このエントリーをはてなブックマークに追加

神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑へ

2016年01月23日 14:00

普通の靴で行くとやばい旧跡に
普通の靴で行って来た。

神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑
神武天皇聖蹟盾津顕彰碑


古事記や日本書紀に記されている神武東征(じんむとうせい)。九州を出発した神武天皇が率いる皇軍は、難波の碕を通って草香邑(くさかむら)から上陸し、大和へ入るために日下直越道(くさかただごえみち)を進むが、途中の孔舎衛坂(くさかえざか)で長髓彦(ながすねひこ)に行く手を阻まれ、紀伊半島を迂回する行動に出るのである。

昭和15年(1940)、神武天皇が大和国橿原で即位して2600年にあたる事から、神武天皇聖蹟の調査と顕彰の事業が国家事業として行われることになった。文部省は、全国19ヶ所の聖蹟を公表し顕彰碑を建てることにしたが、そのうち2つが生駒山の麓に建てられたのである。

(6〜7世紀ころの摂津・河内・和泉の景観「地形からみた歴史/日下雅義」より)
kusaka_01.png
神武天皇が率いる皇軍の船団は、瀬戸内海を通り、難波の堀江を通過して生駒山の麓である草加津から上陸したのであろうか。ちなみにこの古地理図は6〜7世紀頃だが、古事記や日本書紀が編纂されたのは8世紀頃、神武天皇が即位したのは紀元前7世紀とされているので縄文時代晩期になる。

(弥生時代ころの景観「地形からみた歴史/日下雅義」より)
kusaka_yayoi.jpg
弥生時代の古地理図だが、これで見ると神武天皇の船団は難波の堀江ではなく千里丘陵の南部を通ったことが想定できる。古事記や日本書紀は古地理図と照らし合わながら読むと面白い書物である。

kusaka_02.jpg
カシミール3Dで作った地形図に上記の古地理図を重ねてみた。
草加津と盾津、孔舎衛坂の位置関係である。

IMG_0992.jpg
河内平野が一望できる近鉄石切駅近くからの眺め。
左の高いビルはあべのハルカス。
古代の河内平野では正面のビル群まで湖が続いていたのである。

IMG_1007.jpg
「神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑(じんむてんのうせいせきくさかえざかけんしょうひ)」へは石切駅から約1時間ほど歩く必要がある。途中の道は日下直越道(くさかただごえみち)と呼ばれる古道で、河内と大和を結ぶ最短ルートでもあった。

IMG_1122.jpg
舗装された道はここまで。ここからは日下直越道を行く事になる。

IMG_1121.jpg
いきなりイノシシ注意である。

IMG_1118.jpg
すぐにイノシシの泥浴び場があった。イノシシの足跡多数。

IMG_1022.jpg
ほとんど獣道である。

IMG_1024.jpg
川をまたいで渡る。

IMG_1025.jpg
足下がさらに悪くなってきた。

IMG_1029.jpg
ブッシュでわかりにくいが、小さな滝があった。

IMG_1035.jpg
川に沿って直越道が続く。この時点で靴はドロドロである。

IMG_1036_20160122231403f4f.jpg
ここが、直越道と顕彰碑との分岐点。

IMG_1039.jpg
左に行くと顕彰碑、川に沿って行くと直越道。

IMG_1104.jpg
「直越」は「ただごえ」と呼ばれているが、地元では「じきごえ」というようだ。

IMG_1103.jpg
相変わらずイノシシが出てきそうな道が続き、こんな倒木の障害物まで現れてしまった。

IMG_1098_20160122231405a91.jpg
それを越えると、標識がたくさんある場所にたどり着く。
生駒縦走道だ。神武天皇顕彰碑の案内もある。

IMG_1099.jpg
左側の道を行く。

IMG_1047.jpg
ゆるやかな坂道を上がると

IMG_1089.jpg
やっとたどり着いた!
どんだけ山奥やねん。

IMG_1073.jpg
「神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑」。高台の上にあるのだが残念ながら見晴らしはよくない。

IMG_1059.jpg
神武天皇は皇軍を率いて生駒山を越えて中州(奈良盆地)に入ろうとしたが、孔舎衛坂(くさかえざか)で長髓彦(ながすねひこ)軍と合戦になったのがこの辺りであるというような事が刻まれている。

IMG_1049.jpg
ちなみに「孔舎衛坂」は「くさかえざか」「くさかざか」「くさえざか」「くさえのさか」など様々に読まれている。

kusaka_map.png
「神武天皇聖蹟孔舎衛坂顕彰碑」への古道は地図に記されていないのでおおよその場所を記しておきたい。川沿いを歩いて分岐点を道なりに。トレッキングシューズで行かれる事をお勧めする。

IMG_1160.jpg
帰りも同じ直越道を通り、盾津顕彰碑へ行く前に大龍禅寺不動院へ立ち寄り。

IMG_1005_20160122232049806.jpg
正面にある鳥居の下に階段が続いている。もう登るしかない。

IMG_1157.jpg
このような石段が続く。

IMG_1152.jpg
するとてっぺんに大きな岩があった。
磐座(いわくら)のようだ。

IMG_1143.jpg
石室のようにも見えるが古墳の感じがあまりしない。
一部コンクリートで補強した跡もあるが、これが何であったのかネットで検索してもよくわからなかった。

さて、
IMG_1212.jpg
麓に下りて来たところにもうひとつの顕彰碑、神武天皇聖蹟盾津(たてつ)顕彰碑がある。

IMG_1208.jpg
神武天皇率いる皇軍は孔舎衛坂の戦いでこの津まで退き、盾を並べて雄誥(おたけび)をあげた場所で、地名が盾津になったというようなことが刻まれている。現在、盾津の地名はなくなってしまったが、雄叫びを上げたなんて、なんて素敵な伝承が残っている場所なんだろう。

(追記)
P6105745.jpg
大阪府には上記の他に2つの神武天皇顕彰碑がある。ひとつは泉南市の男(おの)神社境内にある雄水門(おのみなと)顕彰碑、もうひとつが大阪天満宮にある難波之碕顕彰碑である。





ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

生駒山地の磐座めぐり③ 岩戸神社・高御座神社の磐座

2016年01月17日 15:12

太陽が昇る高安山

古来より太陽信仰は日本各地に根ざしていたが、カワチやナニワも例外でなく、いまでも四天王寺では春と秋の彼岸の中日に日想観の法要が行われている。古代の大阪平野に暮らした人々は、生駒山地から登る太陽の位置で季節を知り、種まきや収穫の時期の目安にしていた。生駒山地にはその目印になる山がいくつか想定できるが、中でも高安山は神の山として信仰の対象になっていたのである。

P1047185.jpg
高安山の麓に岩戸神社がある。奥に見える鳥居は高御座神社だ。

P1047187_2.jpg
日本最初 岩谷辨財天とある。

kawachi_benten.jpg
河内名所図絵には「崫(いはや)」と書かれており、大きな岩の上に小さな祠が描かれている。

P1047190.jpg
参道の階段を上がると、

P1047189.jpg
拝殿がある。ここからは岩の上の祠は見えない。

P1047242.jpg
下から見るとこのようになっている。
岩の穴の中に弁財天 市杵島姫大神が祀られているのだ。

P1047240.jpg
河内名所図絵に描かれていた滝はこれであろう。滝行の場所になっている。

naniwa_toji.jpg
これは、カシミール3Dで冬至の日の出をシミュレーションしたものである。
わかりやすいように上空から見たアングルにしているが、上町台地の先端、難波宮から見るとちょうど高安山から太陽が昇ってくるのがわかる。

naniwa_toji_2.jpg
高度を下げてみた。見え方がすこしリアルになる。

sumi_syun.jpg
住吉大社からはいつの季節に太陽が昇るか調べてみた。すると春分日に高安山から太陽が昇ることがわかる。

naniwa_syun.jpg
ちなみに、春分日に難波宮から見ると生駒山から太陽は昇るのである。

P1047244.jpg
さて、こちらは岩戸神社の奥にある高御座神社だ。

P1047217.jpg
階段を上がると拝殿があり額束には天照大神社とある。

P1047212.jpg
後ろの岩の上に祠があるが、こちらに祀られているのは天照大神であろう。

P1047235.jpg
実はこの二社は同じ巨大な岩に祀られている。

P1047229.jpg
この大岩は、古代から磐座として信仰の対象になっていたのであろう。

P1047274.jpg
木々で覆い隠されて岩の全貌がわかりにくいが、神が宿る場所に相応しい磐座である。


(生駒山地磐座めぐり)
高尾山山頂の磐座 2016.01.04
宇宙船岩船号と星の降臨 2016.01.11
太陽が昇る高安山 2016.01.17

(巨石の関連記事)
古代の祭祀場・保久良神社 2013.10.15
古代の祭祀場・甑岩・越木岩神社 2013.10.20
六甲山上の古代祭祀場とストーン・サークル 2013.11.08
六甲山の天狗岩 2013.11.10
西宮市北山公園の磐座・前編 2013.11.11
西宮市北山公園の磐座・後編 2013.11.18
西宮の巨大なローリングストーン 2013.12.5


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif