島水路付近より出火、118戸火災』とあります。火事で家族が非難した時、2階に生まれたばかりの私の父が寝ていました。いないことに気づいた丁稚さんが家の中に入って助け出したそうです。

komeya_01.jpg
「思い出の十三 イラストマップ(昭和10年~20年ころ)」より
当時の十三の町並みの写真を探していたら、少し離れた場所ですが写真が出てきました。当時十三筋の所にあった芦森工業というロープを造る会社の社史からです。

ashimori_02.jpg
「芦森工業創業百二十年史」より
昭和10年頃の芦森工業の新工場完成時の写真です。手前の道路が出来たばかりの十大放射路線のひとつ「大阪伊丹線(十三筋)」です。写真の上に写っている建物は武田薬品工業のようですね。

ashimori_01.jpg
「芦森工業創業百二十年史」より
この写真は昭和5年頃の写真です。まだ十三筋がなく中国街道が見えます。水路には舟も見えます。ここより先は田畑が続いていました。


大きな地図で見る
ちなみに中島大水道は昭和40年代に埋め立てられ、十三バイパスが昭和42年(1967)に完成しています。

awajiya_02.jpg
私が十三の昔にこだわるのは、おそらくこの店があったからです。そして祖父や祖母、父、その兄妹の皆が見たであろう十三周辺のことを知りたいと思ったからです。その土地の昔を知ると、土地に愛着がわいてきます。

地域の若い人達にも、もっと地元も昔を知ってもらいたいな。

(関連ブログ)
『みんなが大好きな神津小学校』
『十三に本物の愛がありました-博愛社』
『消えた中島大水道』


■人気ブログランキング■への応援お願いします。
 ↓ ↓ ↓ 
banner_22.gif