このエントリーをはてなブックマークに追加

古市古墳群45基めぐり(4)

2014年08月22日 07:30

蕃所山古墳(F28)、サンド山古墳(F27)、応神天皇陵古墳(F21)、東山古墳(F26)、はざみ山古墳(F29)、野中宮山古墳(F30)

(カシミール3Dで作成した地形図に、近江俊秀氏の「壬申の乱のころの大和・河内の道路網」と日下雅義氏の「6~7世紀ころの摂津・河内・和泉の景観」の図を重ね合わせたものです。)

kofungun.jpg
改めて古市古墳群の位置関係を地形図で表してみました。

「畿内の大型古墳群の変遷/近つ飛鳥博物館展示ガイドブック」より
kofun_hensen.jpg
大型古墳の変遷を見ると、纒向、大和、柳本、佐紀、馬見古墳群など奈良盆地で盛んに大型古墳が築かれ出した頃、大和川と石川の合流地点に玉手山古墳群が築かれ、その後古市古墳群、百舌鳥古墳群がほぼ同時期に築かれていきます。

furuichi_map_3.jpg
古市古墳群45基めぐりの4回目は緑のラインです。

furuichi_ge_4.jpg
緑部分の拡大。左下のF28から歩きます。

7D2_2124.jpg
住宅地の真ん中に現れた古墳。

7D2_2160.jpg
「蕃所山(ばんしょやま)古墳(F28)」です。

7D2_2188.jpg
まわりが、ぐる〜っとロータリー状になっている。

bansyo2.jpg
グーグルマップで見るとこんな状態。

7D2_2166.jpg
昔は田んぼの真ん中にぽつんとあったようですが、宅地開発の時に古墳を中心に区画が計画されました。

7D2_2142.jpg
発掘調査はされていないようです。

7D2_2144.jpg
もしかするととんでもない副葬品が眠っているかも。

7D2_2205.jpg
そのすぐ近くにある「サンド山古墳(F27)」。

7D2_2193.jpg
「應神天皇恵我藻伏崗陵倍塚(おうじんてんのう えがのもふしのおかのみささぎ ばいちょう)」。

7D2_2211.jpg
コブがふたつある古墳ですが、墳丘の元の形は不明のようです。

7D2_2213.jpg
応神天皇陵古墳横の国道170号線を通って行きます。

7D2_2221.jpg
左の森は外堤です。この位置だと墳丘がまったく見えない。

7D2_2223.jpg
大きすぎて先も見えません。

7D2_2225.jpg
ここは「東山古墳(F26)」。

7D2_2241.jpg
ブルーシートが見えますね。

7D2_2237.jpg
ちょうど発掘調査が行われていました。

20140810.png
数日後に共同通信からニュースが流れましたが、古墳の規模が特定でき埴輪も11個出土したようです。

7D2_2271.jpg
東山古墳から少し離れた所にある「はざみ山古墳(F29)」。

7D2_2285.jpg
周濠の一部は埋もれていますが水は豊かです。

7D2_2261.jpg
三段に築かれた前方後円墳で、くびれ部に造出しも確認されています。

7D2_2264.jpg
土取りにより後円部がかなり削られています。

7D2_2296.jpg
道路を隔ててその隣にあるのが「野中宮山古墳(F30)」。

7D2_2299.jpg
周濠の半分は水が溜まっています。

7D2_2301.jpg
埴輪が多く出土したようで、壺型埴輪のほかに、家、衣蓋(きぬがさ)、盾、囲み、水鳥、鶏、馬、猪形などの形象埴輪が出土したようです。

7D2_2304.jpg
この古墳の特徴は、墳丘内に神社と幼稚園があること。元々ここには寺があったようです。

7D2_2310.jpg
幼稚園の入口です。園庭は前方部のテラス面になるのかもしれません

7D2_2316.jpg
段になっていますが、手前の面は園庭と同じ高さです。

7D2_2318.jpg
木々でわかりにくいですが奥に行くほど丘陵部は高くなっています。

7D2_2320.jpg
のぼってみましょう。

7D2_2324.jpg
ここも前方部です。

7D2_2331.jpg
鳥居の向こうは後円部です。

7D2_2340.jpg
なんか不思議な感じ。神社なんですけど前方後円墳の後円部にのぼっています。

7D2_2342.jpg
野中神社です。

7D2_2346.jpg
後円部の中心に社殿はあります。

7D2_2348.jpg
社殿の横はこのような傾斜地。結構な高さです。

7D2_2366.jpg
本殿の横に階段がありました。

7D2_2368.jpg
おりてみます。

7D2_2372.jpg
傾斜地の上部は石積みで段が作られています。

7D2_2379.jpg
下の方は自然な傾斜地。

7D2_2383.jpg
下から見るとこんな状態。傾斜地の補強なのでしょう。

7D2_2407.jpg
ここは周濠です。いまは埋め立てられて公園になっていますが、手元にある資料を見ると、1981年の空撮では池になっていました。

7D2_2421.jpg
さて、ここは野中地区を通る古市街道。真っ直ぐ行くの誉田八幡宮です。

7D2_2419.jpg
ここを右に曲がります。

7D2_2425.jpg
いい氛囲気の町並み。

7D2_2426.jpg
ここにもかわいい道標があった。

7D2_2428.jpg
「すぐ ふじい寺 大坂」
さっきの古市街道とリンクしているようですね。


より大きな地図で 古市古墳群 を表示


【古市古墳群】
世界文化遺産をめざす古市古墳群45基 2014.08.17
古市古墳群45基めぐり(1) 2014.08.18
古市古墳群45基めぐり(2) 2014.08.20
古市古墳群45基めぐり(3) 2014.08.21
古市古墳群45基めぐり(4) 2014.08.22
古市古墳群45基めぐり(5)Coming Soon
古市古墳群45基めぐり(6)Coming Soon
古墳築造風景ジオラマ Coming Soon


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif
FC2 Management
このエントリーをはてなブックマークに追加

古市古墳群45基めぐり(3)

2014年08月21日 07:30

古室八幡神社、沢田八幡神社、松川塚古墳(F17)、古室山古墳(F18)、赤面山古墳(F19)、大鳥塚古墳(F20)、誉田丸山古墳(F22)、応神天皇陵古墳(F21)

furuichi_map_3.jpg
3回目は黄色です。

furuichi_ge_3.jpg
黄色の拡大。ここは仲姫皇后陵古墳と応神天皇陵古墳の間に4つの古墳がベルト地帯のように連なっている面白い場所です。

7D2_1677.jpg
古墳をめぐる前に神社めぐりから。仲姫皇后陵古墳の外堤に隣接して2つの八幡神社があります。

7D2_1979.jpg
こちらは古室八幡神社。古室地区の氏神さんです。

7D2_1679.jpg
近鉄南大阪線の踏切。

7D2_1684.jpg
線路沿いにある森は「松川塚古墳(F17)」です。

7D2_1685.jpg
線路に並行している道を行くと、

7D2_1694.jpg
もうひとつの八幡さん、沢田八幡神社があります。実は昔から電車で通るごとにずっと気になっていた神社なんです。

7D2_1705.jpg
こちら、境内に電車が通っているのです。

7D2_1714.jpg
鳥居をくぐると踏切があってその向こうに社殿が見える。

7D2_1718.jpg
また踏切が下りた。

7D2_1729.jpg
電車きた。

7D2_1738.jpg
この森に囲まれた雰囲気も好き。

7D2_1741.jpg
社殿が高台にあるのもいいですね。

7D2_1781.jpg
お、変わった電車がきた。

7D2_1863.jpg
さて、踏切を渡るときも見えたが、次にあの森に行ってみましょう。

7D2_1963.jpg
ここは「松川塚古墳(F17)」。古墳のまわりは駐車場になっています。

7D2_1976.jpg
近づいても木々に覆われすぎて墳丘のカタチがまったくわからない。方墳のようです。

7D2_1659.jpg
そして、ここが「古室山古墳(F18)」。

7D2_1664.jpg
前方後円墳の前方部からのぼっていきます。

7D2_1870.jpg
なだらかな丘って感じです。

7D2_1874.jpg
前方部のてっぺん。

7D2_1880.jpg
向こうが後円部。馬の背のようななだらかな斜面。

7D2_1882.jpg
下を見ると結構高い位置だということがわかります。見晴らしがいい。

7D2_1884.jpg
前方部の高さが9.3m、後円部が15.3mです。

7D2_1918.jpg
後円部のてっぺんです。

7D2_1920.jpg
東方面の山々。

7D2_1931.jpg
山に隠れてますが、薄っすらと二上山が見えます。

7D2_1984.jpg
三段に築造されているようですが、現在はなだらかな斜面になっており、どこからでものぼれる。

7D2_1997.jpg
国の史跡です。

7D2_1999.jpg
仲姫皇后陵古墳や応神天皇陵古墳より早い時期、古市古墳群のなかでも初期に築造された古墳のようです。

7D2_2002.jpg
等高線をみてもなだらかだ。

7D2_2005.jpg
西名阪自動車道の高架下です。高速道路の下ってたまに工事用の土の山があったりするのですが、これは古墳です。

7D2_2013.jpg
しかも国史跡。「赤面山(せきめんやま)古墳(F19)」。円墳のように見えますが方墳のようです。

7D2_2015.jpg
高速道路からはみ出した部分は横の道路もカーブしている。しかもはみ出した部分だけ太陽があたるので雑草がそこだけ生えています。なんというかちょっと変わった古墳です。

7D2_2028.jpg
その横にある「大鳥塚古墳(F20)」。

7D2_2022.jpg
副葬品として銅鏡2面、鉄剣、鉄刀、鉄矛、鉄鏃などが出土したと記されています。

7D2_2024.jpg
ここも比較的なだらかなカタチをしています。

7D2_2036.jpg
前方部から後円部を見たところ。

7D2_2040.jpg
後円部の表面には小石がたくさんあります。葺石でしょうか。

7D2_2048.jpg
後円部から前方部を見たところ。後円部の高さは12.3mです。

7D2_2058.jpg
横から見るとなだらかな曲線ですね。

7D2_2034.jpg
その古墳の延長線上にあるのが「誉田丸山古墳(F22)」。

7D2_2064.jpg
こちらは円墳になります。

7D2_2068.jpg
その横に「応神天皇陵古墳(F21)」の拝所の入口があります。

7D2_2070.jpg
応神天皇 惠我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)。

7D2_2077.jpg
さすがに大きいです。

7D2_2084.jpg
こちらには手水舎がありました。

7D2_2092.jpg
古市古墳群最大の前方後円墳で、墳丘長約425m、後円部直径250m、高さ35m、前方部幅300m、高さ36m。百舌鳥古墳群の仁徳天皇陵古墳に次いで2番目の大きさを誇ります。

7D2_2107.jpg
体積では仁徳天皇陵古墳を上回ります。テラスには推定2万本に及ぶ円筒埴輪が並んでいたのだとか。世界に誇れる大型古墳です。


より大きな地図で 古市古墳群 を表示

【古市古墳群】
世界文化遺産をめざす古市古墳群45基 2014.08.17
古市古墳群45基めぐり(1) 2014.08.18
古市古墳群45基めぐり(2) 2014.08.20
古市古墳群45基めぐり(3) 2014.08.21
古市古墳群45基めぐり(4) 2014.08.22
古市古墳群45基めぐり(5)Coming Soon
古市古墳群45基めぐり(6)Coming Soon
古墳築造風景ジオラマ Coming Soon


ポチッと、応援よろしく♪
bahiru_wink3.gif