このエントリーをはてなブックマークに追加

秀吉大阪城の南惣構堀の場所検証

2015年08月30日 02:00

南惣構堀の場所再検証

大坂冬の陣の講和の条件で徳川陣営によって徹底的に破却されてしまった南惣構堀(空堀)。そのおおよその場所は分かっているのですが、記録がほとんど残っていないため正確な位置がわかっていません。私も何度か検証を試みているのですが、前回作った南惣構堀の形状がどう考えてもおかしいので今回はその修正データを作りました。

sogamae_8.jpg
これが前回のデータです。
何がおかしいかというと、東横堀川との接点に無理がありました。
僊台武鑑の古地図では、長堀川らしき堀の北側に接していたのでそれに合わせたのですが、よく考えてみると長堀川が開削されたのは1625年で、大坂の陣の10年後なんですよね。

minamisogamae_02.jpg
ですので、瓦屋藤右衛門請地と高津屋吉右衛門肝煎地の場所に合わせて素直にラインを引き直してみました。古地図の堀の北側に道が描かれていますが、おそらく土塁の上に作られた道ではないかと思いますのでそれも書き込んでみました。

minamisogamae_03.jpg
東半分はほぼこんな感じだと思うのですが、西半分は瓦屋藤右衛門請地の枠の中にどうやっても収まらない。なので臨機応変にラインを引いていますができるだけ古地図のイメージに合わせています。

minamisogamae_05.jpg
現在の地図に重ねるとこんな感じです。土塁の道と空堀商店街が重なるようにしてみました。

minamisogamae_00.jpg
豊臣時代の正確な地図が存在しないだけに、なんとなくモヤモヤは残ったままなのですが、そんな中でも僊台武鑑の古地図は地形図と照らし合わせてもかなり近いと改めて思いました。堀のラインを入れていない地形図もアップしていますので、みなさんも検証してみてはいかがでしょうか。
ちょっと涼しくなってきましたので、もういちど周辺をフィールドワークして来ようと思います。


(関連記事)
真田丸と南惣構堀(空堀)跡の場所を地形(カシミール3D)から探る2015.01.15
空堀(南惣構堀)の跡を探せ2015.05.12


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

【TimeLapse】奈良県天川村の微速度撮影動画

2015年08月08日 14:56

奈良県天川村・
みたらい渓谷と洞川温泉街の
タイムラプスができました。
ちなみに洞川地区はカルスト地形です。





微速度撮影動画の新作です。
8月の初旬に撮影したのですが、都会の暑さとは大違いで
涼しくて気持ちいい場所でした。
3分程度の動画です。

↓ここからネタバレの解説を…


doro1.jpg
奈良県天川村洞川(どろがわ)は大峯山(おおみねさん)・山上ヶ岳の登山口で、標高約820m余りの高地に位置する温泉街です。太陽が出てきた山と右手前の山の間にある峯に大峯山寺があります。

doro2.jpg
洞川地区にある龍泉寺境内の岩の隙間から湧き水が流れています。それも大量に。しかも冷たい!

doro3.jpg
湧き水は境内を流れていくのですが、水がきれいすぎて冷たすぎて笑ってしまうほど。

doro4.jpg
みたらい渓谷の滝です。真夏なのにとても涼しい場所でした。

doro5.jpg
みたらい渓谷の遊歩道を15分ほど登った場所から滝の上が見下ろせます。滝の上が平らになっていてみなさんここで癒されていました。

doro6.jpg
天川村役場の前を流れる天ノ川。水の透明度にビックリ。地元の子供はいいですよね。こんな場所があって。

doro7.jpg
洞川温泉街を一望できるこの場所は、面不動鍾乳洞前の展望台です。鍾乳洞がある事からも分かるように、この辺り一帯は石灰岩を含んだ水成岩の地帯になります。石灰岩は水に浸されやすく、長い間に岩が少しずつ削られ、急斜面を持つ山や谷ができました。その谷間にこの洞川温泉街が広がっています。

doro8.jpg
どこか懐かしい風景が広がる洞川温泉街。提灯がとてもいいですね。

doro9.jpg
8月3日は行者まつりが行われ花火が上がりました。この日は、昼間に夕立があり、夜は霧が谷を覆い尽くすほどの悪条件での花火になってしまいましたが、それはそれで幻想的でしたよ。

近鉄「阿部野橋」から「下市口」までが約1時間。「下市口」からバスで1時間ほどで行ける避暑地です。
気持ちよさが少しでも伝わるといいんですけど ↓




(関連サイト)【 Time-Lapse Kintetsu 】近畿日本鉄道


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif