このエントリーをはてなブックマークに追加

将軍塚道から青蓮院門跡将軍塚青龍殿へ

2022年09月12日 01:30

将軍塚道から青蓮院門跡 将軍塚青龍殿へ
さらに「京都一周トレイル」東山コースで粟田口へ

今回のフィールドワークの目的は京都・円山公園の背後にある東山の山頂まで将軍塚道を登って、そこから尾根道を粟田口まで歩くこと。新熊野神社の近くに車を駐車したのでそこから折り畳み自転車で円山公園へ向かうことにしました。


スーパー地形のGPSを3Dで表示したものです。ご参考までに。

0_shogun.jpg
これはスーパー地形のスクショ。

IMG_6318.jpeg
前を通るたびに気になっていた新熊野神社のクスノキ。

IMG_6309.jpeg
立ち寄って初めて知りました。このクスノキは後白河上皇お手植えの樟と伝わり樹齢900年と言われています。すごい。

IMG_6352.jpeg
そこから今熊野の坂道を上っていくと坂の向こうに愛宕山がよく見えました。

IMG_6332.jpeg
悠々と歩く今熊野の猫。

IMG_6379.jpeg
豊臣秀吉が眠る阿弥陀ヶ峰を横目に、

IMG_6393.jpeg
大仏殿跡の公園へ。ここは方広寺大仏殿の台座があった場所です。台座は直径18mで八角形だったようです。

IMG_6407.jpeg
有名は国家安康の銘鐘。明治17年に寄進で鐘楼が建てられるまで雨ざらしだったとか。ちなみに天井画は伏見城の化粧室のものを移築したそうです。

IMG_6413.jpeg
豊臣秀吉を祀る豊国(とよくに)神社。

IMG_6418.jpeg
明治13年に旧方光寺大仏殿跡に社殿が再建されました。

IMG_6424.jpeg
この唐門は桃山時代の伏見城の遺構。国宝です。

IMG_6427.jpeg
大仏殿石垣の碑。

IMG_6438.jpeg
豊臣秀吉が建立した方広寺大仏殿跡の石塁がそのまま残っています。ここには生々しい矢穴が。

IMG_6435.jpeg
石垣の隙間を利用して石仏が祀られていました。

IMG_6440.jpeg
空也上人立像などで有名な六波羅蜜寺。

IMG_6441.jpeg
かつては、広大な境域内に平家一門の屋敷が栄え、その数は5200余りに及んだといわれます。

IMG_6492.jpeg
六道之辻。六道とは、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道の六種の冥界のことで、六道の辻はその分かれる所。東山に向かって右(写真)に行けば六波羅蜜寺、まっすぐ進めば風葬の地であった鳥辺野になります。

IMG_6448.jpeg
六道珍皇寺

IMG_6457.jpeg
こちらが六道の分岐点で、あの世とこの世の境の辻。冥界への入口と信じられていた場所です。

IMG_6472.jpeg
本堂の裏庭には冥土へ行き来することができる井戸があり、平安時代の小野篁は、この世では官僚として、あの世では閻魔大王に仕えるために夜毎この井戸を使って冥界へ通ったと伝わります。

IMG_6469.jpeg
その井戸が向こうに。なかなか興味深いおはなしですね。こういう話は好きです。

IMG_6521.jpeg
さて、円山公園の枝垂れ桜がある広場です。池の向こうに見えるのが東山。あの頂上まで行きましょう。

IMG_6529.jpeg
公園を進んでいくと山の麓に吉水弁財天堂があります。吉水(よしみず)とは、この地から霊泉が湧いていたことに由来します。

IMG_6533.jpeg
境内には、法然上人も使ったとされる閼伽水の井戸があります。

IMG_6538.jpeg
その奥には修行場と思われる滝口がありました。

IMG_6546.jpeg
「お宿 吉水」の右手に将軍塚道の碑があります。

IMG_6551.jpeg
大聖歓喜天尊を過ぎて

IMG_6552.jpeg
コンクリート造の溝を越えます。

IMG_6554.jpeg
途中、このような石仏が…

IMG_6557.jpeg
足元の道は硬い岩がゴツゴツむき出している場所があるので、トレッキングシューズなど歩きやすい靴で登ることをおすすめします。

IMG_6559.jpeg
石仏をすぎると

IMG_6567.jpeg
地面の色が赤茶色に、

IMG_6581.jpeg
登りだして20分程度でこんな場所にたどり着きました。向こうに見えるのは青蓮院門跡の福徳門。

IMG_6583.jpeg
とりあえず将軍塚・京都市営展望台へ。

IMG_6584.jpeg
ここからは京都盆地の南部。京都タワーや東本願寺、西本願寺などが見えます。

IMG_6590.jpeg
京都盆地の中心部や北部を見る場合は拝観料(大人500円)を払って青蓮院門跡 将軍塚青龍殿へ。

IMG_6594.jpeg
木造の大舞台からは眼下に京都市内が一望できます。

IMG_6597.jpeg
比叡山に大文字山、正面は吉田山。

IMG_6606.jpeg
正面の御所、右に賀茂川。

IMG_6638.jpeg
奥の山は愛宕山。その手前に双ヶ丘と船岡山がみえます。比叡山や大文字山も含めてどれも残丘になります。京都盆地はいわゆる六甲変動による隆起と沈降によってできたと言われていますが、これらの山々はそれよりももっと古くからあった地形で、侵食から取り残されたものだと考えられています。

IMG_6678.jpeg
京都盆地の地形をじっくり眺めるのはこの場所が最高だと思います。

IMG_6686.jpeg
こちらは将軍塚。桓武天皇が平安京造営に際し、高さ2.5mの像に甲冑を着せ、弓矢と太刀を持たせて京都御所の方に向けて埋めたと伝わる塚です。当時は木々もいまほど生い茂っていなかったと思うので、ここから平安京の全体が見渡せたのでしょう。

IMG_6697.jpeg
さて、来た道を少し戻ると分岐点があります。粟田口へ向かいましょう。

IMG_6699.jpeg
今の季節は草が生い茂っているので道幅が狭く感じます。

IMG_6707.jpeg
それを抜けるとこのような道が続きます。緩やかな坂道で歩きやすいです。尾根道なので両側は崖。知恩院や青蓮院の上を歩いていることになります。

IMG_6717.jpeg
ゆっくり30分ほど歩いて坂道を下ってくると建物が見えてきました。

IMG_6732.jpeg
ここからの見晴らしも素晴らしい。正面に吉田山と金戒光明寺、手前に観覧車、比叡山もきれいに見えます。手前はウェスティン都ホテル京都です。

IMG_6752.jpeg
こんな場所に下りてきました。「京都一周トレイル」東山コースの一部でもあります。

IMG_6757.jpeg
下りてきた場所は粟田神社の近く。

IMG_6759.jpeg
粟田焼発祥の地とありますが、粟田口は京都の東の出入口。平安時代後期から刀鍛冶が多く住んでいた場所で山城国の刀鍛冶発祥の地とも呼ばれていました。窯が建ち並んだのは江戸時代からで、清水を凌ぐほどの勢力があったようです。地形的にも傾斜地であることは清水と同じで地質も同じ粘土層が広がっていたのかもしれません。

IMG_6799.jpeg
神社内に粟田焼が展示されていました。特徴は生地が薄玉子色で細かな裂紋が入っているようです。この写真ではわかりにくいですが、アップで見ると細かな裂紋は入っています。なるほど…深い世界だ…

IMG_6835.jpeg
この付近は奈良時代以前から開けていた土地で粟田氏が本拠としていたそうです。粟田氏と小野氏はかつて同族だったと言われていますが、ここで小野篁とつながりました。ちょっとマニアックな世界です。

IMG_6847.jpeg
さて、粟田御所 青蓮院門跡にきました。

IMG_6865.jpeg
この景観はいつ来ても素敵です。青蓮院のクスノキは築地の上に4本、庭園内に1本あります。親鸞聖人が植えたとも伝わりますがはっきりしていないようです。どちらにしろ12世紀頃に植栽されたと考えられるようで樹齢は900年くらいでしょうか。

IMG_6876.jpeg
この微妙な角度の階段が素敵です。

IMG_6889.jpeg
立派な枝振りのクスノキです。

IMG_6892.jpeg
ところで知恩院の前にあるこの石、ご存知ですか?

IMG_6898.jpeg
瓜生石(うりゅうせき)というそうですが、知恩院のホームページを見ると古くから伝わる「知恩院の七不思議」のひとつで、誰も植えたおぼえがないのに瓜のつるが伸び、花が咲いて瓜があおあおと実ったという説と、八坂神社の牛頭天王が瓜生山に降臨し、後再びこの石に来現し一夜のうちに瓜が生え実ったという説が伝えられています。そもそもなぜ瓜なのでしょうか。たしかに不思議だ。

IMG_6902.jpeg
国宝の知恩院三門です。山門ではなく三門。これは「空門(くうもん)」「無相門(むそうもん)」「無願門(むがんもん)」という三つの解脱の境地を表わす門を意味しているのだそうです。


スポンサーサイト



このエントリーをはてなブックマークに追加

甲山森林公園でカブトムシ・クワガタ・タマムシを探す地形散歩

2022年08月09日 01:00

甲山森林公園で地形散歩
という名の昆虫探し


西宮市にある甲山森林公園は大阪から車で約40〜50分。都心から近いにもかかわらず地質や地形がとても面白く素敵な森が広がっているので地形散歩のフィールドワークによく訪れる場所です。実は子供の頃からどこにいっても無意識にクヌギの木をチェックする変な癖がありまして、広い公園内もクヌギの木がどこにあるかが大体わかっています。なぜクヌギをチェックしているかというともちろんカブトムシやクワガタ探しのため。ということで、今年の夏は地形散歩という名の昆虫探しをしてきました。

001_IMG_5708.jpeg
炎天下の昼間にカブトムシと遭遇することはあまりないのですが、タマムシはそんな日中に高い所を飛んでいたりします。この日はたまたま私の歩いている近くを低空飛行していたのでゲット。網なんて使いません。手に持っていたタオルでふわっとさせて捕まえました。本当に美しい。

002_IMG_5789.jpeg
歩いたのは8月初旬。炎天下の日中と夕方です。

003_IMG_5622.jpeg
私は尾根伝いを歩くのが好きなので景色も美しい。

004_IMG_5629.jpeg
甲山森林公園は木々が生い茂っているので歩くコースはほとんど日陰です。

005_IMG_5637.jpeg
汗はもちろんいっぱいかきますが

006_IMG_5648.jpeg
尾根は風がよく通るので気持ちいい場所もたくさんあります。

007_IMG_5654.jpeg
ここは展望台。

008_IMG_5664.jpeg
この裏は、徳川大坂城の採石場跡でもあります。

009_IMG_5657.jpeg
矢穴のついた花崗岩があっちこっちに。

010_IMG_5658.jpeg
史跡でもあるのでそういう岩をみつけるのも楽しい。

011_IMG_5630.jpeg
これは途中で放置された巨石

012_IMG_5632.jpeg
こちらもでかい

014_IMG_5642.jpeg
これはその東六甲採石場の中でも有名な岩。真っ二つに割れています。

015_IMG_5626.jpeg
たまに刻印が刻まれた岩を見つけることもありますが、備前鍋島藩の刻印です。

016_IMG_5659.jpeg
そんな江戸時代に刻まれた痕跡などを探しながら歩くのですが、あのツンとした樹液の匂いがするクヌギの木はなかなかありません。

017_IMG_5756.jpeg
数百のクヌギやシラカシなどを見てまわりましたがこの夏は樹液が出ている木はほんのわずか。

018_IMG_0030.jpeg
でもいましたよ。昼間でもいるとこにはいます。カブトムシのメス。

019_IMG_5596.jpeg
カナブンとシロテンハナムグリがいっぱい。こいつらは昼間でも樹液に集まっています。

020_IMG_5607.jpeg
これはヒラタクワガタかな。

022_IMG_5679.jpeg
樹液の匂いはかなり離れたところからでも匂うので

021_IMG_5727.jpeg
樹液の匂いがしたらあたりを探しましょう。するとこんな場所があったりします。夜ならカブトムシが来ているかも。

024_IMG_5677.jpeg
ハンミョウも飛んできました。私の歩く前を道先案内してくれます。ハンミョウもきれいですね。

025_IMG_5716.jpeg
で、冒頭で紹介したタマムシ。正式名称はヤマトタマムシ。捕まえた時は死んだふりをします。

026_IMG_5722.jpeg
でもすぐに動き出すんですよね。

027_IMG_5725.jpeg
で、逃してあげました。日中の炎天下に木々の上の方を見上げるとたまに飛んでいるのを見かけます。なかなか下の方を飛んでいないのですが、飛ぶスピードが遅いので近くを飛んでいるのを見つけるとかなり高い確率で捕まえているかも。

028_IMG_5746.jpeg
この日はなんと別の場所でも見つけました。ラッキーデーです。

048_IMG_5780.jpeg
公園内は森林環境保全のために、虫取りなどは、自然観察や遊びの範囲内にとどめて逃してあげるルールになっているようです。このいい環境をいつまでも残していきたいですね。